ヘルスケア
2019/01/25

【キレイになるレシピ】時短でお手軽、美肌へ導くお弁当おかず全4品<隔週金曜日更新>

文字サイズ

隔週金曜日更新、エイジング世代の美容と健康に身体の内側から美しくなるインナービューティレシピ。第9回目の今回は美肌効果が期待出来るお弁当メニューにぴったりな時短おかずを4品ご紹介します。

講師は大人気クッキングサロンインナービューティープランナーの大平美弥子さん。彼女もまたA-Beauty世代の一人。若い頃は目鼻立ちが華やかな美人に目を奪われていた彼女も40代を迎えた今、憧れるのは「美肌の女性」なんだとか。きっと「うんうん」「私もそうだった」と共感する方も多いはず。手作りお弁当の参考にぜひご活用ください。

食べ物を変えれば身体が変わる

お肌や体は食べたもので作られています。ですから、食べるものを変えたら必ずお肌や体は変わるのです。食べるもので体の内側の土台が整うと、外側から取り入れる化粧品もしっかり浸透し、その効果は格段に上がっていきます。

自宅でいただくことの多い朝食や夕食は、自分で選択し、お肌を整える食事を用意することが比較的容易ですね。ところが、お仕事を頑張っている女性にとって一番悩ましいのが昼食ではないでしょうか?

コンビニを利用される方、ランチに外出される方、もしかしたら、お仕事が忙しすぎて、食べる時間がないという方、食べたいものが見つからなくてランチ難民なんて方もいらっしゃるかも。

美肌を叶えたいとき、お勧めしているのが手作りのお弁当です。私が主宰しているお料理教室の生徒様も社員食堂での昼食を手作りのお弁当に変えただけで、あっという間に美肌を手にされた方が多数いらっしゃいます。

どうして手作りのお弁当が良いのでしょうか?

酸化した油の摂取がなくなる

外食や、市販のお弁当やお惣菜に含まれている油は、ほぼオメガ6系になります。このオメガ6系の油は炎症を引き起こしてしまうため取りすぎに注意が必要です。お肌においては赤い吹き出物などの炎症、シミの引き金になってしまいます。さらに調理から時間がたった酸化した油はお肌をどんどん老化させてしまいます。手作りお弁当であれば、オメガ6系油を使わないように、酸化した油を摂取しないですむように自分で調整することができますね。

旬のお野菜をたっぷり取り入れられる

お弁当なら、旬のお野菜を自分でたっぷりと入れることができます。旬の野菜には、ビタミンACEと呼ばれる美肌を叶えるビタミンが豊富に含まれています。ビタミンAはお肌の潤いを、ビタミンC美白を、ビタミンEはアンチエイジングを叶えてくれます。

砂糖0が叶えられる

市販のお弁当やお惣菜に、たっぷり含まれる砂糖。体に入った砂糖を分解してくれるのはビタミンB群。ビタミンB群は砂糖の分解だけでなく、皮膚の再生や保護の役割も担っています。砂糖の分解にビタミンB群が使われるとお肌の再生や保護に回るビタミンB群が不足して、結果肌荒れや吹き出物が現れることもあります。美肌を叶えたいとき、手作りお弁当であれば砂糖の使用は控えることができます。甘みが欲しい時は、みりんや甘酒を使うこともできますね。

お弁当向きの美肌を叶える冬の旬野菜とは?

お弁当に取り入れやすい冬の美肌野菜のトップバッターはブロッコリーです。さらに人参やカブもオススメ。具体的な栄養素を見てみましょう。

ブロッコリーは美白を叶えるビタミンCアンチエイジング・血行を促進してくれるビタミンEも豊富です。血液を浄化する葉酸も含まれています。

人参には、ビタミンAが含まれ乾燥肌対策には必須です。

カブは、葉にはビタミンCがたっぷり。根には消化酵素がたっぷりと含まれています。吹き出物が気になるときは、酵素の力を借りて、取りすぎた油をデトックスしていきましょう。酵素は熱に弱いので、低い温度で蒸し煮をしたり生で食べることがオススメです。

お弁当の彩りを良くするために、今が旬の柚子の皮や紫色の冬野菜も取り入れるのも◎。柚子果汁はビタミンCたっぷり、紫のお野菜はポリフェノールが豊富で、シミやソバカスの原因の一つ活性酸素を除去してくれます。ではこれらのお野菜を使ったお弁当レシピをご紹介します。

*レシピは全てお弁当1個分

ブロッコリーの海苔和え

材料<1人分>

ブロッコリー(食べやすく切る)…40g 
海苔(手で細かくちぎる)…1/4枚
醤油麹…小さじ1/2

作り方

1.鍋に水大さじ2とブロッコリー、塩ひとつまみをふるい蓋をしてブロッコリーが青々とするまで弱火で蒸し煮する

2.ボウルに1と醤油麹、海苔を入れ和える

ハーブが香る!スチームかぶ

材料<1人分>

小カブ(櫛形に切る)…1/2個
ドライバジル…2ふり
ドライオレガノ…2ふり
塩麹…小さじ2/3

作り方

1.鍋に水大さじ2とカブを入れ塩ひとつまみをふるい蓋をして、カブが柔らかくなるまで弱火で蒸し煮する

2.ボウルに1と塩麹を入れ、ドライバジル、ドライオレガノをふるい全体を混ぜる

人参としめじの胡麻サラダ

材料<1人分>

人参(千切り)…8スライス
しめじ(手でほぐす)…30g
白胡麻…大さじ1
醤油…小さじ1

作り方

1.鍋に水大さじ2としめじ、人参を重ね入れ、塩ひとつまみをふるい蓋をして人参が好みの固さになるまで弱火で蒸し煮する

2.ボウルに白胡麻を親指と人差し指の指先で擦りつぶしながら入れ、1と醤油を加え和える

紫野菜のゆずマリネ

材料<1人分>

紫キャベツまたは紫水菜(千切り)…30g
柚子(果汁を絞り、皮は千切り)…1/2個
塩…ひとつまみ

作り方

1.ビニール袋に全ての材料を入れよく揉み合わせ、味が馴染むまでしばらくおく

全4品をたった10分で仕上げる方法

【10分仕上げのお弁当の手順】

1.ビニール袋に紫キャベツ、柚子の絞り汁、柚子皮、塩ひとつまみを入れよく揉みしばらくおく

2.鍋に水大さじ2とブロッコリー、かぶ、人参、しめじを入れ分量外の塩ひとつまみをふるい蓋をしてブロッコリーが青々とするまで弱火で蒸し煮する(約4分)

3.ブロッコリーを海苔、醤油麹と和える

4.人参、しめじは白胡麻、醤油と和える

5.かぶは、塩麹とハーブと和える

6. 1から5を彩りよくお弁当箱に盛り付ける。

寒い冬の朝ですが、美肌をめざして、10分だけ早起きして是非作ってみてくださいね。

大平美弥子

大平美弥子

日本インナービューティーダイエット協会公式パートナー滋賀校主宰
滋賀県栗東市インナービューティーお料理教室miyako.blisskitchen主宰
家族でIBDに取り組み、本人のノーファンデーション・体内年齢19歳達成のほか、夫の血液検査劇的改善、子供の喘息アトピー完治の成果から、「ママの綺麗と家族の健康ハッピーをキッチンから」をモットーに近江野菜と発酵調味料を使った簡単楽しいインナービューティーお料理教室を滋賀県栗東市にて主宰。ヘルシーなおうちバルメニューが大人気です。

レシピをもっと読みたい方はこちら

合わせて読みたい!おすすめ記事

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE