ヘルスケア
2019/06/30

「エクオール」サプリメントを徹底比較!10mgの価格は?原料・背景・複合的効果は?

文字サイズ

女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをするのは、大豆イソフラボンそのものではなく、腸内でイソフラボンから作られる「エクオール」という成分であることが判明。でも日本人の約7割は大豆製品を摂ってもこのエクオールを作ることができない、というショッキングな報告も…。

エクオールを作れるよう体質改善していくことも大切ですが、女性ホルモンの減少によるさまざまなトラブルに悩む更年期世代は、待ったなし。そこで注目されているのが、エクオールを直接摂取できるサプリメントです。いろいろなメーカーから出ているエクオールのサプリメント、それぞれどんな特徴があるのか、調べてみました。

▼エクオールに関するシリーズ記事はこちら!▼

ホルモン補充法に匹敵する効果で、キレイに健康になれる! 注目の栄養成分「エクオール」とは?
女性ホルモン・エストロゲン様成分「エクオール」作れてる?自宅で検査してみた!

INDEX

世界初!(※)エクオール・サプリメントのパイオニア的製品

「大塚製薬」 EQUELLE エクエル

容量・本体価格 112粒・4,000円
1日4粒で、10mgのエクオールが摂取できます。

※大塚製薬調べ

大豆イソフラボンの研究を通して、エクオールが女性の健康と密接な関係にあることを見いだしたのが、大塚製薬。長年の研究を経て世界で初めて、エクオールを産生する乳酸菌「ラクトコッカス20-92」を発見しました(イタリアの伝統的なチーズからも発見された、安全性の高い乳酸菌であることが確認されています)。2014年にエクオールを手軽に摂取できるサプリメント「エクエル」を発売。成分の合成・抽出・濃縮を一切行わず、大豆を乳酸菌で発酵させて作っているのも大きな特徴です(大豆アレルギーの方は摂取をお控えください)。

◎問い合わせ先 TEL:0120-008018(9:00~17:00 ※土・日・祝日・休業日を除く)

女性の健康にオススメの3成分も配合

1粒あたりのエクオールは2.0mg。エクオールのほかに、若々しさを支えるといわれる天然由来エキス「ブラックコホシュ」、ビタミンPとも呼ばれるポリフェノールの一種「ヘスペリジン」を酵素処理により水に溶けやすくした成分、玉露や抹茶などに多く含まれているアミノ酸の一種で穏やかな毎日を支えることに期待されている成分・テアニンを配合しています。全成分表示をしているのも特徴。

◎問い合わせ先 TEL:0120-5884-02(9:00~17:00 ※土・日・祝日を除く)

医師共同開発!エクオール産生菌を元気にする希少成分も配合

「アドバンスト・メディカル・ケア」  エクオール+ラクトビオン酸

容量・本体価格 90カプセル・6,000円
医師共同開発。1日に3カプセルで1日の推奨摂取量10㎎のエクオールが摂取できる。

日本のエクオール研究の第一人者である吉形玲美医師と共同開発。1日分3カプセルで、10㎎のエクオールが摂れます。特徴は、体内環境を整え、エクオールを自分で生み出す力をサポートする「ラクトビオン酸」を配合していること。ラクトビオン酸はカスピ海ヨーグルトにしか含まれないオリゴ糖で、カスピ海ヨーグルト100gにつき2mgしか含まれないという、食品で摂ることがとても難しい希少成分。「エクオール+ラクトビオン酸」は特許技術を使用し、3カプセルにラクトビオン酸を150㎎も配合しています。ラクトビオン 酸は女性に不足しがちなミネラルの吸収を高めるので、「もろさ」対策を始めたい方にもおすすめ。

◎問い合わせ TEL:0120-117-647(平日9:00~17:00)

ラクトビオン酸とビタミンC も摂れる!

「ウエルネスライフサイエンス」  エクオール

「ウエルネスライフサイエンス」 エクオール

容量・価格 60粒(約1か月分)・2,480円
1日3粒で、エクオール5㎎が摂取できます。

1日3粒で、エクオール5㎎が摂取できます。さらに体内でのエクオール産生をケアするラクトビオン酸を配合。美容ビタミンと呼ばれるビタミンCも10㎎配合しています。エクオール10㎎あたりの価格は267円。

◎問い合わせ先 TEL:0120-954-409 (平日 10:00~17:00)

摂りやすいサイズと求めやすい価格が魅力

「DHC」 大豆イソフラボン エクオール

容量・本体価格 30粒・3,700円

10㎎のエクオールを、飲みやすいサイズの小さなタブレット1粒に配合しているので、1日1粒でOKな手軽さがうれしい。10㎎あたりの価格は約133円と、今回紹介した5品のなかで最も安いのも魅力。

◎問い合わせ先 TEL:0120-333-906 (24時間受付・年中無休※年末年始を除く)

サプリメント摂取と並行して、腸内環境を整える食生活も大事!

サプリメントは、腸内のエクオール産生菌の活性が低い人でも、エクオールを直接摂取できるのが最大のメリット。でもサプリメントに頼り過ぎず、自分でエクオールを作り出せる体質に改善していく努力も必要です。そのためには納豆や豆腐などの大豆食品を食べる習慣をつけ、オリゴ糖、食物繊維などを多く摂取して腸内環境を整えましょう。

またエクオールは体内に蓄積されず、1~2日でほぼ体外に排出されるため、毎日、大豆を製品食べ続けることも大切です。

取材協力 大塚製薬株式会社/小林製薬株式会社/株式会社アドバンスト・メディカル・ケア/株式会社ウエルネスライフサイエンス/株式会社DHC

取材・文 桑原恵美子

合わせて読みたい!おすすめ記事

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE