330views

ベースから仕上げまで!オイルモイストなら一本で使い道いろいろ。

ベースから仕上げまで!オイルモイストなら一本で使い道いろいろ。

2018年11月にデビューした「mm(ミリ)」。今年4月に4品が仲間入りし、いよいよ9月にオイルモイストが発売され、全8アイテムが勢ぞろいしました。オイルモイストの魅力や上手な使い方を「silvet」の小野さんにお聞きしました。

小野桂奈杏さん(「silvet」トップスタイリスト)

■待ってました!「オイルモイスト
mm(ミリ)」は発売当初から全ラインナップを導入しているのですが、女性美容師さんが手がけているのがすごく魅力的。可愛くてどれも香りが
よく、全身に使えますし、酸化して特有の匂いが出ることもないので、使った方から大好評です。特に30代以上の大人世代の方がよく利用してくださっていて、春に出たワックスフォームもパーマの方を中心に人気があります。私は元々オイルがとても好きなので、オイルモイストが発売になるのを楽しみにしていました!


■濡れている時につけるのがおすすめ
オイルモイストは、モイストといってもベタつかず、サラッとした使用感でありながら、しっとりとした手触りにしてくれます。ハイダメージもしっかりケアしてくれますし、濡れている時に洗い流さないトリートメントのような感じでつけてから乾かすのがおすすめ。硬い髪質でもしっとりしなやかにまとめてくれます。オイル同様、ジャスミン系の癒される香りなので使うのも楽しくなると思います。

■オイルとオイルモイストの使い分けは?
オイルは軟毛の方やサラッと仕上げたい方におすすめ。オイルモイストは硬毛の方、毛量が多くて広がりやすい方、ドライ毛、しっとりとした仕上げが好きな方にピッタリ。オイルだとサラッとしすぎてちょっと物足りないという方には、オイルモイストをぜひ使ってほしいですね。


■重ねづけにも、アレンジのベースにも最適
オイルモイストを髪が濡れている時につけ、乾かし、乾いたら最後にまたつける、という感じで“重ねづけ”するのがおすすめです。私のように油分を吸収しやすい髪質の方は “重ねづけ”して、それからアイロンで巻いたりするのがいいです。髪を熱から守ってくれる成分も入っているので安心ですね。仕上げはオイルモイストだけでもいいですし、バターと混ぜてキープするのも◎。香りの変化も楽しめます。また、アレンジの時にベース剤としてつけて髪をしっとりさせたり、仕上げに使ったりすると、ツヤ感も出ます!濡れているときから乾いている時まで、ベースから仕上げまで使えるオイルモイスト、1本でいろいろ使えるので、ぜひ一度試してみてくださいね。




このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

ヘアスタイリング・ヘアアレンジ カテゴリの最新ブログ

ヘアスタイリング・ヘアアレンジのブログをもっとみる