ヘルスケア
2018/11/14

いつも何か不安、どこか不調…。それは愛情ホルモン「オキシトシン」不足かも?~その1~

文字サイズ

誰かを愛することで多量に分泌され、心だけでなく体も健康にし、コミュニケーションを持ったまわりの人まで幸せに、健康にしてくれる…。そんなホルモンがあるのをご存じですか? それが“愛情ホルモン”とも呼ばれている「オキシトシン」。これまでセロトニンと同じように、幸福感を得られる効果があるといわれてきましたが、それだけではなくストレスが原因で引き起こされる体の不調を防ぎ、血糖値や血圧をコントロールしたり、体の痛みを抑えたりという、さまざまな健康効果があることがわかってきています。また周囲の人への信頼感が増して不安感が解消する、社交性がアップするなど精神的な効果から、自閉症治療など臨床の場でも注目されています。

いったいオキシトシンにはどのような働きがあり、分泌をアップさせるにはどうしたらいいのでしょうか。オキシトシン研究の第一人者・高橋徳先生にくわしくうかがいました。3回にわたってお届けするショート連載の1回目は、オキシトシンが心と体に与える効果についてです。

【オキシトシンが、心に与える作用】

*不安感が解消される
*人に対してやさしくなる
*共感力が高まる
*人への信頼感が増す

オキシトシンには、心を落ち着かせ、幸せな気分を高めてくれるセロトニンや、やる気が出るホルモンといわれるドーパミンの分泌を促す働きがあります。また最近の研究では、セロトニンによって逆にオキシトシンも現れやすくなることもわかってきました。こうしたホルモンの作用により、オキシトシンが多量に分泌されると「人を信頼できるようになる」「人に対してやさしくなる」「共感力が高まる」などの心の変化が起こります。

こうした効果は多くの実験で実証されています。そのひとつ、2008年、ボームガートナーが行った実験では、オキシトシンを投与したグループ、偽薬を投与したグループに分け、信頼が裏切られた後の行動を調査しました。オキシトシンを投与されたグループは、信頼していた相手が何度も自分の信頼を裏切った後でも信頼行動に変化はありませんでした。一方、偽薬を投与されたグループは、相手に対する信頼が薄らいでいました。その後、fMRI(時期共鳴昨日画像法)を用いて被験者の脳内の血流動態を調べたところ、両者には明らかな違いが確認できたのです。

恋愛中は、血中オキシトシン濃度がアップする!

オキシトシンは、恋愛のさまざまなプロセスにも大きく関与していることが、科学的に認められています。2006年、ゴンザガが恋愛中のカップルに行った調査では、初デートの記憶を呼び起こした後では血中のオキシトシン濃度が高まりましたが、怒りや困惑の感情を抱いた時にはその現象はあらわれませんでした。また恋人同士になって間もないカップルの血中オキシトシン濃度は、恋人のいない人たちに比べると、格段に高い数値を示していることもわかりました。

いったいなぜ、オキシトシンには人の不安感を解消し、信頼感や愛情を高める作用があるのでしょうか。それは、人体にオキシトシンが存在する理由と深くかかわっていると考えられます。

オキシトシンはその昔、「お母さんのホルモン」と呼ばれていた

オキシトシンが発見されたのは1906年。脳の中の下垂体にあり、女性の妊娠と出産のプロセスを促進する働きをする物質として、発見されました。その後、オキシトシンには分娩の時の子宮収縮や母乳の分泌を促す働きがあることがわかり、「お母さんのホルモン」とも呼ばれるようになりました。つまり女性特有のホルモンと考えられていたのですが、その後、出産経験のない女性や男性、高齢者など、誰もがオキシトシンを分泌できることが解明されたのです。そしてオキシトシンがすべての人の交友関係や信頼関係の確立にも、大きくかかわっていることが解明されてきました。

女性の場合、出産後の授乳や、新生児との密着などの行動でもオキシトシンの分泌が盛んになります。そこに、オキシトシンが「愛情ホルモン」と呼ばれる秘密が隠されています。育児中の女性は、ストレスの多い環境に置かれます。そうした環境での不安や恐怖をやわらげ、新生児を守るための行動ができるよう、オキシトシンが高濃度で分泌されると考えられます。

ラットを使った実験では、オキシトシンが分泌されにくい状態にしたラットは、出産後に、育児をする様子が見られませんでした。逆にオキシトシンを投与されたラットは、「子供をなめて毛づくろいをする」「お腹の下に子供を抱え込む」などの育児行動が非常に活発になったのです。

ではなぜ、母親だけでなく、妊娠・出産経験のない女性や男性もオキシトシンを分泌するのでしょう。

オキシトシンは、他者への信頼を高めるために分泌される!

オキシトシン研究の第一人者である高橋徳先生は、「オキシトシンは、哺乳類が生き延びるための遺伝子の戦略ではないか」と語ります。私たちには、知らない相手を恐れるという自己防衛本能が備わっています。でも厳しい環境で生き延びるためには、他者との共同作業が必要不可欠。つまりほかの個体と親密になる能力が、ほかの固体から身を守る能力と同じくらい重要なのです。それを可能にするために、自己防衛本能を克服する作用があり、他人に対する警戒心を緩める働きがあるオキシトシンが分泌されると考えられています。

オキシトシンが分泌されると人に対する信頼感が増し、人にやさしくしたい衝動が高まり、実行すると気分が高揚します。私たちが道徳的な行いをすることに快感を得ることができ、社会の秩序を維持できている理由の一部は、オキシトシンの働きともいえます。またそれだけでなく、ストレスを緩和し、健康にも大きな影響を与えているのです。

【オキシトシンが、健康に与える作用】

*ストレスに強くなる
*自律神経が調整される
*血管を広げて血圧を下げる
*血糖値を下げて糖尿病を防ぐ
*胃腸が丈夫になる
*便秘が解消する
*免疫力がアップする
*心臓の機能が高まる
*深くて質のいい眠りにつけるようになる
*脳内麻薬といわれる「エンドルフィン」の分泌を促し、体の痛みをやわらげる

ストレス社会に生きている私たちは、毎日、さまざまなストレスと向き合っています。高橋先生の医院を訪れる患者も、症状は違っても「ストレスが原因ではないか」と思われることがよくあるそうです。ストレスがかかると、防御のためにCRFというストレスホルモンが分泌されますが、そのシステムが暴走すると自律神経の働きが乱れ、血圧や血糖値の上昇、胃腸障害、心臓の機能の低下、免疫の低下などさまざまな健康トラブルが引き起こされます。オキシトシンには、このCRFの生成を抑える働きがあり、こうした健康トラブルを防いでくれるのです。

免疫組織化学的な染色法を用いた研究では、ストレスを与えた後では脳の一部で、オキシトシン合成細胞の数が増えていることが確認されています。オキシトシンの分泌が活発な人は、ストレスの負荷がかかってもオキシトシンがCRFの発現を現象させるため、自律神経への影響が少ないのです。またオキシトシンには、ストレスをやわらげ、交感神経を落ち着かせてくれるGABA(ガンマアミノ酪酸)というアミノ酸の分泌を促す働きもあります。

オキシトシンの健康効果にも多くの科学的な実証例がありますが、そのひとつが、ストレスが原因で起こる過敏性大腸炎(IBS)です。オキシトシンは主に中枢神経系を介して胃腸に影響を及ぼしています。動物実験では、ストレスをかけた状態でオキシトシンを投与すると、ストレスのために起こっていた胃腸障害が著しく改善されていました。

このように、オキシトシンが分泌されることでストレスに強くなり、自律神経が整うことで胃腸や心臓の状態がよくなり、体の痛みが消え、幸せな気分に満たされるようになります。またそれだけでなく、血中オキシトシン濃度の高い人とコミュニケーションを持つと、その相手のオキシトシン分泌も盛んになることが証明されています。つまり、オキシトシンの分泌を活発にすることは、自分だけでなく、接触を持つ人たちも幸福に、健康にするのです。こうした特異な働きのため、オキシトシンは近年、「最強の脳内ホルモン」ともいわれています。

ではどうすれば、オキシトシンが出やすい体質になれるのでしょうか。そのお話はこちらから!

お話を伺ったのは

高橋徳(たかはしとく)先生

高橋徳(たかはしとく)先生

1977年、神戸大学医学部卒業。関西の病院で消化器外科を専攻した後、1988年米国に渡りミシガン大学助手、デューク大学教授を経て、2008年よりウィスコンシン医科大学教授。2013年に長年にわたるオキシトシンの研究結果をまとめ、英文で『Physiology of Love』を出版し、米国医学界でも大きな注目を集めた。2016年、名古屋で「統合医療クリニック徳」を開院した。主な著書として『人は愛することで健康になれる~愛のホルモン オキシトシン』『あなたが選ぶ統合治療』(知道出版)『オキシトシン健康法』(アスコム)『8つのツボで30の病気を治す本』『人のために祈ると超健康になる!』(マキノ出版)などがある。

取材・文 桑原恵美子

他シリーズはこちらから!

合わせて読みたい!おすすめ記事

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE