ヘルスケア
2018/01/16

目指せバストアップ。簡単エクササイズをご紹介

文字サイズ

A-Beautyの読者さんにも関心の高いバストの問題。「バストの位置を少しでも上げたい!」「今のバストの位置をキープしたい!」と、日々さまざまなトレーニングをしている人もいるかもしれません。実はバストの位置が下がってしまうのは、骨格、姿勢、呼吸に原因があるそうです。体のバランスを整え、進化させるメソッド「ロルフィング®」を専門とし、解剖学にも詳しい扇谷孝太郎さんに、バストアップに効果的なエクササイズを教えていただきます。

バストの位置を下げてしまう原因

女性にとって、バストの位置が下がってしまうことは加齢感を感じさせる悩みの一つです。バストの位置が下がってくる理由について教えてください。

「バストの脂肪が下がってしまうのは、それ自体の重さの問題と、それを支えている土台の骨格の問題があります。前者をなんとかするのは下着の役目だと思いますが、ここではバストを支えている土台の問題についてお話しします」

ボディイメージが誤っている場合

「ロルフィング®の専門家として、日々、バレリーナ、ヨギーニから一般の方までの体を見させていただいています。彼女たちに多いのが、自分の胸の重心を実際よりも下だと思っていること。ボディイメージというのですが、そういった誤ったイメージを持っていることでバストの位置が本当に下がってしまうのです」

正しい姿勢の矯正方法が誤っている場合

「猫背の女性は結構いますが、猫背を正そうとして背中を反ってしまう人が多いですね。正しい姿勢は背中を反るのではなく、左右の肩甲骨を寄せて胸を開くこと。背中の筋肉を使います。背中の筋肉が使えていないと、バストを吊り上げている小胸筋が縮こまってしまい、バストの位置が下がる原因になります」

深い呼吸ができていない場合

「横隔膜を上下させる深呼吸は、背中の菱形筋と肩甲骨を動かし、バストの位置をキープすることに役立ちます。しかし、呼吸が浅い人は多いんですよね。
 例えば、ブラジャーのアンダーのサイズを測るとき肋骨の下の方を十分に横や後ろに広げられるように測っていますか? アンダーが窮屈だと深い呼吸ができません。深い呼吸は横隔膜を動かし、菱形筋を動かします。菱形筋が動くと付着している肩甲骨が動き、バストを吊り上げている小胸筋を正しく機能させます」

血行が悪い場合

「血行がよくないとバスト自体の脂肪や周辺の筋肉がたるみます。バストの土台である大胸筋や吊り上げている小胸筋を行き来する血流を良くすることで、バストアップにつながります」

バストアップに効果的な簡単メソッドとは

いい姿勢をつくる

いい姿勢は、バストアップだけでなく、体幹をキープしたり、血流を促すことにも効果的です。

悪い姿勢

悪い姿勢

腕が前に旋回していて、胸が閉じている。バストを吊り上げるはずの小胸筋が正しく機能していない状態

良い姿勢

良い姿勢

腕が前に旋回していて、胸が閉じている。バストを吊り上げるはずの小胸筋が正しく機能していない状態

深い呼吸をする

単純な深呼吸だけでは、バストアップにつながる効果的な深い呼吸はできません。脇腹の筋肉を意識しながら呼吸を行うことで、深い呼吸を効果的に。徐々に道具を使わなくても脇腹を意識した深い呼吸ができるようになるのが理想です。

深い呼吸

深い呼吸

(1)足の小指、親指、かかとの右側、左側の4点で足を支えるように立つ。
(2)3リットル程度の重り(ペットボトルなどを使うと良い)を入れた袋を右肘にかける
(3)右の手のひらを外側に向け、指先から噴水が出ているようなイメージを浮かべる
(4)左手で右の脇腹の筋肉(腹横筋)に触れて、しっかりした張りがあるのを確認する

(5)脇腹の腹横筋の張りを保ちながら、袋が滑らない程度に腕を上に上げ、ゆっくり深呼吸をする

(5)脇腹の腹横筋の張りを保ちながら、袋が滑らない程度に腕を上に上げ、ゆっくり深呼吸をする

上記の動きを左右両方、1日3回づつ毎日行うと効果的です。

肩甲骨と菱形筋をしなやかに動かす

なかなか意識的に動かせない肩甲骨。肩甲骨を動かしているつもりでも肩の関節しか動いていないということがよくあります。タオルを使って簡単に動かすことができます。

(1)肩幅よりも広くなる位置で、フェイスタオルを持つ

(2)右肘を曲げ、左肘は軽く伸ばす

(3)肩甲骨を真ん中にしっかりと寄せながら、腕をお尻の方に回し持っていく。このとき背骨を反らさないように注意する

(4)再び、肩甲骨を真ん中に寄せながら、タオルを前に回し戻す

反対側の肩甲骨の動きも同様に行う。慣れてきたら、肩甲骨を回す方の腕は、肘をまっすぐ伸ばした状態で動かすのにもチャレンジ。一度につき左右で数回、毎日行うと効果的です。

教えてくれたのは……

扇谷孝太郎さん(認定ロルファー)

扇谷孝太郎さん(認定ロルファー)

重力との調和を取り戻し、人間の身体が本来持っている潜在能力や自然な治癒力を引き出す構造的身体統合法(Structural Integration)であるロルフィング®の認定ロルファーとして活動。鎌倉と恵比寿のワークルームを拠点に、個人セッションの他、ワークショップなどの講座も持つ

電話 080-4162-7653
公式ホームページはこちら

※ ロルフィング®は米国The Rolf Instituteの登録商標です。

さらにオススメの記事

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE