4275views

フエギアFUEGUIA 1833 開封の儀!

フエギアFUEGUIA 1833 開封の儀!

最近気になっていたフエギア。ついに私もフエギアデビューしました!

開封の儀。

紙袋はこんな感じ。
この紙袋、ただの紙袋ではないんですよ。紙袋はフエギアの香水をしっかり吸収するようにできていて、香水を紙袋にスプレーして置いておくとデフューザーの役割を果たすのだそうです。

私はタイースの香りをスプレーしてもらいました。20時間以上経ちましたがまだほのかに香ってます。

お箱はこちら。
しっかりした木箱に入っています。側面にはシリアルナンバーが焼印されています。

箱にロゴシールがすごくしっかり貼られているので綺麗に剥がすのに気を使いました。

箱の蓋を開けるとカードが3枚ほど。そして木の皮みたいなのに包まれた香水が。

ビニールやプチプチなどではないってところがオシャレかつエコですね。


木の皮の中にさらに地図の紙があってそれを剥がすと香水が出てきます。


やっと香水にご対面です笑
ガラス瓶に字が刻印されてて高級感あります!

私のファーストフエギアはムスカラフェロJの50mlです!

他にも好みの香りがあって迷いましたが、1つ目はやっぱりこれかなーと思いまして。

ブランドのコンセプトを読んでいくつかタッチアップして「このブランドは1つだけ買って終わり、はたぶんないな」と確信しました。


余談ですが、私が初めてフエギアに出会ったのは数年前。六本木に行った時に「オシャレで素敵な空間があるなあ」と思ってふらっとお店に入ったことがあります。

その時はお店はガラガラで店員さんも親切でした。

目に留まったのは、タゴール。

タゴールってインドの詩人でノーベル文学賞も受賞してる人ですよね。

お店の人にそれを言ったら「すごいですね。よくご存知ですね!」と喜ばれました。

どんな香りだったか忘れたけど笑
ものすごくお高いものだったので買いませんでした。

それが私とフエギアの出会いの思い出。。。。

六本木のグランドハイアットに用事なんてめったにないのでそれっきりになっていました。

それが、新宿伊勢丹でも買えるようになり、今回購入に至ったわけです。100種類ほどのうち、40種類くらいしか伊勢丹では取り扱ってませんが、売れ筋のものは扱ってくれてるみたいなのでとりあえず十分かなと思います。伊勢丹取り扱いの香り40種類を試香するのも大変ですし。

フェロJの使い心地はおいおいクチコミします!


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

香水 カテゴリの最新ブログ

香水のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:5/24~5/31)

プレゼントをもっとみる