このたび、「A-beauty」は2021年5月18日を持ちましてサービス終了致します。 長 きにわたりご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
ヘルスケア
2019/04/13

葉酸が40代の不調を救う!もっとスッキリ!もっと元気に!「巡りのいい私」になれる方法

文字サイズ

寒い冬が終わり、ついに春本番! なにかが始まりそうなワクワクする季節の到来ですね。そんなアクティブな春には、安定したコンディション作りが大事。
すっきりと元気よく、巡りのいい身体のためにはどのような対策がいいのか。ヘルスケアやインナービューティーに詳しい、テレビや雑誌などメディアでも人気の香川靖雄先生に話を伺いました。

INDEX

「なんだか不調」の原因とは

「疲れやすい」「なんだかすっきりしない」「なかなか肌の荒れが治らない」など、40代以降の女性の悩みは四季を通して尽きないもの!
もしかするとそれは、栄養不足やバランスの崩れによるものかもしれません。

健康や美容のためには、運動や睡眠などの生活サイクル、そして食事---そのどれもが欠けてもいけません。
しかし、今の日本の食卓の主役は、ご飯よりパンに移行し、青菜のおひたしや海苔、豆類や緑茶など、ご飯に合うものの消費量は減少しがち。
これによりビタミンや鉄分はもちろん、葉酸の摂取量が減少してしまい、子どもから大人まで、身体の巡りが悪くなり、“なんだか不調”を訴える人が増えているんだとか!

世界中で摂取推奨!ビタミンの一種である「葉酸」の効果

「葉酸」という名称は、サプリメントなどで耳にしたことがある方も多いと思いますが、果たしてどのような働きがあるのでしょうか?

「葉酸」とは、ビタミンB群に分類されているビタミンの一種。主な効能として

・DNAの合成をサポートする(細胞の分裂を正しく行う)
・細胞の修復を助ける
・正常な赤血球をつくる(動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞の予防になる)
・代謝のサイクルを司る(生活習慣病の予防)

また、エイジング対策として

・細胞分裂を助け、睡眠中の成長ホルモンの促すことで、代謝・疲労回復・美肌・発毛に効果が
・血流がよくなる
・冷え性の改善
・更年期による不調の軽減(イライラや落ち込みなど)
・口内炎の予防
・免疫力のアップ

があげられます。

日本の葉酸摂取量は世界の半分!?

葉酸は、他のビタミンと違い、核酸を作ってくれ、健康を損なう要因を予防してくれる、ということで、今やアメリカやヨーロッパはもちろん、お近くの中国や韓国などアジア諸国など世界中で400マイクログラムという推奨摂取量が定められ、注目されている栄養素なんです。

しかも栄養素の中で唯一、世界82か国で法律により摂取が“強制”されているほど、その効能が認められているのだとか!
しかし、日本での推奨摂取量は200マイクログラムと、WHO/FAOが推奨する量に比べてなんと半分。それに、元々日本人は葉酸が不足しやすい環境にいるんです。

それもそのはず。野菜類には葉酸が多く含まれるものですが、日本でよく食べられる野菜は、大根や白菜、キャベツにきゅうりなど、色の白い野菜が多め!
実は葉酸は、葉酸の発見につながったほうれん草など、緑の野菜に多く含まれているんです。

また、葉酸を壊さないためには、“炒める・蒸す”調理法がおすすめ。
でもそんなにレシピが思いつかない! という方には、『納豆+アボカド』などのちょい足しレシピもいいでしょう。

こんな食材に葉酸は含まれている!

葉酸を含む主な食材として、

・ブロッコリー ・ほうれん草 ・小松菜 ・春菊 ・グリーンアスパラ ・水菜 ・枝豆 ・レバー ・海苔 ・緑茶

などに含まれていますが、これを食べることで必要な葉酸をすべてまかなうのは大変!
ちなみに海苔で換算すると、1日35枚ほど食べないといけないそう。
また、光に弱いという性質もあるため、ペットボトルの緑茶なども葉酸の摂取には向きません。

身体の巡りをよくするためには生活の基礎を整えること

葉酸が不足すると、有害なアミノ酸(悪玉アミノ酸)が血中で上昇し、それにより細胞が壊れ、代謝が低下し、身体のターンオーバーがうまくいかなくなるなど、美容面でも健康面でも老化の原因となってしまいます。

なので、対策として

・三食をきちんと、中でも朝ご飯を食べることで体内時計の乱れを防ぐ
・早寝早起きし、睡眠中のホルモン生成を促す
・規則正しい生活を意識する

当たり前のことですが、このような基本的ことを整えると、自然と身体も整うそうです。
体内時計がきちんと刻まれ、代謝する力もアップし、すると巡りもよくなる。このためには健康的な生活と、葉酸が大事!

日本でもその“葉酸”に注目し、推進運動に取り組んだのが、埼玉県坂戸市。なんと葉酸プロジェクトにより、肥満の予防効果や健康改善効果が認められ、なんと医療費・介護費まで減少したのだとか。

毎日手軽に葉酸を摂るにはこんなアイテムがおすすめ!

葉酸の効果はとても魅力的!でも、普通に三食食べるだけでは理想の摂取量までなかなか届かないもの。そこで、「時短・手軽・手間いらず」で葉酸が摂取できるアイテムが便利です。

製薬会社が作った安心サプリ

バイエル薬品 エレビット

容量・本体価格 39.6g(440mg×90粒)・4,500円

なんと800マイクログラムの葉酸とビタミン、カルシウム、マグネシウムや鉄分など、さまざまな栄養素も一緒に摂取できる人気のサプリメント。国内生産と製薬会社ならではの厳しい品質水準という高い品質と、飲むだけでOKの手軽さもいいですね!

いつものお米に混ぜて炊くだけ!

女子栄養大学と共同開発し、葉酸と3種のビタミンを国産の精白米に独自技術でコーティング。炊飯時に混ぜて炊くだけでOKの手軽さもうれしい! お弁当派の方にもいいですね。

スナック感覚で噛んで摂取できる

1日分の葉酸を手軽に摂取でき、鉄分とカルシウムも配合で女性にうれしい。青りんご・グレープフルーツ・ヨーグルトと味が選べるのも魅力的。

今、世界が求めている葉酸で、自分でコントロールできる、巡りのいい身体作りを目指しましょう!

お話を伺ったのは

香川靖雄先生

香川靖雄先生

女性栄養大学副学長。自治医科大学名誉教授。栄養科学研究所所長。日本テレビ系「世界一受けたい授業」やNHK総合「あさイチ!」「ガッテン!」の出演で、わかりやすい健康や栄養のお話が話題に。著書に『時間栄養学』『香川靖雄のやさしい栄養学』(女子栄養大学出版部刊)、『あなたの健康寿命は「葉酸」で延ばせる』(ワニブックス刊)など。

取材・文 佐川碧

美容/ヘルスケア ライター
佐川碧さん
女性に役立つ美容とインナービューティー、ヘルスケアのライターをしております佐川碧です。 特にR30の女性に即使える情報をたくさんアップしたいと思います。みんな@cosmeでもっときれいになっちゃいましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE