1016views

私が実践しているほうれい線ケア

私が実践しているほうれい線ケア

こんにちは、コスメコンシェルジュのYURIEです。

ほうれい線の話題も今回で3回目となりましたが、今回は私が実際に実践しているほうれい線ケアについて紹介したいと思います。

まず、私が愛用しているほうれい線ケア用品を簡単に紹介したいと思います。

愛用中のほうれい線ケアグッツ


  • 豊麗EX PLUS
  • リスネコ(Lisnec)超音波ピーリング美顔器
  • KOSE クリアターン肌ふっくらマスク(50枚入り)
  • ヤーマンキャビスパRFコア
  • ナールスピュアローション

私がほうれい線ケアに今まで色々と使ってきて最終的に残ったのがこの組み合わせでした。

今までSKⅡの美容クリームやDiorの美容液と高級デパコスも使用しましたが私の肌にはあまり効果が実感できず色々と試している中でやっと見つけた組み合わせです。

私のほうれい線タイプは乾燥+ハリ不足タイプだったので保湿とハリをアップさせる美容効果が高いものを中心に使っています。

【実践しているほうれい線のケア方法】


私が念入りにケアするのは夜のバスタイム朝のメイク前の2回です。

まず夜のバスタイムでは湯船に浸かりながらトレフルのマッサージクレンジングでしっかりメイク汚れを落とします。

(面倒な時はオイルクレンジングでサッと落とす時もあります。)


メイクをしっかり落としたら湯船に浸かりながらヤーマンのキャビスパで顔全体を引き締めるためにマッサージします。時間はキャビスパが自動で切れるまで(30分)ほど頑張ってます。

お風呂上がりはナールスピュアローションを手にとって手のひら全体でしっかり顔に押し込むように馴染ませます。

乾燥が気になる時はHABAのスクワランをつけますが、夜は基本は化粧水だけであまり色々つけないようにしています。

(※目元はアイクリームを週3くらいでつけます)


朝起きたらぬるま湯で顔を洗い、KOSEのクリアターンパックをつけます。

パックを付けたらリスネコ(Lisnec)の美顔器の浸透モードにしてパックの上からほうれい線を伸ばすようにマッサージします。他の顔の部分も顔の中心から外に向けるようにマッサージしてパックの成分を浸透させていきます。

パックが乾いてきたら剥がして手でパックの残った液を馴染ませます、しっかり馴染んだら仕上げに豊麗EXをほうれい線部分を中心に顔全体に塗り込んで15分ほど放置して完了です。

後はいつもどうりにメイクをして出かけます。

ケアのポイントとしては肌にしっかり美容成分を導入することが重要です、あと夜のケアはあまりコッテリやりすぎると枕の雑菌などが顔について肌荒れの原因になることも考えられるので寝る前は素肌がサラッとした状態で寝るようにしています。

注意点としては寝室は湿度と温度を空気清浄機や加湿器で常に一定にするように設定しています。

こんな感じで私はほうれい線ケアをしています、ほうれい線で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ここで紹介したスキンケアグッツはYouTubeや運営中のサイト「女性ホルモンの神様」で掲載中ですので気になった方は気軽に遊びに来てください。

次回は抗シワ効果で有名なリンクルショットについて紹介します。


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

エイジングケア カテゴリの最新ブログ

エイジングケアのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:10/17~10/23)

プレゼントをもっとみる