2020/03/18

「コスメ選び」という小さな選択。その積み重ねが「自分らしさ」につながる

文字サイズ

コスメも洋服もパートナーも。「選ぶ基準」が「私らしさ」につながる

ここ数年、「私らしさ」「個性」「多様化」というキーワードをよく見かけますね。正確な言葉の定義はあると思いますが、私が考える「私らしさ」とは「自分の価値観を理解していて、選ぶ基準を明確に持っている」ということ。

コスメを選ぶとき、洋服を選ぶとき、仕事を選ぶとき、パートナーを選ぶときーー。

どんなときも「私が選ぶ基準はコレ」とはっきりとした理由がある。その基準こそが“らしさ”に通じているのではと思います。

「コレはあの人がいい、といっていたから」という基準は“らしさ”を育ててはくれません。

“正解”を選ばなくていい

今の世の中には情報も物もあふれています。どれを選ぶのが正解なのか、悩んでしまうことも多いでしょう。

でも、よく考えてみればもともと“正解”なんてなくて、自分がいいと思ったことを選ぶことが幸福感につながっているのではないでしょうか。

もしその選択をしたことで将来イヤな思いをしたとしても、それは長い人生のなかでもたった一つのできごと。何一つ失敗しないで過ごす人生って、意外につまらないものです。

とかいいつつ、私自身、20代の頃は悩みまくっていました。

なかなか思い通りの仕事に就けない。お給料も上がらない。休む暇もない。仕事の面においては決して楽しいといえる状況ではありませんでした。

でも、30歳になる頃。
「やっぱりやりたいことを選んだ方がいいんじゃない?」と何かが急に吹っ切れて、業界未経験で美容の世界に飛び込みました。

それ以降、楽しいときも苦しいときもありましたが、今は「私の人生は楽しい」と胸を張っていえます。

「⾃分がほしいもの」を選択していこう

私はこれまでにたくさんの美容記事を執筆、講演でも美容のお話をしてきましたが、いつもお伝えしてきたのは「自分の感覚を大切に。自分の基準を持とう」ということ。

コスメ選びなんて人生を変えるような大きなできごとではないと思う人もいるかもしれませんが、人生は選択の連続。

化粧品という小さなお買い物であっても「自分が欲しいと思うものを買う」という選択をすることは、これからの皆さんの人生にも大きな影響があると思いますよ。

美容評論家/ビューティハンター
高橋果内子さん
OL生活を経て30歳で美容業界に転身。過去のモデル経験や15以上の美容資格を取得した経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。年間1000アイテム以上のコスメを試すほどの美容好きで、現在は、自分が実際に体験し“本当に…

執筆/高橋 果内子
編集/アットコスメ編集部

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE