2101views

【41%割引】くっきりルテイン(リフレ)の効果や口コミに迫る!

【41%割引】くっきりルテイン(リフレ)の効果や口コミに迫る!

くっきりルテインは、視界がぼやける、かすんでしまう、といった目のトラブルを改善し、見えやすくするとともに光の刺激から目を守ると言われているサプリメントです。

新聞や雑誌などの文字がぼやけたり、かすんだり、長時間のパソコン作業がつらくなったりする症状や、光の刺激が負担になる状態はルテイン不足の可能性があります。

ルテインとは強い抗酸化力を持つカロテノイドの一種です。ホウレンソウやブロッコリーなど、緑黄色野菜に多く含まれているのはご存知でしょうか?しかし食物から摂取し、ルテイン不足を補うのは簡単ではありません。加齢による影響や目を酷使することで、ルテインは減少していきます。

皮膚や器官にも存在するルテインは、目の水晶体と黄斑部にとって重要なものです。ルテインが不足すると、水晶体などが正常に働かず、黄斑変性や白内障など老化による目のトラブルが起こりやすくなります。特にパソコンやスマホ、テレビなどから発生するブルーライトや紫外線は活性酸素を過剰に増やし、目のトラブルを引き起こす原因となりかねません。このときルテインは活性酸素のダメージから目を守ってくれるのです。

紫外線に近いブルーライトの波長は、長時間浴びることで酸化トラブルの原因になり、黄斑変性などになるリスクを高めます。パソコンやスマホなどから発生するブルーライトを毎日のように長時間浴びている場合は、注意が必要です。

ブルーライト対策としては、スマホやパソコンの使用をできるだけ短くし、休憩をとることが大事です。それでも仕事柄、画面を見ないわけにはいかないという方も多いでしょう。この場合、抗酸化作用のあるサプリメントを摂取するのも一案です。

▼くっきりルテインの効果

くっきりルテインにはどのような効果があるのか、見ていきましょう。

・光の刺激から目を守る

光の刺激から目を守る点は、くっきりルテインの効果の一つです。水晶体や黄斑部に存在するルテインは、紫外線やブルーライトなどの有害な光から目を守ってくれます。しかし、加齢とともにさまざまな刺激を受けてきた目はダメージも大きく、さまざまなトラブルを抱えているケースも少なくありません。

また黄斑色素は加齢とともに密度が低くなるため、目の機能は年々低下してしまいます。くっきりルテインは黄斑色素を増やし、光刺激から目を守る効果が期待できるのです。

・目のコントラスト感度を改善する効果

くっきりルテインの効果には、目のコントラスト感度を改善するという点もあります。目のコントラスト感度とは、ものの模様や輪郭の濃淡の境目がぼやけずに区別できる感度、明るさの明暗を識別できる機能のことです。

ものがぼやっとして見えたり、色の濃淡が識別しにくくなったりするのは、目のコントラスト機能が低下していることが原因。くっきりルテインはそういった症状を改善し、ものがはっきり見えるようサポートしてくれるサプリです。

ルテインはもともと人間の体に存在する成分であり、目の網膜や水晶体、黄斑部に存在します。しかし年齢とともに減少し、さらに体内での合成はできません。そこで食べ物から摂取することが必要になります。

健康な人で6~10mgのルテイン必要だと言われていますが、吸収率などを考えると、10~20mgの摂取が理想です。6~10mgというのは、ホウレンソウで約60g、10~20mgだとホウレンソウ約200gです。この量を毎日継続するのは不可能ではないものの、簡単ではありません。外食をすることもあるでしょうし、毎日食べるのは飽きてしまうこともあります。

このときサプリであれば、手軽に必要な量のルテインを摂取することが可能です。くっきりルテインには、機能性関与成分ルテインが20mg配合されています。そのうえ機能性表示食品なので安心して飲み続けることができるでしょう。特にパソコン作業やスマホを見る時間が長い人は、毎日摂取して目を守りましょう。

▼機能性表示食品とは

くっきりルテインは、「黄斑色素を増やし光刺激から守る」「目のコントラスト感度の改善」といった2つの機能を持つ、W機能性表示食品です。ところで、機能性表示食品とはどういったものなのでしょうか?

トクホと呼ばれる特定保健用食品や、栄養機能食品とは異なる機能性表示食品。これは事業者の責任において、科学的根拠をもとにその機能性を商品パッケージに表示するものとして、消費者庁に届けられた食品です。消費者庁のウェブサイトに情報が公開されていますので、心配な人はチェックしてみるといいでしょう。

▼機能性関与成分の「ルテイン」とは

機能性関与成分のルテインについて、もっと詳しく見ていきましょう。カロテノイドの一種であるルテインは、緑黄色野菜に多く含まれる、黄色やオレンジ、赤色などの色素です。人間の体内には目をはじめ、皮膚や乳房組織、子宮頸部、脳、母乳などに存在しています。

特に目の黄斑部や水晶体には多くのルテインが存在し、不足すると黄斑変性や白内障など、目の老化が進みやすくなります。ルテインは目の老化の原因となる活性酸素や有害な光を吸収し、目をダメージから守る働きをする物質です。しかし体内では合成されず、食事やサプリメントから摂取する必要があります。

目のトラブルの一つに加齢黄斑変性症がありますが、この疾患は老化とともに出やすくなるのが特徴です。ルテイン不足や光刺激などによる活性酸素が原因と言われ、近年では若い年齢でも黄斑変性を発症する人が増えています。食事でうまくルテインを補えていないほか、紫外線やパソコン、スマホなどを長時間使用していることが原因と考えられるでしょう。

黄斑変性症とは網膜の中心部である黄斑にトラブルが生じ、見えにくくなる疾患です。欧米で多く見られる疾患で、黄斑変性症が原因で失明する人も少なくありません。日本での発症は少なかったものの、生活スタイルの欧米化によってその患者数は増えています。症状が進行すると視力が低下し、運転をすることも読書をすることも困難になります。そうなる前にルテインを不足させないよう補給するなど、対策が必要です。

▼商品に使われているルテインの特徴

機能性表示食品であるくっきりルテインに使用されているルテインは、「高純度である」という点においてこだわりがあります。マリーゴールドの花弁から抽出した吸収力の高いフリー体のルテインで、マリーゴール色素は100mg、高純度ルテインとして20mgを配合しています。

▼ルテイン以外の原材料・栄養成分

くっきりルテインには、ルテインのほかにもその働きをサポートする栄養成分が配合されています。

・ヘマトコッカス色素(アスタキサンチン)
化粧品にも使用されるアスタキサンチンは、強い抗酸化作用を持つことで知られる成分です。アスタキサンチンは細胞膜に取り込まれ、細胞膜の中心部と膜内表面部の両方から抗酸化作用を発揮すると言われています。細胞膜の破損を防ぎ、細胞をしっかり守ってくれるのです。

・ココナッツオイル
ココナッツオイルは中鎖脂肪酸が多く、健康に優れた効果を発揮するとして注目を集めているオイルです。

・トマト色素(リコピン)
ビタミンEの100倍以上とも言われる抗酸化作用があるとされているほか、メラニン色素の生成を促す活性酸素を抑制し、美白効果も期待できます。

・中鎖脂肪酸(MCT)
体内での消化・吸収が早く短時間でエネルギーになるため、栄養補給がしやすく健康維持に役立ちます。

・ビタミンE
過酸化脂質の生成を抑制したり、血中の悪玉コレステロールの酸化を防いだり、細胞の酸化を防ぐ働きをする、抗酸化作用が高い成分です。血管を健康に維持する作用もあります。

・ウコン
ウコンに含まれるクルクミンには強い抗酸化作用があると言われています。さらに、悪玉コレステロールの吸収を抑制し、コレステロール値を下げる効果も期待できます。網膜症を引き起こす糖尿病の予防にも役立つ成分です。

▼価格・料金体系、送料等

通常価格は1袋1,706円(税込)、定期コースを利用すると毎月1,535円(税込・10%OFF)です。さらにウェブページからの申し込みで、初回は1,000円(税込・約41%OFF)、2回目以降は1,535円になります。

また定期コースお申し込みの場合、初回限定で乳酸菌とアミノ酸をプラスした基礎サプリ・マルチビタミンミネラル、リフレオリジナルサプリメントケースをプレゼントで受け取ることが可能。全国どこでも送料は無料です。

▼解約方法は?解約縛りは?

解約縛りはなく、解約やお休み、お届け間隔や個数の変更などはいつでも行えます。次回お届け日の10日前までに電話連絡をしましょう。

▼最安値は楽天?amazon?公式サイト?

くっきりルテインは2018年8月現在、楽天で1,706円、amazonでの販売はありません。ただし、公式サイトから買うほうが初回割引などを利用でき、最安値(送料無料)となります。

▼市販(薬局・ドラッグストア等での店舗販売)している?最安値は?

2018年8月現在、市販・店舗販売は確認できていません。仮にあったとしても、店頭で定期購入による割引は受けられない可能性が高く、やはり公式サイトが最安値と思われます。

▼推奨の飲むタイミングや正しい飲み方はある?

特に飲むタイミングに決まりはありません。1日1粒を都合のいいときに飲むようにしましょう。ただし、毎日継続して飲むことが大切なので、朝食のあとに飲む、寝る前に飲むなど1日のうちで飲むタイミングを決めておくと、飲み忘れなどを防ぐことができます。

基本的にはいつ飲んでもいいのですが、ルテインは脂に溶けやすい性質を持っているので、食後30分以内に飲むのがベターです。飲むときには水やぬるま湯で飲むと、成分に悪影響を与える心配がありません。

また、量を多く摂取すれば効果が出るというものでもないことに注意。必要以上の量を摂取しすぎると、健康に悪影響を及ぼすリスクもあります。パッケージに表示されている注意事項をよく確認し、摂取量や摂取方法を守って飲むようにしましょう。

▼視力回復にも効果を発揮する?

抗酸化作用の強いルテインやゼアキサンチンは、活性酸素の影響を受けやすい黄斑部を守る働きをします。この働きによって目のトラブルが改善されることは期待できますが、くっきりルテインはあくまでもサプリメントであり、治療薬ではありません。

ルテイン不足を解消することで、ぼやけやかすみなどの症状改善効果は期待できますが、視力回復のための薬ではないと考えましょう。視力0.1の人が1.0になるような効果は期待できないでしょう。

▼くっきりルテインの口コミでの評判は?

「ルテインの量が多く効果が期待できる」という口コミが多く目立ちました。ルテインサプリは数多く出ていますが、なかでもルテインを高配合しているのがくっきりルテインです。特に高純度のルテインを配合しているので、それだけ効果も期待できるでしょう。実際「目の疲れ方が違う」という声も多いです。

また「肩こりが楽になった」「頭痛の回数が減った」という口コミも少なくありません。肩こりや頭痛は、目の疲れが原因で起こることも多いものです。くっきりルテインで疲れが軽減されたり、見やすくなったりすることで頭痛や肩こり改善にもいい影響を与えるのでしょう。

「機能性表示食品だから信頼できる」という口コミも数多くあります。数多にあるサプリメントのなかから選ぶには、信頼できるものを選ぶことが大事です。その点、くっきりルテインは事業者が責任を持って機能を表示しています。安心して飲み続けられるでしょう。

▼販売元の「株式会社リフレ」とは

株式会社リフレは1994年に設立し、アイケア、エチケットケア、ヘアケア、ダイエットサポート、美容、健康など、美容・健康関連の健康商品を取り扱っている会社です。商品に使用する素材は、原産地や農法、安全性などを重要視し、厳選したものを使っています。

リフレ研究所を通して商品の価値を高めるとともに、素材にこだわった、安全性の高い商品を多く提供してきました。株式会社リフレでは、以下のようなさまざまなサプリメントを取り扱っています。

・ぱちっと
配合量にこだわったブルーベリーサプリです。北欧産のビルベリー由来アントシアニン、高純度のルテイン、さらに11種類の成分を厳選して配合しています。

・ブルーベリー&ルテイン
ビルベリー由来アントシアニンとルテインを贅沢に配合した、機能性表示食品です。目の疲労感を改善しながら、目の健康を守ります。

・ローズドレス
ダマスクローズオイルを含むバラの香り成分、エチケット成分である柿渋を配合した口臭サプリメントです。

・リフレのDHA&EPA
1日あたりDHAとEPAを980mg配合している機能性表示食品です。記憶力のサポートと血中中性脂肪の低下が期待できます。

・夢美粒
髪にとって重要なケラチンをはじめ、ミネラル、海藻、プエラリアミリフィカなどといった栄養素をバランス良く配合しています。

・13種類の飲むオイル
エゴマ、亜麻仁、ココナッツなどの健康植物油を13種類拝具した美容サプリです。αリノレン酸を中心に配合しています。

・リフレのぐっすりずむ
1粒に200mgのL-テアニンを配合したサプリ。睡眠の質の改善とストレスの緩和が期待できる機能性食品です。

・熟成 黒にんにく酢もろみ
活性酸素消去性が高いとされる三重県尾鷲の黒にんにくを使用しています。黒にんにくで作った和歌山のお酢ともろみも加え、アンチエイジング効果も期待できるサプリです。

▼特定保健用食品(トクホ)・機能性表示食品・栄養機能食品はなにが違うの?

特定保健用食品(トクホ)・機能性表示食品・栄養機能食品にはどういった違いがあるのでしょうか?それぞれの特徴を紹介します。

・特定保健用食品
パッケージに「特定保健用食品」の表示とマークが記されている特定保健用食品(トクホ)は、商品の有効性や機能性、安全性を評価されたものです。最終製品においてヒトでの試験を実施し、科学的な根拠に基づいて消費者庁長官が表示許可をしています。

「おなかの調子を整える」「血圧が高めの方に」「コレステロールが高めの方に」「血糖値が気になる方に」「食後の血中の中性脂肪を抑える」「骨の健康が気になる方に」などといった表示が認められています。

・機能性表示食品
パッケージに機能性表示食品と表示された食品は、有効性や機能性、安全性の評価において、最終製品によるヒトでの試験や文献、論文を引用するなどによって、科学的に根拠を示すものです。ただし、消費者庁長官の許可を受けたものではありません。

また機能性表示食品は、企業などの事業者が情報を公開することが義務付けられています。そのため消費者庁のサイトを見ることで、消費者は必要な情報を確認可能です。

・栄養機能食品
栄養機能食品は、食生活が乱れている人などに、1日で必要な栄養成分を補給してもらうことを目的に、目安としてその栄養成分の機能を表示することが認められているものです。ただし表示ができるのは、1日あたりの摂取目安量に含まれる栄養成分が国の定める上限・下限の基準に合っている場合に限ります。

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

健康食品・サプリメント カテゴリの最新ブログ

健康食品・サプリメントのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:2/17~2/23)

プレゼントをもっとみる