ビューティメソッド
2019/04/18

長井かおりさんが伝授!シミ、シワ、たるみ、色ムラ、クマ を3分でカモフラ。プレメイク&ベースメイクで目指せマイナス5歳肌!

文字サイズ

春のファッションに合わせ、ベースメイクも軽やかな春肌にチェンジするタイミング。
とはいえ、エイジング世代にとってシミやシワ、たるみなど隠したい悩みはつきないもの。
気になる悩みをカバーしようと思うと、どうしても厚塗りになって軽やかな肌とは程遠くなる…。そんな悩みを抱えている人も多いはず。そこで今回は、気になる大人の肌悩みはしっかりカモフラしつつも、透明感のあるフレッシュなイマドキ肌を叶える欲張りテクを、人気ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさんにたっぷり教えていただきました。

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん

雑誌、広告、映像等幅広いジャンルで、モデルや女優のヘアメイクを手がける。 メイクアップセミナーの講師やデモンストレーションにも出演しており、
わかりやすく実践しやすいメイクテクニックで人気を博している。 特に崩れないメイクに定評があり、雑誌やウェブサイトでの出演実績も多数。

ポイントカバーに執着せずに、トータルバランスでの美しさを追求すべき

「まず前提として、ベースメイクだけですべての肌悩みを完璧にカバーしようと思うとどうしても厚塗りになってしまい、崩れやヨレの原因になるばかりか老けた印象にもなりかねません。ベースメイクだけではなく、メイクやヘア、ファッションなどトータルで考えてベストな状態=100%に見せていくことが大切。なので今回は、大人の肌をより美しく、フレッシュに見せるためにベースメイクでは70~80%くらいのカバー力を目指す、カモフラベーステクを肌悩み別にご紹介したいと思います」(ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさん)。

ベースメイクの効果を倍増させるコツはアイテムの使い方&塗り方にあり!

「悩みに対応したアイテムを使うことはもちろん大切ですが、悩みはカバーしつつ厚塗り感なくヨレや崩れを防ぎたいですよね。そのためにはカバーしたいパーツに合わせ、適量を最適なツールでなじませることもポイントです。同じアイテムを使用していても、この違いで大きな差が生まれます。最小限の量で、最大限の効果を発揮する、いわばコスパ抜群のテクニックをご紹介していきたいと思います」。

ベースメイク前に潤いたっぷりのハリ肌を仕込むことで、仕上がりが激変!

ベースメイクに入る前のスキンケアも大きなポイントです。厚塗り感なくチュラルにカバーしていく上で基本となるのが密着度と崩れにくさ。このふたつを実現するには、いかに土台となる素肌の状態を、“ベースメイクがなじみやすい肌”に整えておけるかが大きなポイントに。潤いのないしぼんだ肌では、ベースメイクが肌とフィットせず浮いてしまったり、ムラづきの原因になります。そのためには潤いをたっぷり与え、ふっくらとしたハリのある肌に整えておくことが重要なのです。ただし、油分が多いとメイク崩れの原因になるので要注意。ベトベトではなく、水分で潤ったペトペトの肌を目指すことがポイントです」。

ベースメイクテクを教えていただく前に、まずは土台となる肌を整える仕込みのスキンケアメソッドを教えてもらいましょう!

密着度&崩れにくさに差がつく ベースメイク前の仕込みスキンケアメソッド

1.ミストローションを顔全体にまんべんなく吹きかける

「肌あたりが優しいものでたっぷり潤し、手のひらで顔全体になじませます。肌がやわらぎ、次に使う化粧水の入りもよくなります」。

ラ ロッシュ ポゼ ターマルウォーター

容量・本体価格 50g・1,000円 / 150g・2,200円 / 300g・3,300円

2.化粧水を手に取りたっぷり肌に入れ込む

化粧水は高保湿タイプで肌表面にあまり残らない、とろみの少ないものがベスト。指先までしっかり化粧水をなじませてから顔につけるのがポイントです」。

イプサ ザ・タイムR アクア

容量・本体価格 200ml・4,000円

3.美容液をなじませハリ&ツヤ感をアップ

「どの工程でも共通して、顔全体になじませた後は、指先を使いまつ毛のキワや小鼻などの細部、そして首までしっかりなじませるのがポイントです」。

ルナソル ポジティブソリューション

容量・本体価格 30g・5,000円

4.UVケア乳液を薄くなじませる

「ヨレの原因になるので、ベタつきのないものをミニマムに丁寧になじませることが重要です。下地も首までしっかりなじませて」。

DHC 薬用ホワイトニングセラム UV

容量・本体価格 30g・2,200円

仕込みのスキンケアだけでもここまで差が出る!

肌にたっぷり潤いを与えたことで、くすみも晴れて、顔全体にみずみずしいハリツヤ感と明るさが出現! ベースメイクが密着しやすい肌が完成。

仕込みスキンケアで素肌が整ったら、ベースメイクSTART!

A-Beauty世代に多い5つの悩みをピックアップし、それぞれのカモフラベーステクを順次ご紹介していきます。

マイナス5歳肌を目指す、カモフラベースメイク術 INDEX

撮影 長谷川 梓
構成・文 松原 彩

合わせて読みたい!おすすめ記事

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE