2020/04/30

続けられるかどうかが大事。美容皮膚科医が行う簡単エクササイズ

文字サイズ

エクササイズは毎日のルーティンに入れる!

歳を重ねるにつれて、「姿勢」や「シルエット」が気になるこの頃。

すらりとした姿勢やすっきりとしたシルエットを目指したいからこそ、こういった部分に対してのエクササイズを毎日のルーティンに組み込んでいくことで、理想のスタイルを維持できるのではないかと思っています。

私は当然ながら自分のクリニックで働いている時間が多いのですが、医者って意外とデスクワークが多いのです。電子カルテを記入したり、患者様への報告書を作成したりなど。

もともと肩こりになりやすいので、デスクワークの時間が増えると、肩こりも悪化し姿勢も悪くなりがちです。

ストレッチのお供は、佐々木ルミさんの本『イルミネート ボディダイエット』

個人的に親しくしている友人で、同じ事務所の佐々木ルミさんに、パーソナルトレーニングをお願いすると、翌日には筋肉痛になりますが、同時に肩こりもすっきりして姿勢もキレイになる気がしています。

でも、スケジュールの都合で、頻繁にお世話になることは難しい…。そんな中、佐々木ルミさんの著書『イルミネートボディダイエット/サンマーク出版』の中に記載されているストレッチだけでも、自分で行ってみようと思いつきました。

出張中でもできる簡単エクササイズ

先日のアメリカ出張へ行った際は、ストレッチのやり方を忘れてしまわないように、本の内容をスマホで撮影していきました。

海外出張では、⻑時間の飛行機の乗り継ぎ、時差の関係で身体はコチコチに、肩こりもひどくなりがち。翌日から会議連続になり、エアコンも日本より強く効いているので、かなりつらい状態になることが多いのです。

とりあえず、朝起きて、10分程度の朝起きた時に行うストレッチを7種類。それぞれ5~10回、WGS(World Greatest Stretch、世界一のストレッチ、とでもいうのでしょうか)というストレッチを左右3セット。これらを、できるだけ毎日行うようにしました。

継続できたポイントは、どこでも簡単にできること

私にとっての継続できた大切なポイントは、床に足の裏以外身体を付けることなく行えるのでヨガマットなどが必要ない、つまり簡単に行える、ということ。

そして、所用時間約10分くらいと短いこと。

アメリカ出張のときは、このストレッチを朝行うだけでも、1日の肩こり、腰痛などの症状がかなり改善し、快適に過ごせるようになりました。これに味をしめ、日本に帰国してからも、なるべく毎日朝起床後、このストレッチを続けました。ストレッチをした日は、直後から身体が温まり、姿勢が良く、肩こりやだるさもほとんどなくなります。

毎日の軽いストレッチ。ライフスタイルに取り入れることが大切

何となく調子悪い、肩こりがあるなあ、と思う日は、気がつくと朝忙しくてこのストレッチをしていなかった日だったり。

運動ともいえない程度の、ストレッチかもしれないーー。けれど、自分にとってはこれを毎朝継続することで、結果としてキレイにつながっているのではないかな、と思っています。

執筆/飛田 砂織
編集/アットコスメ編集部

クリニックシュアー銀座院長
飛田 砂織 さん
美容皮膚科医。東京女子医科大学非常勤講師。 モットーは“Beauty, Healthy, Happy” 肌の若返り治療(しみ、しわ、赤み・小じわなどの改善)が得意。救急医として勤務後自ら肌荒れを経験し東京女子医科大学附属青山女性医…
Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE