8284views

【Lorettaあるある】パサパサ髪の強い味方!オイルやクリームは、いつつけるのが正解?

【Lorettaあるある】パサパサ髪の強い味方!オイルやクリームは、いつつけるのが正解?

こんにちは!ロレッタ広報担当の池内です。

今年の夏は、本当に暑かったですね。
紫外線をたっぷりあびて、髪がダメージを受けてパサパサ・・・
という方もいらっしゃるでしょう。

そんなときは、スタイリング前のケアや、紫外線などでダメージを受けた髪のケアに使える、
洗い流さないトリートメントの出番!
ロレッタで特に人気なのが、オイルタイプの「ベースケアオイル」と
クリームタイプの「ナイトケアクリーム」なんですよ。


でも、どのタイミングでどれくらい使えばいいの?という方が実はとっても多いんです。

そこで、レングス別、「ベースケアオイル」と「ナイトケアクリーム」の
おススメの使い方をご紹介しますね。

今回はそんな「ベースケアオイル」編です!


●オイルが髪を保護して、パサついた髪にツヤを与える!
ロレッタ ベースケアオイル
容量・本体価格 120ml・2,600円
発売日 2009/9/1

詳しい情報はコチラ!
https://www.cosme.net/product/product_id/2948976/top

商品のクチコミはコチラ!
「*:☆Maple☆:*」さんのクチコミ
https://my.cosme.net/open_top/show/user_id/1249193
https://my.cosme.net/open_entry_review/show/review_id/507075850
-------------------------------------------
のびがよく、ドライヤーで乾かすと、手触りがしっとりかつさらさらの手触りになります。
私の紫外線で傷みつつある広がりやすい太い髪の毛でも毛先まで
するんとまとまってくれます。
適当にボリュームダウンしてくれるような感じです。
-------------------------------------------

ベースケアオイルをつけるオススメのタイミングは、
髪が濡れているとき。
~~~~~~~~~~~

オイルは、ドライでも使えるものですが、
髪が濡れた状態で使うと、ドライヤーからの熱ダメージを防ぎつつ、
乾かしすぎず、適切な水分を髪内部に守ってくるから。

つまり、シャンプー後、軽くタオルドライした状態がベストです。

ではレングス別につける量とつけ方を見ていきましょう。

■ショートカットさんの場合

ベースケアオイルを1プッシュほど手の平に出します。

オイルを手の平でなじませたら、濡れた状態の髪の毛先を指でぎゅっとつまむようにして
オイルをつけていきます。

髪を下から上に持ち上げるようにして、全体になじませます。

オイルをつけたら髪を乾かします。
根元を中心に、しっかりと乾かしてくださいね。

こんなふうにしっとりとまとまりのある髪になりました!

■ロングさんの場合

ベースケアオイルを2プッシュほど手の平に出します。

オイルを手の平でなじませたら、髪が濡れた状態で、手ぐしを通すようにして、
毛先にオイルをつけていきます。


髪の表面を軽くつかむようにしてオイルをなじませます。

根元を中心に髪を乾かします。

毛先までスルンとした、まとまりのある仕上がりになりました。

いかがでしたか?

オイルをつけるときの注意点は、頭皮につけないことと、
最初から量を多くし過ぎないこと。
少し足りないかな?というくらいにしておいて、
足りなければあとから少し足すようにしましょう。

ベースケアオイルは、オイルといってもあまりベタつき感がないので
とっても使いやすいと思います。

パサついた髪、早くなんとかしたい!というときに
ぜひ使ってみてくださいね。

▼次回は、ナイトケアクリームの使う量とタイミングをご紹介します。




このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

アウトバストリートメント カテゴリの最新ブログ

アウトバストリートメントのブログをもっとみる