ヘルスケア
2018/12/14

【隔週金曜日更新】ツヤを守って育てる乾燥肌対策おかずで目指すはシルク級美肌!

文字サイズ

エイジング世代の美容と健康に身体の内側から美しくなるインナービューティレシピを隔週金曜日にお届けしています。第7回目のお手軽美容レシピは本格的に寒くなってきたこの時期におすすめ「乾燥対策」をテーマに日本人なら食べた瞬間思わず笑みが溢れる「黒ごま焼き豆腐」と年代問わず人気の「ポトフ」を和風にアレンジ!大人気クッキングサロンインナービューティープランナーで栄養士でもある塚本亜美華さんに教えていただきました。家族団らんの夕食にいかがでしょうか。

黒ごま焼き豆腐

材料(2人分)

木綿豆腐(しっかり水切りする)・・・1/2丁
(A)
黒練りゴマ・・・大さじ2
塩麹・・・大さじ1〜
豆乳・・・大さじ2〜
みりん・・・大さじ1

作り方

①水切りした木綿豆腐を食べやすい大きさに切る。ボウルに(A)をいれ、よく混ぜ合わせる。(豆乳の量は、練りゴマがお好みの濃度になるように調整しながら加える)

②フライパンにクッキングシートをひき、その上に木綿豆腐を中火で加熱し、両面や側面に焼き色がつくまでしっかり焼く。

③器に焼いた木綿豆腐を盛り、豆腐に串を刺し、(A)をたっぷり乗せる。

彩り野菜の和風ポトフ

材料(2人分)

きゃべつ(ざく切り)・・・120g
かぶ(くし形切り)・・・100g
ブロッコリー(房ごとにわける)・・・1/3株
にんじん(乱切り)・・・30g
生姜(スライス)・・・5g
和風出汁・・・200cc〜
醤油・・・小さじ1〜
塩・・・小さじ1〜

黒胡椒または七味・・・お好み

作り方

①鍋に材料を全て入れ、蓋をして野菜が柔らかくなるまで弱火で蒸し煮し、最後に味見をしてお好みで味を調整する。

②器に盛り、黒胡椒または七味をふりかける。

※ブロッコリーは、途中色が青々したら先に器に取り出す)
※味の調整は、塩気が足らない場合は塩を足す。

効果効能

【肌のツヤとは】

肌のツヤは、肌の一番外側にある表皮が光の反射によって見える肌の状態のことを言います。ツヤ肌に必要なことは、「肌(表皮)のキメが細かいこと」「肌の保湿機能が整っていること」「ターンオーバー(肌の新陳代謝)が正常なこと」です。

肌ツヤを作るために必要な栄養素や成分

・ビタミンA・・・肌の潤いを保ち、肌の保守効果
冬の食材:にんじん、ほうれん草、小松菜、春菊、かぼちゃ等

ビタミンC・・・コラーゲンの生成に必要
冬の食材:大根、かぶ、ブロッコリー、カリフラワー等

ビタミンE・・・アンチエイジングに効果的な抗酸化力がビタミン類の中で特に高い。
食材:ごま、アボカド、玄米、アーモンド等

・タンパク質・・・皮膚、筋肉、内臓など生成している。
食材:豆腐、納豆、卵、魚、肉類等

・フィトケミカル・・・強い抗酸化作用をもつので、アンチエイジング効果がある

塚本亜美華/インナービューティープランナー・栄養士

塚本亜美華/インナービューティープランナー・栄養士

2012年に「腸を整え、食べて綺麗になる」というインナービューティーダイエットの食事方法に出会う。食事で自分が変わった経験から同じように悩む女性を救いたいと思い、OLから転身し、料理教室「インナービューティーダイエットサロン」で3年間講師を務める。2017年からは、地元の新潟県に戻り、美肌とダイエットを叶える料理教室「Amm Kitchen」を主宰している。

もっとレシピを読みたい!方はこちら

合わせて読みたい!おすすめ記事

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE