18421views

眉メイクの基本~眉をキレイに見せるコツ~

眉メイクの基本~眉をキレイに見せるコツ~

前回の記事で、初心者でも簡単な眉の書き方をご紹介しましたが、今回はさらに眉をキレイに見せるコツをご紹介!
残念な眉にならないよう注意点も一緒に確認していきます。


前回の記事>>
眉メイクの基本~初心者でもカンタン眉のコツ~

前回は、パウダータイプ、ペンシルタイプを使った基本的な書き方をご紹介しましたが、
眉の毛の量、長さによっては下の画像のような“ちょっとザンネン眉”になることがあります。


まず、注意していただきたいことは、眉頭の濃さ
眉頭は描き足しすぎると、違和感が生まれやすく、威圧的な表情にも見えることがあるので、あくまでパウダーで薄く描き足す程度にしましょう。


パウダーで色を入れる場合、いきなり眉頭から色を入れずに、その少し手前(眉山寄りの位置)から描きはじめ、眉頭は軽くぼかしながら色を足しましょう。

また、方向がバラバラな毛の流れを整えることで、よりキレイな眉に仕上がります。

そこで今回注目するアイテムは眉マスカラ
髪を染めている方はとくに、眉メイクの最後に使ってもらうだけで仕上がりに差がつくのでおすすめです。
眉毛のカラーリングの役割のほか、方向がバラつきやすい毛の流れを整えて固定する役割もあります。
夏であればパウダーだけで仕上げる眉に比べて落ちにくくなるというメリットもあります。


【今回使う眉マスカラはこちら】
エヴィデンス アイブロウカラー
3,000円(税抜)2色展開
敏感肌の方でも安心して使えるように、できるだけ肌に負担が少ないよう成分を厳選した眉マスカラ。
髪色に合わせて自然な眉に仕上げます。
●保湿成分「糖類、多糖類、アミノ酸」配合。
●シルクパウダー配合
●紫外線吸収剤不使用


【眉マスカラの使い方】
Point①
まずは毛の流れに逆らって、眉尻側からつけていきます。
そうすることで、毛の裏側にもしっかり色が乗り、正面以外の角度からも眉がきれいに見えやすくなります。
この際、地肌につかないように気を付けましょう。

Point②
今度は眉頭から、眉尻に向かって毛の流れを整えるようにつけていきます。
マスカラの液がべったりとダマにならないよう、少しづつ丁寧につけていきます。

眉マスカラを使うと、毛自体に色が乗り、眉メイクに統一感がでます。
また、毛の流れがきれいに固定されることで、ぼさぼさした印象からあか抜けた仕上がりに。

【一緒に使いたい!おすすめ眉ペンシル】
眉尻や、細かい描き足しにはペンシルタイプを。
芯が硬すぎず、薄づきのため失敗が少ないCACのアイブロウペンシルをぜひ併用してください。
CACメンブレン アイブロウペンシル
1,500円(税抜)2色展開
敏感肌の方でも安心して使えるように、できるだけ肌に負担が少ないよう成分を厳選した眉ペンシル。
自然な硬さで描きやすいのが特徴。
●保湿成分「糖類、多糖類、アミノ酸」配合。
●シルクパウダー配合
●紫外線吸収剤不使用
色は自然なブラウン系の2色展開。


メイクの中で印象が左右されやすい眉メイク。
ぜひ参考にしてみてください♪

肌にやさしいCACの眉メイクアイテムで、肌トラブルのないメイクを楽しみましょう。

CAC化粧品公式オンラインショップのキャンペーン詳細は、
コチラから!

大変おトクなキャンペーン情報が満載★★★
みなさまのご購入を心よりお待ちしております♪


-------------------------------------------
@cosmeで【CAC】をフォローしよう!
ブランドトップページにある「フォロー」ボタンからお気に入り登録をしていただくと、あなたのタイムラインフィードにお気に入りブランドの情報が優先的に表示されるようになります!
また、フォロワーの皆さまだけに届くダイレクトメールで、お得なキャンペーン情報などを受け取ることができます♪



このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

眉メイク カテゴリの最新ブログ

眉メイクのブログをもっとみる

CAC のブログ

CAC のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ