文字サイズ

ビタミンC

強い抗酸化作用があるので、メラニン色素の生成を抑えて、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ働きがあります。薬用化粧品においてもっとも代表的なメラニン抑制剤であり、古くから使用されてきました。

【INCI】
ASCORBIC ACID

【中文名称】
抗坏血酸(维生素C)


【対応する悩み】
シミ
シワ
肌荒れ


【成分詳細】
形状は、白色の板状または針状の結晶性の紛体で、強い酸味があります。

強い抗酸化作用があるので、メラニン色素の生成を抑えて、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ働きがあります。薬用化粧品においてもっとも代表的なメラニン抑制剤であり、古くから使用されてきました。

その他、老化の原因であるフリーラジカルの発生を防ぐ働きや、コラーゲンの生成を促す働きがあります。

安定化誘導体は生体内のエステラーゼなどの酵素により、活性型のアスコルビン酸に変わることで美白作用を発揮します。

ビタミンCはアスコルビン酸ともいい、水溶性ビタミンで抗酸化作用をもちます。
容易に酸化されてデヒドロアスコルビン酸になり、生体内での酸化還元の役割を担っていると考えられています。

真皮のコラーゲン繊維の構成アミノ酸であるヒドロキシプロリンやヒドロキシリジンの生合成に関与しており、皮膚の弾力に関係していると考えられ、古くから美容に良いビタミンと考えられてきました。

また、抗酸化作用によりメラニン生成の酸化過程を抑制することで色素沈着が抑制できると考えられ、美白剤としても利用されています。

その作用は還元作用によるもので、チロシンからメラニンを生成するチロシナーゼ反応において、メラニン中間体のドーパキノンを還元してメラニン生成を抑制する作用と、濃色の酸化型メラニンを還元して、淡色の還元型メラニンにする作用の2つがあります。

ビタミンCは、安全性が高いのですが、安定性が悪いため、そのまま化粧品などに利用しても、なかなか効果を期待することは難しく、製剤の安定化を目的として種々の誘導体が合成されています。

パルミチン酸、ステアリン酸とのモノあるいはジエステルなど、アスコルビン酸を誘導体化したものや、近年では、安定性を上げた誘導体としてアスコルビン酸のリン酸マグネシウム塩や配糖体が開発され、肌荒れ、日焼けによるシミ、ソバカスを防止する目的で化粧品に使われています。

安定化された誘導体であっても、配合されている他の成分との影響や容器との相性もあるため、処方開発において経時的変化には注意をする必要があります。


【化粧品への配合目的】
酸化防止剤
香料
pH調整剤
皮膚コンディショニング剤

<情報提供>
一般社団法人 化粧品成分検定協会
<参考文献>
化粧品事典 / 日本化粧品技術者会 編 / 丸善株式会社
新化粧品学 / 光井 武夫 編 / 南山堂
化粧品成分ガイド / 宇山侊男・岡部美代治・久光一誠 編 / フレグランスジャーナル社

この美容用語をみんなに教える

Page Top

ログインして便利に使おう!

A-Beautyメニュー
コスメティクス
ビューティメソッド
ヘルスケア
ニュース
共通メニュー
プレミアム会員登録
プレミアム会員解約
サービス一覧
会社情報
利用規約・ガイドライン
運営会社
ヘルプ
ヘルプ
お問い合わせ
カスタマーサポートブログ
アンケートにご協力ください
PC版@cosmeトップ
アットコスメ宣言安心してご利用いただけるサイト運営を目指して
× CLOSE