539views

ペンハリガン ポートレートシリーズ レビュー

ペンハリガン ポートレートシリーズ レビュー

ペンハリガンのポートレートシリーズにどハマりして、種類の半分以上を少量1mlで購入したので、ざっと感想を残していきたいと思います。
まだ持っていないのもあるので制覇とは言えないのですが、記録代わりに書いてみます。
上流階級の人物をテーマにしたという物語性のあるコンセプト、動物の頭のボトルデザイン、その世界観が大好きです。公式の相関図や人物についての説明も楽しいですよ!

◎気に入ってフルボトル購入した

・デュシェスローズ
冷えた飲み物のようにすっきりしているが、背後にあるウッディが物憂げで切ない。ほの暗いかと思いきやだんだん可愛らしさも出てきて、使いやすい。青臭くないし、そんなに甘くもない。かといってフローラルすぎないローズなのでちょうどいい。

・ムッシューボーレガード
メンズ向けかと思いきやうっとりするような香り。甘いんだけど、なめらかで静かな甘さ。スイーツの甘さではない。香ばしくておいしい香りもする。良い感じにレモンが溶け込んでる。一番好きです。
でも手首につけると強すぎて微妙なので衣服か下半身がおすすめ。

・アバウトザデューク
ペッパーが効いてる。薔薇といいつつ女性らしさのない、スパイシーでシックなローズ。スーッとしてて石鹸のようでもある。品のいい紳士だけれど堅物ではない、貴族の華やかさと妖しさみたいなものが思い浮かぶ。すごい、コンセプト通りだ・・・。
メンズ向けのローズってこんなに良い香りなんだ、と驚いたのでボトルお迎え。

・コンスタンス
まさに塩バターキャラメルそのもの!あまじょっぱくておいしい。私の肌ではタバコはあまり出てきません。なので最後までずっと甘いんだけれど、この塩加減のおかげでもたつかない。あとやっぱりお上品。他より香りは少し弱いかも?就寝前につけて朝まで残るけど、優しい。
上流階級の出身ながら古い習慣を無視し、型にはまらず、先進的な女性の香りが塩バターキャラメルって!なんか・・・いいね。


〇普通~好きだけどすぐに買うほどではなかった

・ローイングラドクリフ
ラムとタバコをしっかり感じます。けっこう甘い。退廃的で享楽的なイメージが浮かぶ。なかなか自分には似合いそうもないので保留。
ちなみに公式の説明文はラドクリフが一番好き――「すべてを失うその日まで、ポーカーをしませんか」。明日死んでもかまわないから楽しく生きたい、そういうのずるい。現実はそうもいかないから余計にずるい。創作ならではの世界観で好きです。

・レディブランシュ
理知的で隙のないフローラル。冷たくて古風な香り。ブランシュ夫人のイメージにぴったりなのですが、ちょっと堅苦しい香りで、纏ってもリラックスという気分にならないので微妙でした。同じフローラルならもう少しやわらかく愛嬌のある香りの方が好みです。
でも青や白、紫などクールなお色の着物姿の人からこの香りがしたら、ときめいてしまうかも。冷たく近寄りがたく美しい花のよう。


△全体としてあまり好きではない

・カズンフローラ
トップは入浴剤にそっくり。シュワっと鼻を通る。弾けるようなシトラス、といえばそうなのだろう。そのあとは意外にもウッディで、純真なだけではない落ち着いた香りが見え隠れする。でも75mlでほしいとまではいかなかった。

・カズンマシュー
ごめんなさい、ずっと入浴剤・・・。まさに森林の香りのよくある入浴剤。カズンフローラは変化があるので良かったのですが、マシューは徐々にダークになるとはいえ最後まで同系統の入浴剤の印象が拭えなかった。でも時折ふわっと鼻をかすめるときに、いい香りかもと思うときもあって、嫌いではない。


・・・以上です。
〇や△は、初めて使ったときは「これ苦手かも」となったんですが、二度目は「あ、ミドルは好きだな」とか「慣れると悪くないな」って感じたりして、絶対無理!っていう香りはなかったです。
ジョージ、ドロシア、ヘレン、テディ、クララ、サムはまだ購入していませんので、買ったら感想を追加できればと思いますが、いつになるかわからないので今の時点で記事にします。




このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

香水 カテゴリの最新ブログ

香水のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:7/1~7/8)

プレゼントをもっとみる