1885views

【初心者向け】眉メイクの基本~その1~

【初心者向け】眉メイクの基本~その1~

メイクの中でも、一番印象が変わるといわれる「眉」。
毎日なんとなく描いているけれど、本当にこれでいいのか自信がない…という方も多いと思います。
今回は、基本的な眉の描き方と、その注意ポイントをご紹介していきます!

今回使用したのは、前回の記事でもご紹介した、
今の季節にピッタリの「ワインレッド」が入った、アイメイクと眉メイク両方に使えるパレット♪

前回の記事>>
新色登場!深み赤茶カラーで、大人のアイメイク


CACメンブレン アイシャドウ&アイブロウ
4,500円(税抜)
アイシャドウ2色とアイブロウ2色、チップをケースにセットした限定メイク商品。
落ち着いた大人っぽい色味を組み合わせています。ブラウン系は、目もとにも、眉にも。ピンク系は目もとに。保湿成分に糖類・多糖類・アミノ酸を配合した、お肌にやさしい処方です。
≪肌にやさしいフリースペック≫
●旧表示指定成分●パラベン●シリコーン●鉱物油●紫外線吸収剤●カーボンブラック●有機色素●ナノ粒子


まずは、眉メイクのツールをご紹介↓↓↓

■スクリューブラシ
眉毛をとかしたり、毛の流れを整えたりするのに使います。
濃く描きすぎてしまったときにも、このスクリューブラシで簡単にぼかせます。

■アイブロウブラシ
パウダータイプのアイブロウに使うブラシ。
柄の長いものが描きやすいです。
アイシャドウブラシと比べて、固めの毛質。
毛先が広がりにくい細めのタイプであれば、眉尻の細めのラインも描きやすいです。

■チップ
意外と眉にも使えます。
眉ブラシがない時にチップでも代用可能。


つづいて、眉の描き方の流れ↓↓↓
ざっくりとした流れは、このようになります。

①毛の流れを整える
眉の毛の向きは、下の画像のように、眉頭は上に向かって、眉尻の方は下に向かって生えています。
この流れをブラシでとかしながら整えましょう。
眉も髪の毛と一緒で、意外と寝癖がついています。

《毛流れの方向》

②パウダーで色をのせていく
眉のパウダーの商品は、濃淡の組み合わせがセットになっている場合がほとんどです。
薄い色の方を中心に、眉頭から描いていきましょう。眉頭はぼかしながら薄めに、眉尻に向かって色を濃くするようにグラデーションを意識するときれいに仕上がります。
うっかり濃くしてしまったら、スクリューブラシでぼかしましょう。

③薄いところをペンシルで書き足す。
毛の量が部分的に少ないところや、眉尻などの細く仕上げるところはペンシルで書き足していきます。
※全体的に眉がしっかり生えている方は、ペンシルが必要ない場合もあります。

④完成!
左右のバランス、色の濃さがちょうどいいか確認して完成です。


次回も引き続き、眉メイクのポイントをご紹介する予定です。
ぜひチェックしてみてください♪

>>【初心者向】眉メイクの基本~その2~



CAC化粧品公式オンラインショップのキャンペーン詳細は、
コチラから!

大変おトクなキャンペーン情報が満載★★★
みなさまのご購入を心よりお待ちしております♪


-------------------------------------------
@cosmeで【CAC】をフォローしよう!
ブランドトップページにある「フォロー」ボタンからお気に入り登録をしていただくと、あなたのタイムラインフィードにお気に入りブランドの情報が優先的に表示されるようになります!
また、フォロワーの皆さまだけに届くダイレクトメールで、お得なキャンペーン情報などを受け取ることができます♪


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

眉メイク カテゴリの最新ブログ

眉メイクのブログをもっとみる