163051views

パウダーを極めれば、メイク直しの必要はない!最強パウダーテクニック!

パウダーを極めれば、メイク直しの必要はない!最強パウダーテクニック!

前回までで、下地、リキッドファンデとご紹介してきましたが、
今回は、ベースメイクの最後、パウダーのテクニックをご紹介します。
実は、パウダーテクニックを極めればベースメイクを制す
というくらいものすごく重要!
化粧崩れにも関わる大事なところなので、
ぜひお読みいただければと思います。


まず、無色透明でサラサラの『ルーセントパウダー』を、
付属のパフに取り、揉み込んで満遍なく粉体を
パフ全体に行き渡らせます。

そして、崩れやすい小鼻周辺と、

Tゾーン、

顎下と、

下まぶたの目のキワ、ギリギリに、
少し圧を加えながらのせます。

この下まぶたの目のキワは、
実はとても重要!
マスカラやアイラインが、ここに
にじんで黒くなりやすい人は、
必ず、このパウダーの防波堤を
作ってくださいね!





次に、肌色がついていて、触るとしっとりとしている
『ミネラルパウダー』を使います。
先ほど使った『ルーセントパウダー』は皮脂を吸着して
マットに仕上げるのに対し、
『ミネラルパウダー』は保湿しながら
肌を艶やかに仕上げるものです。
ですから、皮脂の出にくい部分は『ミネラルパウダー』
で仕上げた方が艶があり美しいのです!

このような、断面がばっさり平行に
カットされているブラシが、
オススメですよ!
粉体を満遍なく含ませて、

KOBAKOフェイスブラシO

筆を、垂直に肌にあてて、
優しくブラシを動かしていきます。
(力を入れすぎると、リキッドファンデがヨレやすいので
注意です!)

先ほどルーセントパウダーを塗っていない部位に、
塗布します。(艶やかに仕上げたいところに!)

そうそう!首にもミネラルパウダーを塗ってみて!
荒いキメが整います。


どうでしょうか?
崩れやすくて、サラサラでいたいところは・・・ルーセントパウダー(塩と呼んでいますw)
潤って、つやつやでいたいところは・・・ミネラルパウダー(砂糖と呼んでいますw)
という風に2種類のパウダーを使い分けるのがベスト!と
私は考えます。
面倒かもしれませんが、
朝のメイクでこのように仕上げておけば、本当に崩れないので、
日中のメイク直しがいりませんよ!


このテクニックは発売中のメイク本にも
記載しています。
おすすめのアイテムも複数、載せているので
ぜひご覧下さいませ!





★初のメイク本発売!重版決定!
「周囲がざわつく自分になる
大切なのはコスメではなくテクニック」
ダイヤモンド社
Amazonお申し込みは
こちら


★落ちないチークテクニック動画公開中
LAURIER

★驚くほどまつ毛が上がる!
ビューラーテクニック動画公開中LAURIER

★お金のかからないメイク小技3選LAURIER

★あなたの眉も絶対みつかる!イマドキ眉の作り方

★大人の口紅の選び方A-Beauty

★大人のファンデの選び方A-Beauty




このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(1件)

  • ちなみに、このメイクテクで使ったパウダーとミネラルパウダーって何ですか??気になります。特にミネラルパウダーの方が。。。

    0/500

    • 更新する

    2016/7/18 12:15

    0/500

    • 返信する

フェイスパウダー カテゴリの最新ブログ

フェイスパウダーのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:1/17~1/23)

プレゼントをもっとみる