コスメティクス
2019/01/19

プロ愛用の逸品を調査!仕上がりが激変する極上メイクブラシ図鑑~人気5部門ベスト4発表~

文字サイズ

なんだかメイクが上手く決まらない、ファンデーションが肌から浮いている気がする……。そんな悩みがある人、メイクパレット付属のチップやブラシ、スポンジだけでメイクを仕上げていたり、汚れたままのメイクブラシを使い続けていませんか? 同じコスメを使っていても、メイクツール=ブラシを変えるだけで、その仕上がりは大きく変わってくるもの。また、いくら良いブラシを使っていたとしても、汚れが残ったままのブラシではムラになったり、シワにたまったり、さらには肌荒れなどの要因にもなりかねません。

シワやや毛穴など、様々な肌悩みを抱えるエイジング世代において、メイク成功の鍵はメイクブラシが握っているといっても過言ではありません。メイクブラシを見直すだけでも、今までのメイクがぐっとブラッシュアップされるはず。ではいったい、何を使えばうまくくの? そんな声にお答えして、数々のメイクブラシを使ってきた美のプロが、自信を持ってオススメするとっておきの逸品を、パーツ別に20本ご紹介していきます。どんなものを選べばいいのか分からない、自分に合うブラシを知りたい、新しいブラシに出会いたい、そんな方々必見です!

こだわりのメイクブラシを教えて頂いたのはこちらの4名!

ヘア&メイクアップアーティスト 山本浩未さん

ヘア&メイクアップアーティスト 山本浩未さん

「今すぐ実践できるメイクテクニック」を発信するメイクアップの第一人者。メイクのみならず、気持ちが元気になるポジティブな美容理論にも注目が集まり、女性誌やテレビ、講演会、商品開発など多方面で活躍中。

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん

オンリーミネラルとのコラボレーションピグメントが2月1日に発売予定。長井さんのアイディアとノウハウから生まれた、 誰にでも似合う、使いこなせる万能の6色。ミネラルだから こそ出せる発色や質感で「技あり好感度メイク」を実現。

美容ジャーナリスト 永富千晴さん

美容ジャーナリスト 永富千晴さん

美容感度の高い女性が集まる会員制ビューティコミュニティ「club C.」主宰。美容ジャーナリストとしても、多 角度から美容を追求し、最新美容情報からリアルな声を 反映したリアルビューティまで、様々な情報を発信中。

モデル・ビューティジャーナリスト 中嶋マコトさん

モデル・ビューティジャーナリスト 中嶋マコトさん

モデルとして雑誌、広告、CMなどで活躍。その経験か ら培った知識をいかし、ビューティジャーナリストとし ても多方面で活躍中。また、九星気学鑑定士として、九 星気学を元にしたビューティ発信も行う。

プロが考えるメイクブラシのセレクト基準とは?

こだわりのブラシを教えて頂く前に、ご協力いただいた美容賢者4名にメイクブラシをセレクトする上でのポイントを教えて頂きました。

山本浩未さん

山本浩未さん

「ブラシの肌あたりや毛の密度、毛先の整い具合を確認し、さらにテクニックのフォローや時短メイクを叶えてくれるものをチョイスしています」。

長井かおりさん

長井かおりさん

「肌あたり、そして毛の密度や先端の傾斜や面の状態をチェック」。

永富千晴さん

永富千晴さん

「肌あたりが心地よいと感じるものが一番。どんなに優秀なブラシでもチクチクしてしまうと使う頻度が少なくなってしまいます。また、すぐに毛先が広がりそうなものも同様です」。

中嶋マコトさん

中嶋マコトさん

「そのブラシならではの、特性のある仕上がり感が得られるものをセレクトしています」。

以上のことからもブラシ選びにおいて最も重要なポイントは肌あたり。心地よく使えるものが大前提で、さらに機能性にも優れたもの。そんなプロの厳しい条件をすべてクリアした、A-Beauty世代が取り入れたい極上のブラシをご紹介していきます。

プロが厳選!タイプ別、極上メイクブラシ各Best4 を発表

01【アイシャドウブラシ】

ふんわり発色も繊細なキワづくりも思いのまま

アイホール全体、狭い範囲、ライン用など、用途や好みのメイクに合わせアイシャドウブラシを使い分けることで、アイメイクの完成度が激変するはず。発色の調整もしやすく、1本持っておくことでさまざまな用途で活躍する美のプロが溺愛するアイシャドウブラシをご紹介しています。

02【チークブラシ】

だれでも簡単に自然な血色感を演出

ふんわりとしたさりげない血色感から、内側からじゅわっと上気したような色っぽさのある血色感まで。同じチークカラーでも使うブラシによって、発色の仕方が微妙に違ってくるので、実際にブラシで塗った、それぞれの発色感も要チェックです。

03【ファンデーションブラシ】

厚塗り感ゼロで理想の仕上がりを実現

もちろん優秀なスポンジもあるけれど、より繊細な作業ができるブラシの方が、肌の凹凸や細部にまでしっかりフィットするんです。おかげで、少量のファンデーションでムラなくきれいに仕上げることができるのがブラシの素晴らしさ。ふんわりフォギーな仕上がりから、上品マット、さらにはナチュラルなツヤ肌に至るまで、厚塗り感なく簡単に実現できるファンデーションブラシ。微妙な質感を調整してTPOに合わせた肌作りを。

04【フェイスパウダーブラシ】

極上の肌あたりで、ふんわり肌を包み込む

ベースメイクの仕上げに欠かせないフェイスパウダー。テカリを抑えたり、メイク崩れを防止したり顔全体はもちろん、部分的に使う人も多いはず。パフを使うと顔全体にしっかりつけられる一方で、使い方次第ではやや重いマットな印象になってしまうことも。一方で、フェイスパウダーブラシを使うことで、ふんわりナチュラルに、そして透明感のある仕上がりを簡単に実現できるのです。プロが選んだマイベストブラシ、使い方もあわせてご紹介しています。

05【アイブロウブラシ】

テクニックフリーで思い通りの眉デザインを叶える!

顔の印象の大半は眉で決まるとも言われるくらい重要なパーツ。なのに、トレンドの変容や洋服とのバランス年齢による変化など様々な理由で難しさをおぼえる人も多いですよね。しかし難しいと感じる方こそ、付属の品ではなくブラシにトライしてほしい!なぜなら、柄が長く持ちやすいブラシほど、好みの太さに合わせて調整しやすいものが多く、失敗するリスクがぐんと減るんです。プロがおすすめのブラシをテクニックをあわせてご紹介します。

撮影 高村瑞穂
構成・文 松原 彩

合わせて読みたい!おすすめ記事

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE