461views

[ニキビ・毛穴]とにかく殺菌・・・ではなくて、育菌です!

[ニキビ・毛穴]とにかく殺菌・・・ではなくて、育菌です!

なにをしている風でもないのに、いつも肌がキレイ。つやつやしていて、透明感があって、ゆらがない。

そんなうらやましい肌質の人、いますよね?


肌質の違いは、遺伝的なものや、食習慣など、様々な理由が考えられますが、肌の常在「」に目を向けたことはありますか?

人の顔には、約10億個の菌が住んでいて、肌のうるおいを保つために不可欠な存在。肌に存在する菌のことを総称して「皮膚常在菌」と呼びます。

」というと「アクネ菌」をイメージされる方が多いはず。にきびの原因菌として有名ですが、実は、肌のうるおいを保つ「グリセリン」を作り出すなどの大切な働きをしています。

また、数多くいる「皮膚常在菌」の中で、一番のヒーローは「表皮ブドウ球菌」。彼らは、皮脂や汗を餌とし、グリセリンを作り出すことで、肌を弱酸性に保ち、バリア機能を保ってくれる大切な存在。

そんな彼らが「心地良い環境」をいかに作るか、が、育菌のポイントとなります。
彼らを無差別に「殺菌する」なんてもっての他!肌の抵抗力が落ちて、悪玉菌が繁殖し、トラブルの原因に。「育菌活動」のポイントを賢く取り入れて、「天然美肌」を目指しましょう♪

育菌活動① 「毎日汗をかく」


肌の善玉菌は、皮脂や汗を餌として活動します。なので、1日1回は、湯船やスポーツなどで汗をかき、彼らの栄養をしっかり補給してあげましょう。

育菌活動② 「洗顔・ピーリングはほどほどに」


表皮ブドウ球菌は、角層の中に住んでいます。過剰な洗顔やピーリングは彼らの住処を奪ってしまうとになるので、控えましょう!

育菌活動③ 「まくら、スポンジ、タオルは清潔に」


せっかく良い菌を育てても、雑菌が繁殖した寝具やメイク道具を使ってしまうと、悪玉菌が増殖してしまい、育菌活動が台無しに。肌に直接触れるものは、なるべく清潔に保ちましょう。


★おすすめアイテム★


ALAVITA ブースターデュオ

菌が活躍しやすい「健やかな角層」を育んでくれる美容液。「光合成細菌」と呼ばれる微生物を使用した「5-ALA」というアミノ酸を配合していて、菌活に最適!いまのお手入れに1品プラスするのも◎。

わたしたちの素肌を守ってくれている「」を味方につけて、天然美肌を手に入れましょう♪


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

毛穴 カテゴリの最新ブログ

毛穴のブログをもっとみる