5516views

大人のベースメイク その1 ファンデ選びに悩んだら、まずはトレンドの「ピンク下地」に注目を

大人のベースメイク その1 ファンデ選びに悩んだら、まずはトレンドの「ピンク下地」に注目を


ここ最近、久しぶりに高校や大学時代の友人と会う機会が続きました。
同年代の友人たちに最も聞かれた質問は何かというと「今、おすすめのファンデーションって何かな?」ということ。
実はコレ、ちょっと意外だったんです。みんな40代ですから、シミとかシワとか(なんならクリニックも含め)エイジングケアに関することかと思いきや、「最も興味があるのって、ベースメイクなんだ~」と。

で。
この質問への回答は(相手の方の年齢関係なく)ほぼ決まっています。
「ファンデーションより、まずは『下地』を1品取り入れてみたらどうかな?」ということ。特にこの2020年春、大人の女性には断然「ピンク下地」をおすすめしたい気持ちです。

(左から:モデリング カラーアップ ベース UV PK110 SPF40 PA+++ 30g ¥4,500/エレガンス コスメティックス、プレステージ ホワイト ル プロテクター UV シアーグロー SPF50+ PA+++ 30mL ¥12,500(2/28発売)/パルファン・クリスチャン・ディオール、RMK クリーミィ ポリッシュト ベース N EX-03 SPF6 PA+ 30g ¥3,500(3/1限定発売)/RMK Division)


ピンク下地のメリットは何かというと…?

1:肌トーンが均一に明るく整う
2:肌に自然な血色感を添える(ラベンダー色より、くすみがちな大人の肌にはピンクがおすすめ)
3:肌が均一に整うので、上に重ねるファンデの使用量が少なくて済む
4:「3」の効果により、素肌っぽい質感に仕上がる
5:ファンデの使用量が少ないため、結果として崩れにくくなる

という感じです(大人の女性にはいいことづくめかもしれませんね)

友人たちに「どんなファンデが欲しいの?」と聞いてみると
「ある程度カバー力は欲しい。シミや色ムラを隠したい」いう意見が圧倒的。
これをファンデ1品で何とかしようとすると、のっぺり厚塗りになりやすいんですよね。
一方で「ツヤ感は欲しい」「くすみを何とかしたい」という意見も多く、
これを無理なく叶えるには、ピンク下地を取り入れるのが、最も手っ取り早いのではと。

具体的には、ピンク下地でひとまず顔全体をトーンアップしておきます。
ファンデを使うのは、目の下や頬など、色ムラが気になる部分のみ。
こうすると素肌感を生かすことが出来ますし、自然なツヤが息づく肌へと導いてくれるはず。

折しも今シーズンは、ドラッグストアで気軽に買える UV ケアから、端正な仕上がりのデパートブランドまで、ピンク下地の「当たり年」。以下は個人的にオススメの3品をご紹介したいと思います 。


スキンケア効果×端正な仕上がりを両立する、クリスチャン・ディオール

スキンケア効果と素肌っぽい美しい仕上がりを両立するなら、クリスチャン・ディオールの「プレステージ ホワイト ル プロテクター UV シアーグロー」をぜひ。
紫外線、赤外線、ブルーライトなど、あらゆる可視光線から肌を守る効果が優秀なうえに、スキンケアと共通の成分が、肌本来の抗酸化力をサポートしてくれます。


テクスチャーは透け感があって、とてもなめらか。天然のローズライトピグメントを配合し、
この質感が本当にキレイなんです…! 幸福感あふれる血色と自然なツヤ感を添えてくれるはず。
ベースメイクとしてはラグジュアリーですが、日中もエイジングケアする美容液という立ち位置だと思います。


プレステージ ホワイト ル プロテクター UV シアーグロー SPF50+ PA+++ 30mL ¥12,500(2/28発売)/パルファン・クリスチャン・ディオール


透明感あふれる肌へ。メイク効果にこだわるなら、エレガンス

メイク効果で選ぶなら、エレガンスの「モデリング カラーアップ ベース UV PK110」がオススメです。
透明感と血色感のバランスがほんっとうに絶妙で、今回の3品の中では最も「メイク感」があるかも。
メイク感といっても、もともとの肌がパッと明るかったかのようなナチュラルな質感なんですね。


実はエレガンスは、コントロールカラーのパイオニア。シリーズ初代にあたる製品は1995年に登場し、現在まで進化を続けているそう。歴代アイテムは数々のベストコスメにも輝いており、個人的にもずっと愛用しています。

モデリング カラーアップ ベース UV PK110 SPF40 PA+++ 30g ¥4,500/エレガンス コスメティックス


毛穴レスのつるんとした肌を叶える、RMK

肌をほんのりトーンアップし、一枚ヴェールを羽織ったような仕上がりになる、RMKの「クリーミィ ポリッシュト ベース N EX-03」。凹凸の補正効果に優れているので、毛穴が気になる方にオススメです。
名前の通り、なじませた時はクリーミーな感触で、仕上がりは肌を磨き上げたようなつるんとした質感に。


薄づきで透明感が高いので、素肌そのものの質感を生かしてくれる点も◎。
お気に入りのファンデーションがあって、上に重ねたい方は重宝するかもしれません。
ほんわりとした、温かみのある表情に仕上がるのも特徴です。

RMK クリーミィ ポリッシュト ベース N EX-03 SPF6 PA+ 30g ¥3,500(3/1限定発売)/RMK Division


今回はデパートブランドをご紹介しましたが、この他にも敏感肌の方に向けたラ ロッシュ ポゼのピンク下地や、ドラッグストアで買える雪肌精やアリィーからも、ピンク下地が続々登場予定。
選択肢が豊富なので、お好みの1品に出会いやすいシーズンだと思います。

大人の女性にこそ、絶大な力を発揮してくれるピンクの下地。
もし、新しいベースアイテムを探しているなら。
そして、年齢と共に厚塗り感やベースメイクそのものに悩んでいるなら。
選択肢の1つとして、ぜひお試しを♪




このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

毛穴 カテゴリの最新ブログ

毛穴のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:4/1~4/8)

プレゼントをもっとみる