1914views

創業者が来日!パルファン ロジーヌ パリの新作は愛の薔薇に包まれて

創業者が来日!パルファン ロジーヌ パリの新作は愛の薔薇に包まれて

美容ジャーナリストのユキリンです♪

パルファン ロジーヌ パリの創業者、
マリー・エレーヌ・ロジョンさんが来日され、
来年2月に発売となる新作フレグランス「ROSE D'AMOUR」や、
フレグランス界のお話を色々聞かせてくださるという、
プレス向けのお茶会が開かれました。

パルファン ロジーヌ パリは、1991年創業。

創業者マリー・エレーヌ・ロジョン氏の曾祖父は、
ナポレオン三世御用達の化粧品・香水を創っていたルイ・パナフュー氏。

幼い頃から曾祖父の残した香水や香水ビンに触れ、
香水が身近な存在であったマリー・エレーヌ氏は、
ジバンシィ、ピエール・バルマン、キャロンなどの有名香水メーカーを経験した後、独立。

1991年に、パリの名所 “パレ・ロワヤル” に、
パルファン ロジーヌ パリのブティックをオープンし、
「本当のエレガンス」を追求したフレグランスを求める女性に向け、
香りの発信を続けています。

ブランド名の由来は、
ルイ・パナフュー氏が、かつて創っていた ポール・ポワレの香水“ロジーヌ”。
天然香料をふんだんに使い、高品質でモダンなバラの香りのシリーズを発表しています。
現在5人のフランス人パフューマーにより、手掛けられています。

マリー・エレーヌ・ロジョンさん(写真右)と、
パルファン ロジーヌ パリを日本で扱う企業フォルテの吉岡代表(写真左)。
お二人の貴重なお話を拝聴させていただきました。

香水を楽しむ方を少しでも増やしたい。その想いは皆同じです。
デオドラントだけでは勿体無い。
下着のように香りを纏う。ファッションを着替えるように、香水を楽しむ。
それはとてもセンシュアルな自己表現。

「香りは自分を伝えるもの」


そう考えたら、自分に似合う香りはどんな香りなのかな?と気になってきませんか?

香水売り場にはプロフェッショナルな販売スタッフが沢山いらっしゃいます。
そして、僭越ながら私のように、ブランドを越えた立場で、
アドバイスできる人間もいます。

香水はちゃんと合うものを選びさえすれば、
自分も他人もむやみに頭を痛くすることはありません。
(体質によってNGの方もいらっしゃるかもしれませんが)

香りの世界を好きになって欲しい、そのお手伝いを私もしていきたい。
そう改めて思う機会となりまいた。

そして、今年の2月に発売となるのは、
ロジーヌの新作フレグランス「ROSE D'AMOUR」。

2016年2月17日限定発売

「ローズ・ダムール」


(EDP/50mL/¥15,120)
香調:フルーティーフローラル
調香師:デルフィーヌ ルボ


愛の薔薇と名付けられたこの香りは、
真っ赤なバラの愛あふれる快活なイメージに、
ローズガーデンの最もフルーティーな香りを放つバラ「アルベルティーン」の香りのイメージを乗せ、女性のピュアな愛や喜びを、ストレートに豊かに表現しています。

ミドルノートに登場する、
ややメタリックな雰囲気のデリケートなローズエッセンスと、
はちみつのように濃厚なローズアブソリュート。
2つは違う製造方法で得られるのですが、
製造方法によって対極のものが作られる花はローズだけ、
しかもセントフォーリアローズとダマスクローズのみだそうです。
また、バラも栽培される土地によって香りが大きく違ってきます。
(ブルガリア、トルコ、モロッコ、エジプトなど)

ラストはセダーウッド、サンダルウッドなどウッディのブレンドとなっており、
ムスク、アンバー、アーモンドの優しい甘さが愛の余韻を感じさせてくれました。

レッドのグログランのローズがついたキャップや、
ラウンド型のキュートなボックスも素敵です。

ちなみに、「ローズ・ダムール」のパフューマーであるデルフィーヌ ルポは、
ロジーヌ一番人気のヴィ―ヴ・ラ・マリエを作った方でもあります。
私のフレグランスエッセイ「五感を磨く、魔法の香り手帖」にも掲載していますので、
良かったらご覧くださいませ^^
http://cherishweb.me/21738

こちらは私の大好きな「ミュゲ ド ロジーヌ」。
すずらん、ローズに、ペアが組合せられている、モダンな香り。

そして!
11月15日に発売されたばかりのクリスマスコフレ。

「ゼスト・ド・ローズ コフレ」(¥11,340+税)
50mLのEDPと、同じ香りのボディクリーム30mLがセットとなっており、
ヴィ―ヴ・ラ・マリエのコフレもございます。

ゼスト・ド・ローズは、すっきり爽やかなバラとマテ茶(斬新!)が織りなす、
清涼感とエレガントを兼ね備えた香りです。
先日、自宅でシュッと吹いてみたところ、
冬の夜だというのに、爽やかなローズガーデンが一瞬現れたようでした。
香りの魔法ですね^^

ぜひこの機会に、パルファン ロジーヌ パリをチェックしてみてくださいね。
私もまたマダムにお会いできる日を楽しみにしております。


パルファン ロジーヌ パリ
http://www.forte-tyo.co.jp/brands/rosine/story.html

フォルテ
http://www.forte-tyo.co.jp/

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(2件)

  • 香りは自分を伝えるもの、本当にそう思います。
    ローズ大好きなのでパルファン ロジーヌは以前から気になっていますが、まだ入手したことはありません。
    ローズ・ダムール、ネーミングも甘いですが、香りの方も甘そうですね^^限定なので、早めに試香してみます。いつも貴重な情報ありがとうございます!

    0/500

    • 更新する

    2015/12/3 23:01

    0/500

    • 返信する

  • パルファンロジーヌの新作。
    しかもバラの素敵な感じの香り。
    楽しみです(⌒‐⌒)

    0/500

    • 更新する

    2015/12/2 18:48

    0/500

    • 返信する

フレグランス カテゴリの最新ブログ

フレグランスのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:4/1~4/8)

プレゼントをもっとみる