5706views

ついに登場!「ティント」テイプのコンシーラーの正しい使い方☆

ついに登場!「ティント」テイプのコンシーラーの正しい使い方☆

「リップティント」は定番化され、ベースメイクも「ティント」タイプが出ないかな~と
思っているあなたに朗報です!!!

ついに「ティント」タイプの「コンシーラー」が登場しました!

えっ!?「ティント」タイプの「コンシーラー」って???
と思った方に、こんなアイテムです↓

⇒①色もちの良い「ティント」タイプ!
浸透カバー効果(※1)で、
ヨレにくく明るい肌を1日キープ(※2)します。
肌の奥から明るく、トーンアップした肌色へ整えます。

⇒②美容保湿成分を6種類も配合
・加水分解コラーゲン
・ヒアルロン酸Na
・セラミドNP
・ビタミンC誘導体(※3)
・プラセンタエキス
・オウゴン根エキス

⇒③塗布しやすい万能チップ
・くまなどの広範囲:チップ全体を使って塗布
・目尻やシミ・ニキビ跡など:先端の細い部分で塗布

色は左から、
01「ライトベージュ」
02「ナチュラルベージュ」
03「オークルベージュ」
の3色展開。

それぞれ、ご自分の肌の色と相談しつつ、
隠したい箇所によって使い分けるとGOOD!

ご参考までに↓
01「ライトベージュ」:赤みをカバー
02「ナチュラルベージュ」:主にくま・くすみをカバー
03「オークルベージュ」:オールマイティにカバー

ちなみに、コンシーラーの使用順は
この通りです↓
■リキッドファンデーションの場合
①ベース→②リキッドFD→③コンシーラー→④ハイライト→⑤フェイスパウダー

■パウダーファンデーション
①ベース→②コンシーラー→③パウダーFD④ハイライト→⑤フェイスパウダー


コンシーラーは、スティック、リキッドなど
形状によって使い方が異なります。
目周り・口角・小鼻などのよく動く部分は、
「リキッド」タイプが最適!

正しい使い方をしないとヨレてしまい、
ストレスを感じる方も多いのでは?!(+_+)

そこで、ここからはKパレットから発売中の
「コンシーラーティント」
塗布の仕方
塗布量を伝授します!!

ここがポイント!!
目の周りは重ねるほどにヨレやすくなるので、
なるべく少量
チップの先を使って、
トントンと点状においてください

そして、指の第2関節までを使って、
たたきこむように塗布していきます。
すると・・・
肌へフィットしてくれて、
肌の内側から色補正をしてくれます。

仕上がりはこんな感じです↓

いかがでしたか?

いくらポイントメイクをがんばっても、
ベースメイクが崩れたら台無しに・・Σ(T□T)

そんな悩みを解決してくれる「コンシーラーティント」
忙しくて化粧直しができない人や秋の旅行に
大活躍すること間違いなしです(〃∇〃)

(※1:角質層まで)
(※2:当社調べ。効果には個人差があります)
(※3:テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

化粧下地・コンシーラー カテゴリの最新ブログ

化粧下地・コンシーラーのブログをもっとみる

K-パレット のブログ

K-パレット のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ