345views

寒さが厳しくなってきた!今すぐやるべき『冷え改善』!!

寒さが厳しくなってきた!今すぐやるべき『冷え改善』!!

みなさん、こんにちは(^^)/
ルナソーレ美容鍼灸サロンの吉田です☆
11月も後半に入り、少しずつ寒くなってきましたね。

今回は『冷え』についてのお話です!

「冷えは身体に悪い!」
それはわかっているけど、きっとそこまで冷えに関して深く考えたことはないと思います。

身体を冷やすとどうなるのか、冷えを改善するとどれだけ身体にとって良いことがあるのか。
少し掘り下げてみましょう☆
『冷え』について興味がある方は是非最後までお読みください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①冷え症状を悪化させる現代の生活習慣

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
冷えが身体にとって良くない事と言われていますが、特に現代人の身体は冷えに弱くなっているんです。

■低体温の原因
・夏場の冷房
・運動不足
・食の変化
・ストレスによる自律神経の乱れ

など、現代の便利な世の中が実は身体にとってはあまり良くない方向にいっているのかもしれません。

■低体温による身体への悪影響
・免疫力の低下
・代謝量の低下
・肩コリ
・腰痛
・胃腸の不調

など、最近では35℃前後の方も少なくなく、低体温によって肩が凝りや腰痛症状や胃腸などにも悪影響を与えてしまっています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

②意外と気付いていない冷え、セルフチェック!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー手足の冷えを自覚している方は多いと思うのですが、
実は内臓が冷えていたり、自分が冷えていることに気づいていない場合もあります。
ここではご自分でできる「冷え」のセルフチェックをしてみましょう!


□手足の冷えを感じることが多い
□平熱が36.0℃以下である
□貧血気味だ
□夜寝つきが悪い、眠りが浅い
□朝、起きるのがツライ
□寝ても疲れが取れない
□午前中はやる気が出ない
□肩こり、頭痛がよく起こる
□慢性的な腰痛がある
□胃腸があまり強くない
□足がだるくなったり、つることがある
□お肌のくすみ感、肌荒れが気になる
□イライラしやすい
□やる気が出ないことがよくある
□運動不足だと思う


10個以上チェックが付いたら、冷えの可能性が大!!
5個以上のチェックは冷え、要注意!

ご自身の身体を理解して冷えてるかも!?と感じた人は冷え対策を心がけましょう☆



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

③冷えの原因BEST3をご紹介!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最初に冷えの原因が現代の生活習慣というお話をしましたが、もう少し詳しく書きたいと思います。

『冷えの原因その1:運動不足』


現代人は運動不足と言われているのは聞いたことがあると思います。
エスカレーターやエレベーターの便利な生活、移動も車や電車などで歩くことが少なくなっていませんか?
最近では子供たちも、家でも外でもゲーム、公園で走り回ったりする機会も減っているようです。
運動量が減ると筋肉の量も減ってしまいます。
血流を良くするのに筋肉量や筋肉の柔軟性はとても大切なのです。
血流が悪いと全身の冷えに大きく関わり、その中でも手足などの身体の末端は特に冷えてしまいます。


『冷えの原因その2:自律神経の乱れ』

体温を調整しているのは自律神経です。
自律神経が乱れると、身体の体温をうまく調整できずに冷えに繋がってしまいます。
自律神経と言ってもピンとこないと思いますが、例えば、夏の暑い日のキンキンに冷えた電車や職場によって、温度の変化によって身体がだるくなったり、夜、ベットの中でスマートフォンを見ていてなかなか眠れない、朝起きても疲れが取れないなどの経験はありませんか?また、午前中はなんとなくやる気が出ないなど。
それらは全て自律神経の乱れが原因と言われています。
自律神経が乱れてしまうと血液の流れが悪くなり、身体の冷えを感じてしまいます。

『冷えの原因その3:食生活の乱れ』

食生活の乱れも血流を悪くして、冷えの原因となってしまいます。
パンやケーキ類、白砂糖、コーヒーなどのカフェイン、野菜ではキュウリやトマトが身体を冷やしてしまうと言われています。
また、食事の時間もバラバラだったり、夜遅すぎるのも良くありません。
そしてあまり意識いないかもしれませんが、食事の際は早食いにならないように、良く噛んで食べるようにしましょう!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

④冷えの改善方法

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは次に冷えの改善方法をいくつかお伝えしていきたいと思います!
いきなり全てやろうとせずにできる事から意識してやってみて下さい。


■適度な運動

もちろんランニングをしたりジムでのトレーニングのような運動ができればいいのですが、まずは日常生活の中でできる事からやってみましょう!
●通勤時・お出かけ時にはできるだけ階段を使う!!
●お風呂上りや起床時に簡単にストレッチで身体を伸ばす!!
※エクササイズなんかでも大丈夫です!

意識することがとても大切です!身体の内側から熱を作り出して、血流を良くしていきましょう。


■睡眠

睡眠に関しては質の良い睡眠をとることで、自律神経を整えることができるのですが、睡眠はなかなかご自分でコントロールすることが難しいですが、睡眠にあたっての意識が重要です。
●睡眠の前はスマートフォンなどはできるだけ見ないようにする!!
●リラックスできるアロマを焚く!!
●足先や足首、お腹を温めながら眠る!!

より良い睡眠がとれるように意識してみましょう!

■食事改善

食事も冷えを改善するにあたって重要になります。
食べる物によって身体の内側から暖かくなるように心がけてみましょう。

<カラダを温める食べ物>
●ショウガ ●カボチャ
●タマネギ ●ジャガイモ
●納豆   ●キムチ
●玄米   ●ノンカフェインのお茶
●ココア
お酒はビールは身体を冷やすので、赤ワインや紹興酒などがおススメです。

■温活

温活と言っても色々ありますが、一番大切で簡単なものが以下のものです。
●腹巻
●レッグウォーマー
●靴下
●ホッカイロ
●湯たんぽ
●5本指靴下 ←オススメ!
●レッグウォーマー ←オススメ!

特におすすめは締め付け過ぎない5本指の靴下やふかふかのレッグウォーマーをするだけでも足の冷えだけでなく全身温かく感じてくると思います!
また、睡眠時には電気毛布ではお肌が乾燥してしまうので湯たんぽがおススメです☆



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑤まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いかがでしたか?
最近では特に冷えに悩む女性が多いと言われています。
でも意外と自分では冷え症とは思っていなかったという方もいらっしゃいます。
年齢と共に体質が変わったり代謝が落ちたり、生活習慣によって冷え症になったりします!
最初に書いたようにたった1℃でも身体に与える影響は大きいです!!
この季節になると身体を温めるグッズも色々出てますね☆
もう一度ご自身のお身体を見直して、冷えてるかもと感じた方は、できる事から冷え改善をやってみてください☆
冷えてない!と思っても身体を温めるって、免疫力があがったり、リラックス効果もあるので、是非温活を試してみてください(^^)/


最後までお読み頂きありがとうございました!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ルナソーレ美容鍼灸サロン】



【↓↓HPはコチラ↓↓】



【↓↓ご予約はコチラ↓↓】



ルナソーレ 美容鍼灸サロン

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

フード&ドリンク カテゴリの最新ブログ

フード&ドリンクのブログをもっとみる

吉田 浩司さんの働いているサロン

横浜市都筑区で美容鍼・小顔&骨盤矯正ならココ!センター南駅すぐ若返りサロン♪

ご予約TEL

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ