2020/06/19

ナチュラルさや仕事への情熱…。シャーリーズ・セロンから「美しさ」を学ぶ

文字サイズ

2020年の上半期新作ベストコスメを発表! いま考えたい「美しさ」

「美しさ」の定義はひとそれぞれ。そこで、改めて「美しさとは?」について、美容皮膚科医の飛田砂緒さんにうかがいました。

私が思う美しい人、シャーリーズ・セロン

いつの時代もいる「美しい」人ーー。

そのなかで、私がいま思う「美しい」人、有名なハリウッド女優のシャーリーズ・セロンをご紹介します。

数多くの映画に出演する有名なハリウッド女優のシャーリーズ・セロン。私が魅力を感じるポイントは3つ。

1.ナチュラルな表情美
2.仕事への情熱
3.生き方から映し出される美しさ

全身のバランスや姿勢、とにかくナチュラルな表情が美しい。

そして、仕事に対する姿勢。

シャーリーズ・セロン主演の、アカデミー賞受賞作「スキャンダル」では、セロン自身がメイクアップアーティストのカズ・ヒロのメイク術に惚れ込み、当時映画の世界から引退していたヒロに直談判してメイクをお願いしたそう。セロンの映画にかける想いや情熱、頭脳明晰で人間味のあふれる様子に、外見のみでなく、生き方が美しいと感じました。

セロンは南アフリカ出身。彼女の家庭環境は複雑で、生い立ちでとてつもなく苦労したと、本で読んだことがあります。アメリカにわたり、努力を重ねていまの成功を手にしました。出身の南アフリカのために慈善団体を作ったり、南アフリカ出身の養子を迎えて育児にも取り組んでおり、前向きな姿に心を打たれました。

内面からにじみ出る「美しさ」

外見をナチュラルに美しく整えることは大切です。くわえて、美しさには内面からにじみ出てくるものも、とても大切だと考えています。

自分なりの方法で、自分が情熱をもつことのできる仕事であったり、生き方を追求すること。周りの人とのコミュニケーションを豊かにし、何か少しでも世の中のために役に立てることが、ひいては見た目をさらに美しくしてくれるのではないのでしょうか。

執筆/飛田 砂緒
編集/アットコスメ編集部

クリニックシュアー銀座院長
飛田 砂織 さん
美容皮膚科医。東京女子医科大学非常勤講師。 モットーは“Beauty, Healthy, Happy” 肌の若返り治療(しみ、しわ、赤み・小じわなどの改善)が得意。救急医として勤務後自ら肌荒れを経験し東京女子医科大学附属青山女性医…

@cosmeで関連キーワードの情報を見る

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE