更年期障害
2017/05/17

漢方は更年期症状に効果あり! 本当に効く漢方薬とは?

文字サイズ

更年期の症状にも効果があるといわれている、漢方。ですが、どんな漢方が効果があるのか、どんな風に効き目があるのか、分からない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、漢方の効果や効能、更年期の症状別におすすめの漢方を紹介していきます。現在更年期真っ只中のみなさんはもちろん、来る更年期に向けて、今のうちに予習をしておくことも大切です。

更年期障害は漢方薬が効く! おすすめ漢方薬は?

更年期障害の治療法として、有効的と言われている漢方ですが、どんなものが効果があるの? また費用や、どこで入手することができるのかなど、漢方薬の基本的な知識から、更年期の症状に効果がある漢方について、詳しくお伝えしていきます。

【更年期の漢方】 ホットフラッシュには桂枝茯苓丸を処方

のぼせやほてり、多汗といったホットフラッシュは、更年期障害の代表的な症状でもあり、多くの人が悩まされているもの。そんな、ホットフラッシュを改善するために、漢方薬では”桂枝茯苓丸” が効果が高いそう。桂枝茯苓丸には、エストロゲン作用がなく、乳がん細胞を増殖する危険もないため、ホットフラッシュの症状にもおすすめなのだとか。その理由について、「芝大門いまづクリニック」の今津嘉宏先生にお話を伺いました。

【更年期のホットフラッシュ】ひどい症状の対処法は?

ホットフラッシュの症状は、いきなり起こることも多く、周りには理解されずに一人で不安になってしまう方も多い症状です。そんなホットフラッシュを改善するために、どんなことができるのか、漢方薬は効果があるのかについて、更年期障害に詳しく、自身も更年期障害の真っ只中にある医療ジャーナリストが、つらいホットフラッシュの症状の対処法をお伝えします。

【更年期の漢方】 イライラ、抑うつ感には 加味逍遥散を処方

「イライラや抑うつ感、無気力といった更年期障害の中でも、精神症状が強い場合には、加味逍遥散(かみしょうようさん)がおすすめ」と教えてくれたのが、婦人科で漢方外来の診療をしてきた経験も持つ、「いまづクリニック」の今津嘉宏先生。ストレスが多い女性に起こりやすい更年期の症状や、漢方薬の処方について教えてもらいました。

【更年期の漢方】 めまい、睡眠障害、強い冷え、 疲労感には当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

更年期障害の治療に処方されることが多いという、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)。めまいや睡眠障害、強い冷えや疲労感に効果がある理由を、「芝大門いまづクリニック」の今津嘉宏先生が解説してくれました。

更年期障害には漢方治療か女性ホルモン療法か? どっちが効果的?

人によって症状も、その重さや時期も異なる更年期。そもそも漢方とは? また、更年期の症状の改善に効果がある、女性ホルモン療法とは? 果たして、更年期にはどちらが効果的なのか、どのように使い分けるべきなのか、漢方治療とホルモン療法の違いについて、漢方治療も行っている「芝大門いまづクリニック」の今津嘉宏先生に、お話をお聞きしました。

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
大人の美容
ヘルスケア
更年期障害
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE