302views

あなたのキューティクルはちゃんとある?画像が届く【新サービス】がスタート!

あなたのキューティクルはちゃんとある?画像が届く【新サービス】がスタート!

うるツヤ髪は女性の憧れ。
でも、いくらケアしても「スタイルがうまくいかない」と悩んでいる方、意外と多いんです。
LOUVRE(ルーヴルドー)では、髪のお悩みを解決すべく、新サービス『KamiMiru(カミミル)』をスタートしました!

★KamiMiru(カミミル)とは?★

『KamiMiru(カミミル)』は、髪を500倍に拡大してキューティクルの状態をチェックできるサービスです。



やり方は簡単!『KamiMiru(カミミル)』登録店で、髪を2本カットして毛髪研究の専門機関で電子顕微鏡にて撮影。1ヶ月後、メールが届きマイページで自分の髪の状態がチェックできます。
『KamiMiru(カミミル)』登録店にその画像を持って行けば、毛髪構造アドバイザーが現在の髪の健康状態とあなたにぴったりなホームケア方法をレクチャーしてくれます。

★美容ライターYさんの画像結果★


美容ライターYさんに『KamiMiru(カミミル)』を試してもらいました。
すると、1ヶ月後、衝撃の結果が…。

なんと、キューティクルがほぼゼロ!



これには美容ライターYさんも絶句。急遽毛髪構造アドバイザーのカウンセリングを受けていただくことに。話をする中で、美容ライターYさんの髪からキューティクルがなくなっていた4つの原因が見えてきました。



★美容ライターYさんのヘアダメージの4つの原因★

? 髪をゴシゴシ洗っていた
水分を含むとキューティクルは広がり、ほんの少しの刺激でポロポロと落ちてしまいます。
髪を洗うときは、手ぐしで梳かすように優しく扱いましょう。

② タオルでゴシゴシ拭いていた
まだ濡れている状態でタオルで髪をこすると、
水分を含み広がったキューティクルが剥がれ落ちてしまいます。
洗髪後は、タオルでポンポンと叩いて水分を丁寧に拭き取りましょう。

③ 高温のドライヤーで髪を乾かしていた
通常のドライヤーは120度以上の熱風で髪を乾かしますが、
高温は髪を傷める原因になると同時に、髪に含まれるタンパク質が固まり、
髪が硬くなってしまいます。髪を乾かす時には、80度以下の低温のドライヤーを使用しましょう。

④ ホームカラーをしていた
ホームカラーは誰でもきれいに染まるように強い薬剤が使われているので、
髪には大ダメージを与えます。
ヘアカラーは必ずヘアサロンで行いましょう。


実は美容ライターYさんのように間違ったホームケアで髪質改善しない方は多いのです。
美しい髪を作るには何が原因で髪が傷んでいるのかを正確に知ることが大切です。
ダメージヘアの原因を知りヘアケアに対する意識を変えると、
1週間で明らかに指通りが良くなり、手触りが変わってきたとか。


★KamiMiru(カミミル)を活用して理想の髪質を目指そう★


自分の髪の状態を知ることで、どんなホームケアをすべきかがわかるのが『KamiMiru(カミミル)』のすごいところ。あなたも髪質改善の第一歩として、髪の健康診断『KamiMiru(カミミル)』を受けてみませんか?

=================================
《KamiMiru(カミミル)は、どこでできるの?》
全国の KamiMiru(カミミル)登録店で、診断料 1回 2,000円でできます。
KamiMiru(カミミル)登録店舗一覧はこちら
=================================




このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

美容のお悩み カテゴリの最新ブログ

美容のお悩みのブログをもっとみる