91views

ニキビがなかなか治らない!専門家が教える意外な原因5

ニキビがなかなか治らない!専門家が教える意外な原因5

気がついたらニキビができたときのあの最悪な気分。思い出すだけで憂鬱になります。

せっかくのデートがニキビで台無しなんて、避けたいもの。いったい何が原因なのでしょう? 主な原因として挙げられるのは、過剰な皮脂の分泌。過剰に分泌された皮脂が毛包にたまり、毛穴詰まりを起こします。その中でアクネ菌という細菌が増殖し、ニキビとなるのです。

そこで、専門家が教える意外な原因をご紹介。

1.スキンケア製品の成分

例えば、ミネラルオイル。強力な保湿成分として乳液などに入っていることがありますが、毛穴を詰まらせ、ニキビの原因になることも。

<対策>

使用中のスキンケア製品のラベルを確認してみましょう。ノンコメド処方と記載してあれば、毛穴を詰まらせないように処方した製品であるということ。

2.辛い食べ物

辛い食べ物によく含まれているトマトや唐辛子ですが、トマトや唐辛子に含まれる酸性リコピンが刺激となって、肌のpHが揺らぎ、ニキビの引き金になってしまう人もいるようです。

<対策>

まず、辛い食べ物をやめてみましょう。辛い物が肌トラブルの原因になっているかどうか確かめるには、1カ月ほど辛い物を食べずに様子を見てみるのがよさそう。それでも治らないようだったら、皮膚科医などにご相談を。

3.ヘアケア製品の洗い残し

シャンプーやコンディショナー、スタイリング剤などに含まれる洗浄成分の一部(硫酸化合物など)や保湿成分、シリコンなどが毛穴に入り込んで詰まらせてしまうことがあるそう。

<対策>

シャンプーやコンディショナーをすすぐ時には、洗い流しの水が顔や胸、背中に触れないように、首を傾けた姿勢でシャワーを浴びるよう心がけましょう。そして、必ず最後に顔を洗うように! 

4.肌への摩擦

こすればこするほど肌はきれいになると考えている人はいませんか? ニキビをこすってしまうと、傷ついた部分からアクネ菌を広げてしまうことになります。

<対策>

優しい洗顔を心がけましょう。そして優しいだけでなく効果的なスキンケアをすることも大切。

5.ストレスへの対策をしていない

ストレスがニキビを作り、ニキビが更なるストレスを生む??何という悪循環!医師によれば、基本的に人はストレスを感じると、コルチゾールと呼ばれるストレスホルモンなどを肌が分泌し、皮脂腺を刺激して、テストストロンが分泌されるそう。テストステロンは皮脂の分泌を増加させるため、毛穴を詰まらせる可能性があるのです。

以上です。みなさん、いかがでしょうか。




このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

美容のお悩み カテゴリの最新ブログ

美容のお悩みのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:9/24~9/30)

プレゼントをもっとみる