145views

排卵誘発剤で閉経が早まる?

排卵誘発剤で閉経が早まる?

排卵誘発剤を使用しても閉経が早まることはありません!


新宿にあります不妊治療専門のそあら鍼灸院の楠本です。
元気と明るさをモットーとし、患者様の笑顔を引き出していけるよう心がけています。


今回は排卵誘発剤と閉経の関連についてのお話です。




体外受精の誘発法で使用される事が多いクロミッドやHMG。

1周期で多くの卵胞が育つ優れものですが、その効果故、不安になる方も多いです。

不妊治療をしている患者様からよくいただく質問は

「排卵誘発剤を使用していると閉経が早まることはありますか?」

というものです。




毎月1つしか排卵されない卵子が排卵誘発剤によって1周期に数多く育つと不安になるでしょう。

しかし心配する必要はありません。




排卵誘発剤を使用しても閉経が早まることはありません!

毎月卵子が1つ排卵されますが、そもそも1周期に対して卵胞が1つだけが育つわけではないのです。


卵胞の成長


毎月複数の卵胞が育ち、さらにその中の選ばれた1つの卵胞だけが最後まで成長します。
その他の卵胞は吸収されて消えてしまいます。




排卵誘発剤を使用して成長する卵胞は本来吸収される卵胞です。

本来消えてしまう卵胞を成長させるので閉経の時期と排卵誘発剤の有無は無関係。




反対に「鍼灸治療をすると卵子は増えますか?」
と聞かれる事があります。


卵子は増えるものではないので鍼灸治療によって閉経時期が遅くなることはありません。




数は徐々に減ってはいきますが、良い卵子が育つ環境づくりをして、
これから成長する卵子が良好卵子になるように、
本来患者さん自身が持っている妊娠する力を養うことが鍼灸治療の目的です。





卵胞の反応を上げる


卵巣刺激をする際には、ホルモンに良く卵胞の反応して沢山採れてほしいと思うもの。
そあら鍼灸院では血流良くすることで、血液と一緒に運ばれるホルモンを卵巣までより到達するよう身体づくりを行います。

その場合は採卵する周期の前周期の高温期から、特に重要な時期としての鍼をお勧めしています。

採卵に関して気になることがあればご相談ください。


■■■■*・*・+【妊娠脈づくりの専門家】+* *・+◆◆◆◆
【脈診流そあら鍼灸院HP】
「妊娠しやすい身体づくりにとって一番大切なことは、妊娠している時に近い脈であること。
 西洋医学的な状況を把握したうえで、周期に合った治療のご提案をし、身体づくりを行います。」

【妊娠脈づくりの専門家によるそあらブログ】
不妊鍼灸治療のことやそあら鍼灸院のことなどを発信しています。

【ご出産報告集ブログ】
皆様が心を込めて書いてくださいました。当院の宝物です。
◆◆◆◆+* *・+・*・+・*・+* *・+・*・+*・*■■■■

そあら鍼灸院

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

サロン・クリニック カテゴリの最新ブログ

サロン・クリニックのブログをもっとみる

松本 敏樹さんの働いているサロン

東京新宿 不妊・不育専門の脈診流鍼灸院☆刺さない鍼で妊娠しやすい身体づくり

ご予約TEL

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ