コスメティクス
2017/03/21

バストが垂れる原因はシンプル! 育乳カウンセラーが教える「垂れバスト」の対処法

文字サイズ

多くの女性が悩んでいる「垂れバスト」問題。実はバストが垂れる原因はシンプルなことなのだそう。それを教えてくれたのは、育乳カウンセラーとして活躍している戸瀬恭子さん。様々なバストの悩みを持った女性を1万人以上カウンセリングしてきた戸瀬さんのアドバイスは必見。今回は、A-Beauty世代の多くが悩むバストの垂れる原因や、垂れバストの改善におすすめの方法などを教えてもらいました。

バストが垂れる原因は3つ!

「授乳後や加齢によってバストは垂れてしまいますが、その理由は非常にシンプル。胸が垂れてしまう原因は、下記の3つです。

・肌や大胸筋の衰え
・皮膚のハリがなくなる
・地肌の下垂

授乳後の母親の胸は垂れてしまっている方が多いですよね。私自身、3人の子供を立て続けに生んだのですが、完全母乳で全員を育てました。3時間で200CCの母乳を通算6年間あげつづけた結果、こんなに悲惨になるのか……、と思うほど私の胸は垂れていました。垂れたバストを戻そうと、6年半で300万円以上をかけてエステや化粧品など、色々なものに挑戦してきましたが、大きな効果を得ることは出来ませんでした。

そこで行き着いたのがシンプルな方法。もともと美容師として働いていたので、人体の構造(解剖学)や機能(生理学)については理解していました。これらの知識を生かして、この10年間多くの女性のバストの悩みを解決してきましたが、私のサロンでは難しいことはお伝えしていません。胸が垂れる原因を正すことで、何歳からでもハリのあるバストを取り戻すことはできます」

質の良い水にこだわるべき

「人間は80%が水でできています。私たちの体の構成において、多くの割合を占めている水にこだわりを持って適正な量を摂取すると、ハリが出てモチモチの肌を手に入れることができます。私は、高い化粧品を使うよりも高い水を飲んだほうが肌は確実にきれいになると思います。素肌をきれいにすることで、バストにもハリが出てきます。

私は普段、伏流水のウォーターサーバーを使ったり、日田の水を飲んでいます。名古屋にいる時は山まで水を汲みにいったりもしていました。そして、水を飲む量も重要です。”自分の体重×30ml” が1日の摂取量の目安となります。現代人はお茶やコーヒーなどはガブガブ飲むのに水はあまり飲まないという方も多いですが、これらの飲み物は利尿作用も高いので、あまりおすすめ出来ません。お茶やコーヒーを飲んでもいいですが、飲んだ量プラス水をもう1杯飲むようにしてください」

バストと食事の関係性

「私の経験上、80歳以上のおばあちゃんは8割方足が細く、胸が垂れずにむしろ張っている方が多いなと感じました。この世代の女性は子供もたくさん産んでいるのに、胸が垂れていないのは何故だろうと考えたときに、食生活が関係していることがわかりました。

昔の日本人のご飯は、副菜として酢の物や和え物、お漬物があって、メインは魚料理、味噌汁に食後のデザートはフルーツといった食事が普通のスタイルでしたよね。そして、そのような食事のスタイルを送ってきた年配の方が今になって食事の中身が変化しているのかというと、そんなことはなく、昔と同じような食生活を送っている方が多くいました。食事で栄養をきちんととっているため、どれだけ子供を産んだとしても、ハリのある胸を取り戻すことができているということです。

それに比べて、現代女性は栄養が足りていない方が非常に多いです。いつまでもハリのある胸を保つためには、生の魚やフルーツなど、酵素が入った食事も積極的に摂取することが大切です。甘酒や納豆など酵母が多いものや麹、ぬか漬けなどもおすすめです」

シャンプーのやり方にも注意が必要

「実はシャンプーのやり方にも、バストが垂れる原因があるんです。そして、それを理解していない人が多いのも現状。

先ほどもお伝えしたように、バストの垂れは「地肌の下垂」が原因のひとつ。地肌までしっかりと洗うことが出来ていないと肌の老化や、バストにも影響を及ぼしてしまいます。胸が垂れている方は決まって頭皮も固く、髪の毛もしょぼしょぼしています。また、顔にシワが多い方も。全ては繋がっているため、地肌が固い方はバストも垂れやすいのです。そこで、シャンプーの仕方にも工夫が必要です。

シャンプーをする時に、大体の人は指先だけで髪を洗っています。しかし、指の面も使って髪を洗わないと、地肌をきちんと洗うことができないのです。指の第一関節までしっかり使って、生え際から頭頂部に向かって洗いあげることで、地肌もしっかりマッサージされ、結果的にバストのハリにも影響が出てきます」

お風呂にはしっかり浸かることが大切!

「私は通算1万人以上の女性のおっぱいを触ってきましたが、総合職や看護師、先生、役職がある方など毎日遅くまで働いている女性は、毎日お風呂に浸かっていない方が非常に多いことがわかりました。皮膚はお風呂に浸かっている時と寝ている時の1日2回、ターンオーバーが行われますが、お風呂に浸からなければ、肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。そのため、肌やバストに不調を感じる方が多くいらっしゃいました。

そして、現代の女性は冷え性の方や免疫力が低下している方が多いですが、血液の循環を良くすることもバストケアには重要です。人間は下半身に血液が溜まりやすいので、血液を全身に循環させる必要があります。そのためにも、半身浴で20分以上お風呂に浸かることを私は提唱しています。しっかり半身浴することで肌もきれいになって、体の土台がしっかり出来るのです。また、バストの垂れを防ぐためには、半身浴後のマッサージも大切です」

女性であることの自覚をすることも重要

「通常、閉経すると女性ホルモンの分泌は止まるといいますが、私は更年期を迎えた女性でも、量は少なかったとしても女性ホルモンは分泌していると思います。

そのため、サロンに来るお客様には、日ごろから女性ホルモンを刺激することをおすすめしています。例えば、女性のホルモンバランスを調整する作用があるといわれている、ローズの香りを髪や体につけたり、ピンクのものを見たり花を飾ること。このように自分を女性として扱ったり、女性らしいものに触れることで女性ホルモンのひとつである、エストロゲンが分泌されて肌にハリが出てきます。そういった部分をきちんとすると、肌も胸も蘇ります。私のお客様でこれを実践した方は、足が細くなって胸が大きくなったという方や、50代を過ぎているのにも関わらず、胸が張って困るという方も」

毎日バストをチェックすることで、自分の体の状態も判断できる

「顔のケアと同じように、胸も大切に扱ってあげることが大切なんです。毎日全裸の状態で鏡の前に立って胸を確認してみると、元気のなさや、バストが垂れてきたことが自分の感覚でわかるようになります。

多くのお客様は私のサロンに来ると『こんなに自分のバストを触ったのは初めて』と仰います。それくらい、今の女性は自分の胸を触ることがありません。毎日自分の胸と向き合い、マッサージを続けていくと、自分のバストの変化に気付くことが出来るようになります。日々、自分の胸を観察していると、バストが垂れてきたかどうかの確認だけでなく、胸にあるしこりを発見するなど、乳がんの早期発見につながる場合もあるので、非常に重要なことなのです」

おっぱいが変われば、人生も変わる

「私は『おっぱいが変われば、人生が変わる』とお客様にもよくお伝えしています。おっぱいを育てるために全身を触っていくことで、バストだけでなく、ひとつひとつの身体のパーツを大切に扱うようになるんです。そうすることで自然と自分も大切にすることが出来るようになっていきます。私のお客様でもバストのケアを始めたことで妊娠が発覚したり、素敵な彼と出会って結婚したりと幸せになっていく方がたくさんいます。毎日ちょっとしたことに気を付け、女性として自分を大切に扱ってあげることで、胸だけでなく体の変化も感じることが出来るようになります」

お話を伺ったのは・・・

戸瀬恭子さん

戸瀬恭子さん

1971年12月27日
福井県生まれ
株式会社CECIL代表取締役
一般社団法人日本ウィメンズ協会代表理事
株式会社Office樹 代表取締役

医大6年生の長男23歳、三ツ星で修業中の次男21歳、台湾の大学に留学する19歳の三男を18年間育てるスーパーシングルマザー

9年前mixiで自身の授乳後のおっぱいを育てた育乳法を公開
8年前に起業

代表書籍 くびれも美肌もかなうおっぱい美塾/ぶんか社は韓国、香港、台湾、マカオでも翻訳され育乳は世界を越えて新常識となりつつあります

DVDバストあっぷるんは累計5万本以上販売
最新版育乳マッサージDVDも高評価となっています

顔と同じ様におっぱいのケアが出来る世の中にを合言葉にピンクリボン運動もしながら育乳という新しいボディケアで世界中の女性を幸せに導いています

また、自身が年収100万の貧困母子家庭から這い上がった0から1を作る方法をビジネススクールで教え、副業で月収10万稼ぐ方法や起業塾で成功法則に乗っとったノウハウを伝授


育乳を通して多くの女性が幸せになるお手伝いをしている

【こちらもおすすめ! あわせて読みたい記事】

取材・文 齋藤舞

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE