2020/06/26

再始動したパリ。マダムに学ぶ人としての「美しさ」

文字サイズ

2020年の上半期新作ベストコスメを発表! いま考えたい「美しさとは?」

@cosmeベストコスメアワード2020 上半期新作ベストコスメが発表されました。「美しさ」の定義は人それぞれ。そこで、いま改めて「美しさとは?」について、パリコーディネーターの茂田栄子さんにうかがいました。

新年度がはじまる、パリ

現在のパリ。夜21時を過ぎても明るく、セーヌ川沿いには日向で思い思いにピクニックやアペロを楽しむ人たちが増えてきました。元気に騒いでいる人たちを眺めるのもまた微笑ましく、陽気でたのしい季節です。

フランスは6月が年度末なので、中学生の娘の新年度のための色々な準備など、ちょっと慌ただしい時期でもあります。

今回のテーマは、いま思う「美しい人とは?」。

このコラムをスタートしてから、ズボラながらにも何かしら努力をして、チャーミングに歳を重ねることを意識して毎日を送ろう…と気持ちを新たにしていた矢先、ドキッとするテーマでございます。

そこで今回は、私がいつお見かけしてもとてもセンスが良く、心から素敵だな、こんな女性になりたいな、と思うパリのふたりのマダムをご紹介したいと思います。

おふたりに共通していえることは、内面からあふれでるエイジレスな美しさ。その秘訣は彼女たちが人生で大切にしているものに関係があるのではないか、と考え、このコラムをきっかけにおふたりにお話を伺いました。

世界中のお客さまを魅了しているリンダ

まずひとりめは、Crimson Cashmereいうブランドのクリエイティブディレクターであり、オーナーをされているLinda Wrightさん(親しみを込めてリンダとお呼びします)。

モデルやエディターなど、ファッション業界の中心で様々な活躍をされていたリンダ。彼女のパッションのつまったブティックはセーヌ川、シャンゼリゼ通り、そして数多くのハイブランドやランドマークが連なるエレガントで閑静なエリアにあります。ブティックには、パリはもちろん世界中からクライアントが訪れます。タイムレスなカットの着心地の良いカシミアニットやシャツなどのアイテムに魅了されるのです。

彼女のインスタグラム(@lindavwright)には、色使いがとってもすてきなリンダのスタイルの写真が溢れています。シンプルで凛としたたたずまいーー。リンダは、まさに私の理想の“美しい人”なのです。そして外見だけではなく、リンダの言葉もまさに美の秘訣の宝庫なのです。

リンダが話してくれたのは「自分自身を大切にする」ということ。

@lindavwright

リンダのインスタグラムよりお写真を拝借しました。

鏡に映った自身の姿をリスペクトして。自分ににっこりと笑いかけて「Hey Girl, you are doing your best !(とってもよくがんばってるよ!)」と声をかけること。自身のベストを尽くそうとすることが、すでに美しい姿なのだから。

リンダの美の秘訣。3つの「NOURISH(栄養分を与える、養う)」

@lindavwright

友人であるフォトグラファーのワタナベアニさんが撮影したリンダ。こちらもリンダのインスタグラムよりお写真を拝借しました。

リンダの美しさのキーワードは、3つの「NOURISH(栄養分を与える、養う)」でした。

1.Nourish your skin:肌にしっかりと栄養を与える

「値段に関係なく自分にとってベストなクリームを見つけ、朝と夜にしっかり肌に栄養を与えることが、リンダの美肌の秘密。とくに大切なのは、そのクリームの塗り方。クリームの効果を発揮させるには、どのようにマッサージをして肌に浸透させるかが重要」

リンダは超乾燥肌なので、これまでにも様々なクリームを試し、72歳になった現在でも、“My perfect cream”の 探究を続けているそう。

2.Nourish your soul:自身の魂に栄養を与える

「魂がうるおっていなければ、どのように美しいと感じることができるでしょうか」とリンダは話します。

魂にうるおいを与える方法は個人によってちがい、リンダの場合は自分以外の人を元気にすることだそう。それは相手への愛を示すこと。色々と質問をしてみて、相手がどんな人間かを発見する。目を見て挨拶し、きちんと認識していることを相手に示すーー。「そうやって他人を気遣うことは、自分が心地よく感じる。それは、自分を美しいと感じることと同じ」とも話してくれました。

3.Nourish yourself psychologically:精神に栄養を与える

「この方法は簡単。Be who you are.(あなたらしくいること)。決して他人と比べることなく、自分自身に誠実に。自身に正直でいれば、自信をもって世界中どんな場所へも背筋を伸ばし進んでゆくことができるのです。あなたらしくいる姿はとても美しいのです」

この3つのほかにも、「Nourish your body」として運動や体にいいものを摂取することも挙げてくれました。自分に対して愛を持ってケアするーー。「人生に優雅さとエレガンスさをもつことこそが美への道なのだ」と。これが内面からも外面からも美しくなる方法であると、リンダは教えてくれました。

コンセプトストアを経営するパリの先輩マダム

ふたりめにご紹介するのは、私が勝手にパリの先輩ママンと心から慕う、海外経験が豊富な日本人のマダムです(ここでは、Fさんとお呼びしましょう)。

Fさんは現在、パリでとっても素敵なコンセプトストアを経営していらっしゃいます。

Fさんは、イタリアにも長く住んでいらしたからか、イタリアの太陽のように陽気であたたかく、ハッピーなオーラが華奢な身体からいっぱいに出ています。海外で暮らすこと、子育ての悩み、いま考えていること…。会いに行くと、元気をたくさんもらえて、またがんばろう!と思える私のビタミン剤のような存在です。

大切にしている3つのエッセンスとは?

Fさんもリンダと同様、自分自身の声を聞くことが大切だと話してくれました。そんな彼女が大切にしている3つのエッセンスがこちら。

1.リスペクトする

「どんなときでも“ありがとう”という感謝の気持ちをもつ。30代は突っ走っていい。40代はそれまで重ねてきた経験や失敗を通じて得た、自分に足りない部分や気づきがある。たとえ難しいことが起こったとしても、それは通過点にすぎない。そしていま、すべてに愛情をもって向き合うことを実践中」

2.笑う

「何が起きても悪い方向に考えず、口角をきゅっと上げて、物事をポジティブに捉えています。笑うことは健康効果や、ストレス解消にも繋がり、いい効果しかない」

3.食べる

「美と健康は、食にすべてつながっている。いつも自分自身に何が食べたい?と聞く。その答えが、いまの身体の状態。これが、より深く自分を知るヒントになる」

余談ですが、Fさんはとってもお料理上手。作ってくださる絶品イタリアンは、本場で味わったマンマの味そのもので、我が家は完全に胃袋をつかまれております。

肌がとってもきれいなFさん。こっそり教えてもらったビューティの秘密は、天然由来のものを選び、良い波動を身体に取り入れることを意識すること。オイル美容派。とくにパリでも人気の「Shigeta」のシリーズを愛用していて、どうしても疲れているときはアイスランド発のブランド「Bioeffect」のセラムが優秀で肌を整えているそう。

バイオエフェクト セラム
バイオエフェクト セラム
BIOEFFECT
容量・本体価格 15ml・15,600円
発売日 2015/12/19
EX オイルセラム
EX オイルセラム
SHIGETA(シゲタ)
容量・本体価格 15ml・7,000円
発売日 2016/9/3

今回は、私が美しいと思うおふたりから貴重なお話を伺い、自分と向き合い、自身の声を聞きながら愛しむことが、内面からの美、そして外面の美にもつながっているのだと気づきました。他者へ愛と感謝を持って接することも、大切なエッセンスなのだと感じています。

素敵なお手本がいるという環境に感謝しつつ、私なりの理想の美しい人に近づけるよう、これからも日々精進したいと思っています。また来月のコラムで皆さまとお会いできるのを楽しみにしています。

執筆/茂田 栄子
編集/アットコスメ編集部

プロフィール:茂田 栄子

2010年よりパリ在住。コーディネーターをする傍ら興味の赴くままにパリの色々な話題のスポットを探検するのが趣味。ビューティ事情に興味を持ち始めた、14歳思春期女子の母でもある。

@cosmeベストコスメアワード2020 上半期新作ベストコスメ

@cosmeベストコスメアワード2020 上半期新作ベストコスメ

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE