2020/02/20

骨格別でコスメ選び!ベストな自分を引き出す「マイルール」

文字サイズ

「似合う」をもっと知りたい

最近、認知度急上昇中の「パーソナルカラー」。肌の色が一人一人違うんですから「似合う色」が違うのも当然ですよね。

メイクをするときの色選びはとっても大切ですし、私自身も独自のパーソナルカラー分析カルテを作るところまで独自に研究して落とし込みましたけれど、「色彩」は大好き。

私自身、初めて美容部員さんにチークを塗ってもらったときのこと、それはもう立派なオテモヤン状態になったのがトラウマとなり…。実は、パーソナルカラーを知るまでの数年はチーク嫌いでチークなしの状態を過ごしていました(今考えると、なんて凹凸のない顔で過ごしてたのか...)。
その時、美しい美容部員さんにつけていただいた青みがたった彩度の高いピンクのチークは、私の肌色にのせたときに明らかに浮いていた「似合わない色」だったんですよね。ですが、若かりし頃の私はプロの美容部員さんにされるがまま…。「似合う色が一人一人違う」ということを知るよしもなく、「私にはチークは似合わないんだ」と思い込んでしまったわけです。

チークが悪いわけではなくって、その時につけてもらったチークの色が似合わない色だっただけ(かもしれない)なわけ。私自身もコンサルをお受けする方からも「似合うがわからない」かたの悩みに寄り添いたくて、「似合う」をもっと知ってほしくて今の仕事にたどり着きました。

骨格スタイル別の「似合うテクスチャー」がある!

でも、似合う色を選んだはずなのに、「なんだかメイクが浮いてる気がするのよね…」なんて経験はありませんか? 似合う服やコスメを選ぶときに大切なのが、骨格スタイル別に「似合うテクスチャー(素材や質感)」を選ぶことなんです。

他にも、「グロスをたっぷり塗ってツヤツヤにしたら“天ぷら食べた?”って聞かれちゃった…」こんな話は、骨格スタイル分析を学んだ方のアルアル話。

「肌にのせる色は似合う色を選ぶべし!」ですが、もっと大切なことは、「肌にのせるテクスチャーは骨格スタイルに合ったものを選ぶこと」なんです。

ウェーブタイプに似合うコスメ選びのポイント

若かりし頃の私も、丸い頬きわだつ丸い顔をなんとか大人っぽく見せたくて、マットファンデーションマットなリップを塗ったところ、「この鏡に映ったおばさんだーれ?」状態だったんですよね。

骨格スタイル分析では、一人一人の生まれ持った骨格や体型の特徴に応じて「ストレート・ウェーブ・ナチュラル」の大きく3タイプに分類しますが、
ウェーブの私はマットな質感や重いものが老け込んで見えがち。

洋服でも、ウェーブさんはレーヨンやシフォンなどとろみのある軽い素材が似合いますが、ムートンやブリティッシュツイードのような重い素材のものを着ると、「お父さんの服を借りてきた」ように着せられた老け込んだ印象になってしまうんです。

メイクでも「軽やかな光」を味方につけるのが、ウェーブさんの似合うコスメ選びのポイント。

私が愛用している光アイテムがこちら。

どれも、色をのせるというより、仕上げのテクスチャーやニュアンスを楽しむアイテム。チークアイシャドウやリップの上に光を重ねてのせることで、ぐぐっと軽やかさとつやっぽく仕上がります。

なかでも昨年愛用したのがこちら。

RMK クリーミィ シアー パウダーチーク
03 コーラルオレンジ

使いかけのお写真で申し訳ないですが、見事に右側のコーラルピンクは使ってなくて、左側の「光のヴェール」のみ愛用した跡がくっきり。

私のパーソナルカラーからみても、このコーラルピンクは浮いて見えがちでやっぱり使わなかったんですが、他のチークに重ねてつややかなテクスチャーを楽しんでいました。

パーソナルカラーがサマーやウィンターのブルーベースのウェーブさんはこちらのローズ系などおすすめ。

クリーミィ シアー パウダーチークス
クリーミィ シアー パウダーチークス
RMK
本体価格 4,000円
発売日 2012/08/24

骨格スタイル「ウェーブ」の方は、お洋服でもラメ入りニットや光るサテン生地などが似合いますが、コスメもきらきらラメは女性らしさを一層引き立たせてくれる、お役立ちアイテムです。

そして、骨格スタイル「ストレート」の方は、ラメよりもパール感を選ぶのもおすすめ。ラメでしたら粒子は大粒より小粒の上品なものをセレクトして、ギラギラさせすぎず上品に仕上げるのがポイント。

骨格スタイル「ナチュラル」の方は、肌質にもよりますが、ラメパールを多用せずマットよりの仕上がりが好感度アップのポイントです。

「自分軸」でコスメを選ぶ

世界中の有名ブランドからプチプラコスメまで手軽に手に入る時代。

トレンドも価値観も移り変わりますが、自分の生まれ持った「骨格スタイル」と相性のよいテクスチャーのアイテムを選んで、メイクもファッションも自分らしく楽しんでくださいね。

情報もコスメも「自分軸」で選んで楽しむ。

女性として年齢を重ねる中で、自己肯定感を高めて毎日を自分らしく歩むための近道かも。

執筆/師岡 朋子
編集/アットコスメ編集部

一般社団法人 骨格スタイル協会 代表理事
師岡 朋子さん
一般社団法人 骨格スタイル協会 代表理事 一般社団法人 日本スカーフコーディネーター協会 代表理事 表参道スタイリングラボ代表 各種スクールや企業研修で骨格診断やカラー講師を務め、5,000人以上に似合うファッショ…
Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE