2154views

Vol.12「夏本番!美味しくバランスよく食べて、夏バテに打ち勝とう!」

Vol.12「夏本番!美味しくバランスよく食べて、夏バテに打ち勝とう!」

梅雨が明け、一気に夏がやってきましたね。
例年以上に気温が高い日が続いているので、夏バテしている人も多いのでは!?

夏バテを防ぐポイントは一般的に、
① 水分はしっかりこまめに
② ぐっすり眠ってカラダを休める
③ 栄養バランスのとれた食事をとる
などと言われています。

暑くてだるくて、つい冷たい飲み物ばかりを飲んでしまい、消化機能が低下して食欲不振に陥りがちですが、③のバランスよく食べるはとくに、真夏のキレイを引き上げるという意味でも大きなカギに。

今回は、だるい夏でもちゃちゃっと作れて、夏バテもケア。夏にとくにとりたい栄養素を補えるレシピをご紹介します。


<ゴーヤとパプリカのツナチャンプル>
日差しの強い沖縄ルーツのチャンプルは、まさに夏バテしがちな時期にぴったりのメニュー。
抗酸化力の高いゴーヤとパプリカの組み合わせ。豆腐、卵、ツナでたんぱく質もバランスよくとれます。
具材を切って、フライパンひとつで、ちゃちゃっと炒めるだけ。夏の食欲をそそる一品。


【材料】
ゴーヤ 1/2本
パプリカ 1/2個
豆腐 1/2丁
ツナ缶 1缶
卵 1個
胡麻油 大さじ1
料理酒 大さじ1
めんつゆ 大さじ1
かつおぶし 適宜

【作り方】
① 豆腐はパックから出してお皿にのせ、上にお皿などをのせて10分ほど置き、水をきっておく。水を切ったら、食べやすい大きさにカット。
② ゴーヤは縦半分に切り、わたをとって薄切りに。パプリカも縦半分に切り、薄切りに。
③ フライパンに胡麻油を熱し、ゴーヤとパプリカをさっと炒め、軽く火が通ったら豆腐と料理酒を加える。
④ さらにツナ、めんつゆを加えてざっと混ぜたら、フライパンの半分に具材を寄せて、卵を割り入れる。卵は菜箸でくずしながら具材と絡め、卵に火が通ったらできあがり。
⑤ 皿に盛って、かつおぶしをトッピング。


<キュウリの梅和えサラダ>
しゃきしゃき食感が涼やかなだけでなく、水分排出をサポートしてむくみを防ぐカリウムを含むキュウリ。
疲労回復力、抗酸化力、整腸作用などが期待できる梅干しを組み合わせて夏の健康&キレイに効くサラダに。


【材料】
キュウリ 1本
梅干し 1個
オリーブオイル 大さじ1/2
かつおぶし 適宜
白胡麻 適宜

【作り方】
① キュウリを粗目の千切りにカット。食感を楽しみたいので、ザク切りでOK。
② 梅干しは種をとり、まな板の上で包丁で軽くたたく。
③ ボウルにキュウリと梅干し、オリーブオイル、かつおぶしを入れて混ぜる。
④ 皿に盛り、上に白胡麻をトッピング。


<桃モッツァレラ>
桃は、夏バテしがちな今の季節にぴったりのビューティ食材。
食物繊維の一種であるペクチンが胃腸の調子を整えてくれたり、カリウムがむくみ解消。鉄分やマグネシウムも含んでいるので、貧血や冷え性の改善などに。体を温める効果もあり、疲労回復もあります。
モッツァレラチーズを合わせていただくだけ、クセになる美味しさです!


【材料】
桃 1個
モッツァレラチーズ お好みの量で
ミントの葉 適宜
オリーブオイル 大さじ1
黒胡椒 適宜

【作り方】
① 桃、モッツァレラチーズを食べやすい大きさにカット。(今回はひと口サイズのモッツァレラチーズなのでカットはしていません)
② お皿に桃とモッツァレラチーズ、ミントの葉を盛り、オリーブオイルを回しかける。さらに黒胡椒をトッピング。


日焼けや噴き出す汗や皮脂に疲労感も相まって、夏は女性のキレイが悲しくも損なわれがちな季節…。
美味しく食べて体の中から元気に、をぜひ目指してくださいね♪


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

ライフスタイル カテゴリの最新ブログ

ライフスタイルのブログをもっとみる