ニュース
2017/03/24

春から初夏にかけて起こる「季節性アレルギーこり」とは?

文字サイズ

春から初夏にかけて発症する花粉などのアレルギー症状。咳やくしゃみだけでなく、肩や首など全身にこりを感じることはありませんか? もしかしたらそのこりは「季節性アレルギーこり」かも。今回はこの時期起こりやすい、「季節性アレルギーこり」についてご紹介します。

今や、2人に1人は何らかのアレルギー疾患を持っていると言われています。その中で、3人に1人は花粉症、10人に1人は喘息を患っているというデータも。今年は1月30日に気温が上昇したため、2月に急激に花粉が増えたということもあり、昨年に比べ4.3倍の飛散量となっています。特に関西地方では多く飛散しているようです。

アレルギー性呼吸器疾患の3つの原因

アレルギー疾患は世界的にも国内でも、年々増加傾向にあります。特に日本では秋から冬にかけて空気が乾燥するため、のどや鼻の粘膜が荒れやすくなります。これに加えて3月から5月にかけてピークを迎える花粉や黄砂、PM2.5などの飛散により、咳やくしゃみなどの症状が出やすくなるのです。特に、PM2.5は鼻炎や喘息、肺ガン、循環器機能へ多くの影響を与えます。

「季節性アレルギーこり」とは?

春から初夏にかけて、花粉症などのアレルギー症状によって起こる咳やくしゃみ。
咳やくしゃみをする際、全身に力が入り前傾姿勢となるため、首や肩、背中周りの筋肉がこわばり、負担がかかります。

咳やくしゃみが続くことで常に前傾姿勢となり、呼吸筋(呼吸をつかさどる筋肉)である横隔膜や肋間筋(肋骨と肋骨の間の筋肉)の可動域が狭くなり、次第に使われなくなることにより、衰えていきます。すると、肺が膨らみにくくなり、酸素の取り込み量が減少するため、息苦しさを感じたり、酸素不足になることで血行不良を引き起こし、身体のこりを感じやすくなります。

また近年「咳エチケット」が浸透したため、咳やくしゃみの飛沫を拡散しないように前傾姿勢となり、身体に力が入るため筋肉が緊張し、血流が悪くなるため、肩、首、背中に張りやこりを感じるようになります。

このような悪循環で起こるこりが「季節性アレルギーこり」です。

春先にアレルギー症状を強く感じる人は約7割 そしてこの時期、「肩」「首」「背中」にこりやハリを感じやすくなる

ピップ株式会社と大谷医師(池袋大谷クリニック院長)が行った「アレルギー症状とこりに関する意識調査」では、「花粉症、喘息、PM2.5、黄砂などが原因で生じるアレルギー症状について、秋よりも春先の方がアレルギー症状を強く感じるか」という問いに対し、約7割の人が秋よりも春先の方が強く感じると答え、「咳やくしゃみが原因で身体にこりやハリを感じる場所はどこか」という問いに対しては、「肩」が69.8%、「首」が63.7%、「背中」が53.3%という結果に。この調査で「季節性アレルギーこり」を感じている人が多いことがわかります。

出典:ピップ株式会社

前傾姿勢で肺年齢が上昇。息苦しさとこりの原因に

みなさんは「肺年齢」という言葉をご存じですか? 肺年齢が上がるということは、肺機能が衰え、酸素が取り込みにくくなっている状態のこと。そして、前傾姿勢の時に肺年齢が上昇することが下記の実験で明らかに。

出典:ピップ株式会社

咳やくしゃみをすると前傾姿勢になるため、頻繁に咳やくしゃみが出る人は姿勢が悪くなります。また、周囲に迷惑をかけまいと手を口の前に当てて身体を縮こませ、うつむきがちになります。

春から初夏のアレルギーが悪化しやすいシーズンにこのような姿勢が長く続くと、取り込む酸素量が減り、全身の血流が悪くなって、全身のこりへとつながりますので、早めのケアが大切です。

「季節性アレルギーこり」への対策

「季節性アレルギーこり」のケアは血行改善がポイントとなります。
ここで4つの血行改善法をご紹介します。

1.深呼吸をする

つい浅くなりがちな呼吸。浅い呼吸はさまざまな不調につながります。全身に新鮮な酸素を取り込むためにも深い呼吸をすることが重要です。

2.鼻呼吸をする

鼻呼吸は1回に多くの酸素を取り込むことが可能。また、鼻から呼吸することでウィルスなどの侵入も防ぐことができます。

〈呼吸トレーニング法〉
深い呼吸ができるように、また鼻が詰まって鼻呼吸が難しい場合などに効果的な、日常生活でできる呼吸トレーニング法です。

・口すぼめ呼吸

1. 2秒かけて鼻から息を吸う
2. 口をすぼめて6秒かけて息を細く長くはく

これを1セットとし、10回程繰り返します。
ゆっくり息を吐くことで副交感神経が優位になり、リラックスできます。

・口に水を含んで呼吸

口に水を含んで行うトレーニング。口に水を含むことにより、口呼吸ができないため自然と鼻呼吸ができるようになります。

3.水分をしっかりとる

こまめな水分補給は血流改善に役立つだけでなく、乾燥しがちな粘膜保護にも効果的。

4.磁気治療器の使用

それでもこりが気になる場合は、血流改善効果が期待できる、市販の磁気治療器を使用することもおすすめです。

エレキバンMAX200
エレキバンMAX200
エレキバン
本体価格 オープン価格
発売日 2017/03/21

シリーズ史上最大磁力の「200ミリテスラ」がついに登場。『ピップエレキバンMAX200』が3月21日発売されます。家庭用永久磁石治療器 として認められている最大値。強力な磁気の力で血行を改善し、ガンコなこりをほぐしてくれます。今回採用された大型円錐磁石は、従来の1.5倍。広範囲に効きます。かぶれにくいバンソウコウの素材はそのままに、丸型にすることによって、今までの四角型に比べ、肌との接触面積が小さくなったのでさらにお肌にやさしくなりました。ニオイもしないのがうれしいポイント。

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE