コスメティクス
2018/03/29

タイプごとにチェック!パーソナルカラー診断で自分に似合うメイク方法を知ろう

文字サイズ

@cosmeのコンテンツでも話題の、パーソナルカラー診断。パーソナルカラーはスプリング、サマー、オータム、ウインターと、四季をイメージした4つの分類に分けられます。「パーソナルカラーを顔周りに取り入れることで、自分の魅力がUPする」と教えてくれたのは、カラーサロンMEIBIで代表を務める石塚瞳さん。パーソナルカラーの基礎知識や、メイクで取り入れるときのポイントを教えてもらいました。

パーソナルカラー診断とはどのようなものですか?

「個性や魅力を最大限に引き出す似合う色のことをパーソナルカラーといいます。また、生まれ持った肌や髪の色、瞳の色、質感などを細かく分析し、ドレープというカラフルな色の布を一枚一枚、顔の下にあてていき、顔映りの変化から似合う色を診断していくことを “パーソナルカラー診断”といいます。

自分に似合う色を取り入れると、肌がつるんとなめらかに見えたり、透明感が出てスッキリ明るく見えたり、肌色が均一に整って見えます。また、フェイスラインが引き締まって見えたり、頬の血色も良くなり若々しく健康的な印象に見せることもできます。色が顔のメリハリを強調して、目鼻立ちがはっきり見えるといった効果もあります」

※まずは自分でパーソナルカラー診断を行いたいという方は手軽にチェックできる、こちらがおすすめです。

イエローベースの色が似合うと勘違いしている人が多い!?

「日本人は黄色人種といわれている通り、肌は黄みがかっている方が多いですよね。そのため、セルフで診断をする時には“黄み寄りの肌=イエローベースの色が似合う”と判断する方が多いのです。実際にはその中でも「黄み寄りの肌色」と「ピンク寄りの肌色」に分けられます。ただ、一見すると黄み寄りの肌にしか見えない方でも、ドレープをあてるとブルーベースの色が似合うケースもあります。そのため、自分ではイエローベースと思っていた方も、サロンで診断すると実はブルーベースだったという方も多くいらっしゃいます。

お家でのセルフ診断におすすめなのが、金色と銀色の折り紙を使って診断する方法です。金色と銀色の折り紙の上に、自分の手を置いてみて、どちらの紙に置いた時に、自分の手がきれいに見えるかを測ることで、イエローベースの肌かブルーベースの肌かを判断することができます」

シルバーが似合う場合・・・すっきりとした透明感が引き出され、明るい印象になる。
ゴールドが似合う場合・・・自然な血色感が加わって、華やかな印象になる。

パーソナルカラーごとにおすすめのカラーを発表!

パーソナルカラーごとにそれぞれ、似合う色や印象が異なります。
どのような違いがあるのか、チェックしておきましょう。

スプリング

春の花畑のような明るく鮮やかな色が似合うタイプ。
ベーシックカラーはアイボリーやライトベージュ、キャメル系など、軽やかで明るい色が似合う。

サマー

初夏に咲くあじさいのようなラベンダーやローズピンクなど、優しく穏やかな色が似合うタイプ。
ベーシックカラーはホワイトやグレー、ネイビー、柔らかなグラデーションのカラーコーディネイトが似合う。

オータム

秋の紅葉や熟した果実を思わせるような深みのある落ち着いた色が似合うタイプ。
ベーシックカラーはベージュやキャメル、チョコレートブラウンなどのブラウン系が似合う。

ウインター

真冬に咲くシクラメンや、Xmasのイルミネーションのようなはっきりと澄んだ色が似合うタイプ。
ベーシックカラーはピュアホワイトやチャコールグレー、ネイビーやブラックなどが似合う。

タイプごとにおすすめ!メイク方法

タイプによって似合う色だけでなく、自分に合うベースメイクの質感やメイクアイテムも変わってきます。石塚さんによると「スプリング」「ウインター」と「サマー」「オータム」でおすすめのアイテムが異なるそう。どのような違いがあるのか教えてもらいました。

スプリング・ウインターにおすすめのメイク

ベースメイク

ツヤ肌が得意なので、シアーな仕上がりや、クッションファンデなど素肌っぽい輝きのあるベースメイクがおすすめ。
マットにしすぎると老けた印象に見えるので注意が必要。

アイシャドウ

ツヤのある肌にラメの輝きもマッチするので、アイシャドウなどで取り入れると◎。
濡れツヤまぶたを演出できる、スティックタイプのアイシャドウも似合います。

チーク

くすみの無いクリアなカラーがおすすめ。
つややかなクリームタイプも似合います。

・スプリング⇒コーラルピンク、ピーチピンク、オレンジ
・ウインター⇒クリアピンク、ローズピンク、バーガンディ

<リップ>

透明感を感じさせる色がおすすめです。グロッシーな質感も似合います。

・スプリング⇒コーラルピンク、アプリコット、オレンジレッド
・ウインター⇒クリアピンク、クラシックレッド、ボルドーレッド

サマー・オータムにおすすめのメイク

ベースメイク

フェイスパウダーでふわりと仕上げたベースメイクがおすすめ。
柔らかでセミマットな質感で上品な印象に。

アイシャドウ

グラデーションのあるアイカラーが得意で、繊細なパールもおすすめ。大粒のラメなどは避けるとベター。

・サマー⇒ピンクベージュ、ココアブラウン、ラベンダー、アイシーブルー
・オータム⇒チョコレートブラウン、カッパーゴールド、オレンジ、モスグリーン

チーク

ふわりと肌の内側からにじみ出るような穏やかな仕上がりがおすすめ。

・サマー⇒パステルピンク、ローズピンク、ローズベージュ
・オータム⇒サーモンピンク、オレンジベージュ、アプリコットベージュ

<リップ>

自然なツヤのリップが得意。
ラメグロスは中央だけに付けて上品な質感に。

・サマー⇒ピンクベージュ、ローズピンク、ルビーレッド
・オータム⇒サーモンピンク、オレンジベージュ、ブリックレッド

今回はサロンで行う、パーソナルカラー診断についても、石塚さんにお話をお聞きしました。さらに石塚さんが代表を務める、カラーサロンMEIBIで、A-Beauty編集部が実際にパーソナルカラー診断を体験。どのような流れで診断を進めていくのかについても、お届けするので、次回の更新もお楽しみに!

カラーサロンMEIBI代表 石塚 瞳さん

カラーサロンMEIBI代表 石塚 瞳さん

革小物メーカーで、商品開発や企画デザイナーとして10年間デザインに従事。カラーコーディネートに広く携わった経験から、色の持つ魅力や色を楽しむためのテクニックをもっと人に伝えていきたいと思い、カルチャースクールの1dayパーソナルカラー講座や、似合う色を使った第一印象アップの社員研修、ファッションビルでのパーソナルカラー体験イベントなどでアシスタント講師として経験を積んだのちに、個人向けのカラーサロン「MEIBI」を2014年にオープン。

オープン1年目から年間300名以上をパーソナルカラーコンサルティングに迎えている。

「知識が豊富でわかりやすい説明」「オリジナルのビジュアル資料」「親しみやすいキャラクター」が好評でリピート率も高い。
ファッションやメイクに自信がもてないという女性から、もっとおしゃれを楽しみたいという女性に向けて、パーソナルカラーや骨格診断のメソッドを使った「すぐにきれいになれるコツ」を提案中。

「似合う色のコスメが自分で選べるようになり、周囲からキレイと褒められるようになった」「ファッションの悩みが減り、時間を有効に使えるようになった」「自分の外見に自信が持てて、以前よりも積極的に出かけるようになり毎日が変わった」といった喜びの声が日々多く寄せられている。

こちらもおすすめ!あわせて読みたい記事

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE