ビューティメソッド
2019/04/24

顔のたるみやむくみを解消!マッサージ&美肌ゾーン強調ですっきりシャープな小顔に。大人のカモフラベースメイク術【5】

文字サイズ

体重に変化があるわけではないのに年々顔が丸くなってきた、フェイスラインがもたついている、横顔に変化が…と感じた経験、A-Beauty世代の女性なら誰しもが一度はあるはず。どんなに完璧にメイクを仕上げても、たるみが目立つと一気に印象を老けさせてしまいますよね。毎日のケアも頑張ってはいるけれど、メイクでなんとかごまかせないの? と願う女性のために、今回は気になるたるみをカモフラするベーステクを教えて頂きました。

プレマッサージとミニマムシェーディングにトライして!

シェーディングハイライトをがっつり入れてカバーする方法もありますが、慣れていないとそこだけ浮いて不自然に見えてしまうリスクも高いので、シェーディングは最小限にとどめた方法を今回はお伝えしていこうと思います。また、ベースメイク前のプレケアとしてマッサージや、温めケアを取り入れてむくみや老廃物をすっきりさせておくことが大切。今回は、メイク前にオススメなマッサージ方法もご紹介するのでそちらもあわせてぜひトライしてみて下さい」(ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさん)。

それでは早速、教えて頂きましょう!

頬や顔全体のたるみが気になる人はコチラ!

たるみをカモフラ!長井流ベースメイク術

1.マッサージでむくみや老廃物を排出

軽やかなテクスチャーのオイルを顔になじませたら、カギ指であごさきから耳下まで押し挟みながら引きげ、耳下のくぼみをプッシュ。各工程は2回繰り返して。

2.頬からこめかみまで引き上げる

頬からこめかみまで同様に押し挟みながら引き上げ、こめかみをプッシュ。

3.眉頭からこめかみに流す

続いて写真のように眉を挟み、眉間からこめかみに向かい押し流し、こめかみをプッシュ。

4.頬骨周りをプッシュする

頬骨の下に指の関節を押し当て、ぐりぐりほぐしていく。

5.鎖骨周りをもみほぐす

耳下から首筋を押し流し、最後はデコルテのリンパ節周りをしっかりともみほぐす。

6.美肌ゾーンにファンデを厚盛り

顔全体にリキッドファンデをなじませた後、目頭の下から頬の高い位置、こめかみまでの“美肌ゾーン”に1トーン明るめのリキッドファンデを重ねる。

「この美肌ゾーンを明るく見せることで、レフ版効果&立体感が出て自然なメリハリ顔に」

7.スポンジで引き上げ塗り

厚みのあるスポンジを使用し、スポンジの上半分で細かくタッピングしつつ引き上げるようにして美肌ゾーンにファンデーションをなじませていく。

8.シェーディングを“カックン”塗りする

斜めカットのブラシにシェーディングカラーをなじませ、耳横から口を開いた時にへこむ、頬骨の下側に影を入れ、下方向にブラシを“カックン”とおろす。

9.シェーディングを“サササ”塗りしてなじませる

下方向に“サササ”とブラシを払い、シェーディングをなじませ、最後に顔全体にフェイスパウダーをふんわり払いフィックスさせる。

完成!

正面の画像は、向って左側のみにベースメイクをオン。目や頬の位置がぐっと上がりメリハリ感が誕生! 横から比べてもフェイスラインがすっきり引き上がっていることが一目瞭然。

誰もが憧れるメリハリ感あるすっきりフェイスが簡単に!
フェイスラインがキュッと上がることで、テンションまでも上昇するはず。
重力に負けない、上向きフェイスで存分に春を楽しみましょう。

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん

雑誌、広告、映像等幅広いジャンルで、モデルや女優のヘアメイクを手がける。 メイクアップセミナーの講師やデモンストレーションにも出演しており、
わかりやすく実践しやすいメイクテクニックで人気を博している。 特に崩れないメイクに定評があり、雑誌やウェブサイトでの出演実績も多数。

撮影 長谷川 梓
構成・文 松原 彩

他のお悩み解消はこちら!

合わせて読みたい!おすすめ記事

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE