366views

FAGAの詳細

FAGAの詳細

女性の薄毛で、一番悩みの多い部分が頭頂部や分け目の薄毛です。

目立つし、隠すのにも一苦労な頭頂部や分け目の薄毛。

私の場合は、『自分より背が高い人と話したくない…』『座ってる時にこっち来ないで欲しい…』と、人に会うのさえ嫌でした。

そんなふうに性格まで暗くなってしまう前に、頭頂部・てっぺん・分け目の薄毛の原因と対策法をぜひ知っておいてください。

頭頂部の薄毛の原因を、部分とパターンから判定まず、FAGA(エフエージーエー)かそうでないかを判断します。

その判断規準となるのは、薄毛のパターンです。

てっぺん・頭頂部だけが、やけに薄い

写真のように頭頂部だけが薄く、側頭部や後頭部などは通常の濃さの場合は「FAGA」である確率が高いです。

男性の薄毛(AGA)と同じような薄毛になるのがFAGAの特徴です。

引用:つむじハゲ

側頭部や後頭部も含め、全体的に薄い


一方、こちらの写真のように頭頂部+側頭部や後頭部など、全体的に同じように薄いのであればFAGAの疑いは低くなります。

この場合は「休止期脱毛症」に陥っているかもしれません。

頭頂部や生え際、てっぺんが薄くなるFAGAとは?


男性の薄毛って、「全体的に薄くなる」よりは「頭頂部だけ」とか「生え際の後退(M字型)」が多く、しかも光を跳ね返すレベルでつるつるだったりしますよね。

でも、その割には後頭部や側頭部はフサフサしてたり…。

あの男性特有の薄毛の症状をAGAと言いますが、似たような薄毛が女性に起こると、その呼び方はFAGAとなります。

FAGAの原因女性ホルモンには、髪の毛を増やす・育成するという働きがありますが、男性ホルモンには、髪の成長を阻止し・短いまま脱毛させるという働きがあります。

男性が薄毛になりやすいのは、この男性ホルモンが女性に比べて圧倒的に多いからなんですね。

女性の体内にも男性ホルモンはあります。

普段は女性ホルモンの方が量が多いので男性ホルモンの影響はさほどありません。

しかし男性ホルモンの量はそのままに、女性ホルモンだけが減ってしまうと…?男性ホルモンの作用を抑えつけることができずにFAGAを発症してしまいます。

FAGAによって抜けた髪の毛は、短く・ナヨナヨした細い毛が多いのが特徴です。

(さらに詳しいメカニズムも気になる方はコチラのリジュン口コミについてのページもお読みください)

頭頂部だけでなく側頭部・後頭部も薄くなる休止期脱毛症とは人間の髪の毛のうち、9割の髪はまだまだこれから太く・長く伸びていく『成長期』の髪です。

残りの1割は『休止期』と言って、成長が終わり自然に抜ける髪です。

正常な人でも毎日髪はそれなりに抜けます。

これは普通です。

休止期が終わればまた新しい髪が生まれて成長期に入るので、抜けるばっかりでハゲるということは無いんです。

が、『成長期』の髪が何らかの原因によって普通よりも早く『休止期』となり抜けてしまい、しかもその『休止期』が通常より長く続くせいで新しい髪も生えてこなかったら…?

髪の毛の全体量が減り、スカスカと頭皮が透けて見える様になります。

これが『休止期脱毛症』です。

休止期脱毛症の原因


休止期脱毛症は、人によって原因がたくさん考えられるので『これが原因です』とは断定が難しいのですが、主なものとしては

Check!!
・環境の変化や精神的なストレスでおこるもの
・極度のダイエットや貧血などの栄養不足
・頭皮の炎症などを含む病気や、薬の副作用などが原因でおこるものが考えられます。

休止期脱毛症では、わりと太く・しっかりした長い髪が抜けることが多いです。

今まで普通に成長していたものが、突然抜け落ちるためです。

(さらに詳しいメカニズムや病気について知りたい方、女性のウィッグのページもどうぞ)



このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

美容のお悩み カテゴリの最新ブログ

美容のお悩みのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:4/9~4/16)

プレゼントをもっとみる