1224views

サンプルから始まる物欲無限ループ。

サンプルから始まる物欲無限ループ。

天気も良くて暖かい日が続きますが、職場と家の往復ばかり。家で過ごす時間が増えて、普段使わない本棚とかを整理したりしています。

その本棚の中に語学学校に通っていた頃のノートを発見。私はドイツ語をゼロから始め、トータルで9ヶ月学校に通いました。コースが終わったと同時に試験を受けました。

ドイツでの看護師免許に必要なドイツ語レベルがあり、そのレベルの公式なドイツ語資格を取らないと免許申請さえも受け付けてくれません。

ドイツ語の語学試験はかなり厳しく、リスニングや読解、作文などの筆記試験と口頭試験とあります。口頭試験は試験会場で初対面の人とパートナーを組みプレゼンテーションやディスカッション、問題解決と3点の課題がその場で与えられ、それぞれについて20分ほどで進めていきます。口頭試験は何とかクリアしたのですが、筆記試験は合格基準点にあと5点足らず( ; ; )

次合格しなかったらドイツに残るチャンスはないからね!日本かカナダに戻るしかないよ!


と彼に言われその後半泣きで復讐、いや復習、そしてドイツ語を始めてちょうど1年で合格することができました。試験に落ちた後が生きていた中で1番勉強した時です(笑)

筆記試験で1番苦労したのが作文。課題が2つ出るのですが、そのうち一つを選んで30分以内に150語以上で書くこと。課題はとある企業への志望動機など仕事の応募、とある研修や旅行、アイテムなどへの対してのクレーム、情報提供のお願いなどその時で変わります。

例えば日本語で

今日、私は買い物へ行きました。


と書くと句読点を含めて15字となります。これをドイツ語にすると

Heute bin ich zum Einkaufen gegangen.


となります。全部で31個のアルファベットで書かれていますが、ドイツ語の場合は単語1つが1語とカウントされるのでこの文は6語で構成されるとみなされます。ドイツ語は単語が長いので有名です。


なので150語となると結構あるんです。課題をまず選んで何を書くか考えているうちにあっという間に時間は過ぎる。しかもそのレベルにあった単語を使用しないといけない。もちろん文法や冠詞などのミスは減点対象となります。これは本当に苦労して、ノートを見返した時にその記憶が蘇りました(°_°)

二度と体験したくない出来事ですが、皆さまは1番苦労したこと、1番勉強した時はいつだったでしょうか?


コスメと全然関係ないことで長々と書いてしまいました(-_-)

前回の記事で紹介したDouglas ドグラスオンラインショッピングでのおまけ達。


9つのおまけアイテムが入っていたのですが、そのうちいくつかを早速使って気に入ったものがあるので書いていきたいと思います(´-`)


・IsaDora Gloss Stick Stylo



これはサンプルではなくて現品だったのですが。ほとんど色がつかなくてリップ感覚で使えます。SPF機能付きだけど荒れないし、しっかり長時間潤うのでこれは使い切る自信があります。普段持ち歩きのポーチに入れました。


・ANNAYAKE Cleansing Form



石鹸クレンジングに目覚めたのと、日本で買ってきたニベア しっとりタイプとパーフェクトホイップを使い切ってからはクレンジングフォームを使っていませんでした。そしてドイツでは日本でのようなクレンジングフォームが少ないです。

こちらのクレンジングフォームは無香料で硬めのクリーム状。少量でモコモコの濃密な泡ができます。1番初めは使う量が分からなくてとんでもないことになりました(笑)


洗い上がりはスッキリしているのにつっぱらない。久しぶりにクレンジングフォームもいいなと思ったアイテムです。ただANNAYAKEとあって現品は結構なお値段。100mlで5000円ほど。


ANNAYAKE アナヤケは日本のPOLAの海外向けデパコスブランドなのですが、ロゴの怪しさと特にフレグランス分野における謎のネーミングにおいて私の中で度々話題になっていました。でもドイツではとても人気と定評のあるブランドです。


右上から時計回りに
・Shiroi Kuroi
・Omiyage for her
・アナヤケロゴ
・Omiyage for him

一回使用量が少ないので長く使えるとは思うのですが、これまで洗顔などにそんな金額は払ったことがないのでちょっと躊躇してしまいます。でもそれを上回る気になる感(´-`)サンプルは15mlあるのでもうしばらく悩んでみます。


・it Cosmetics Your Skin But Better CC+



BBクリームは韓国のハンスキンに始まりスキン79など色々使いました。フレッシェルのも母にもらったことがあって1本使いました。今はニベアのBBクリームが手持ちにあります。


BBクリームはファンデーションより肌負担が少なくカジュアルに肌色や質感を整えてくれるものと私は思っていますが、CCクリームの位置付けがいまいちよく分かりません。

it Cosmeticsはブランド創設者Jamie自身が持つ肌悩みから生まれたアメリカのコスメブランド。

こちらのCCクリームはSPF50+と高い日焼け止め機能だけではなく、アンチエイジング効果や毛穴ケアなどマルチな機能のCCクリームとして数々のコスメ賞を受賞しているそう。

化粧下地として使うのか?普段は日焼け止め以外に化粧下地を使用しないのでよくわかりませんが、とりあえずこのCCクリームを使ってみました。

おまけの色はlight。使う量がわからずとりあえず小豆一粒分ぐらいを出して顔に伸ばしたところ

能面みたい…(°_°)


量が多過ぎたようです。ものすごいカバー力で、少量でもよく伸びます。手持ちのベースメイクの中では1番のカバー力です。

塗り過ぎたので1度落とし、改めて少しずつブラシで塗っていったところ

これファンデーションだよね( ゚д゚)


これ一本でベースメイクは仕上がります。セミツヤな仕上がりで、毛穴も綺麗にぼかしてくれます。そしてナチュラルなのに肌がものすごく綺麗な人に見える。

恐るべしCCクリーム。ファンデとの違いが分からないけれども。


パウダーで仕上げるともう完璧肌!サンプルは4mlですが、これもしばらく使えます。そしてlightが嬉しいことに色が合っていた(´-`)

仕事の時に使うと、マスクに少し色がついてしまいます。普段使っているランコムのタンイドル ヌードはその点強くてマスクに色移りはしません。

しかしマスクをしない時には崩れはほとんどなく、メイクを落とす時までキレイな状態を保ってくれます。

ついでにタンイドル ヌードと比べてみました。


タンイドル ヌードは緩い乳液状、itはクリーム状ですが写真ではあまりよく分からないですね。色味はitが気味が強め。でもどちらも私の肌トーンに違和感なく合います。


現品は32mlで4700円ほど。サンプルを使い終わった後に恐らく買うだろうと思います。


前回記事にしたランコムのマドモワゼルバーム、仕事の時に日替わりでつけています。


ただし通勤時は除く。というのも、ドイツでもマスク着用が義務化されたから。

これは駅での電光掲示板です。


距離を保ちましょう。鼻と口を覆いましょう。


とあります。カッコの後ろはPflicht 義務と言う文字が並びます。まさかドイツにこんな日が来るとは思いもしなかった( ゚д゚)

マスクの下に日替わりでマドモワゼルバームを塗ろうが誰も気付きません。私くらいの世代の人には分かるであろうネタ「私、脱いでもすごいんです」みたいな感じで、自分だけの秘め事のような気持ちで楽しんでいます(*´-`)


夜勤に行く途中の最寄駅。21時ぐらいの日が落ちていく時の様子がとても綺麗で思わずパチリ。


これも今だけで、これから夏至に向けては23時過ぎまで明るい時間が伸びていきます。普段の見慣れた光景ですが、なんだか癒し。


本日も最後までお読みくださいましてありがとうございました(*´-`)


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(5件)

  • 遅いコメントごめんなさい。
    itのCC、興味ありましたが、カバー力が半端ない感じでしょうか。カバー力高いタイプは失敗率が高いので、スルーかなあ。参考になる記事をありがとうございます!

    一番勉強したのは、うーん、大学時代かも?
    ドイツ語って単語長いですよね。でもって、子音が多くて喉で発音したりしますよね。
    専攻が哲学だったので、覚えているドイツ語が相当偏ってます。In-der-Welt-seinとか(笑)。

    0/500

    • 更新する

    2020/5/1 23:29

    0/500

    • 返信する

    ItのCCはファンデーション並みのカバー力ですが、伸びがいいので塗る量で濃さは調節できます。私もカバー力がありすぎるベースものは苦手なのですが、これはツルンとした綺麗な肌になりますよ(´-`)

    哲学を専攻していたなんてなんてカッコいい(*´-`) 私は未だにRとウムラウトの発音が苦手で、仕事でもよく使うRoentgen レントゲンがなかなかです。レントゲンはRもウムラウトも入った単語なので手強いです。就職したての頃に他の課でレントゲンが上手く発音できないアジア人として一気に有名人になってしまったことがあります。なんと不名誉な(笑)

    0/500

    • 更新する

    2020/5/2 00:41
  • こんにちは~!サンプルからの物欲の無限ループ、めちゃめちゃわかります。(笑)
    わたしも部屋の掃除をしていたらごっそりサンプルが出てきてちまちま使ってるんですが、まぁこれがどれもこれ良くて買うんや...みたいな気持ちになっています。
    以前のブログにも登場したアナヤケはたっぷり使えそうでサンプルなのにすごいです...!!太っ腹...!!この極度乾燥(しなさい)的なセンスはわりと好きだったりします。旅行で今後ドイツに行く機会があったら買ってしまうだろうと思ってます。(笑)

    0/500

    • 更新する

    2020/4/28 11:39

    0/500

    • 返信する

    私もこれまでサンプルが気に入って現品を購入したこと多々ありです。特にフレグランスがこれまで多かったかも( ゚д゚) 店頭で一回テスターした時には気に入らなくても、サンプルで何回か使ううちに気に入ってしまったりとかですね。まんまと罠にハマっています(笑)

    アナヤケの洗顔がこれまたよかったんですよ。でもちょっと高いなあ…今洗顔に使っているのは台湾で買った一個100円ぐらいだった石鹸なのですが、これが50個ぐらい買えるアナヤケ。本当に迷います(°_°) でもこの台湾石鹸もめちゃくちゃいいんです!もしまた台湾に行く機会があったら絶対買いますね。

    コロナが収束してまた自由に行き来できる日が来ましたら、ぜひドイツにも来てください(*´-`) アナヤケとお待ちしています(笑)

    0/500

    • 更新する

    2020/4/29 06:33
  • こんにちは(*´∇`*)
    色んなサンプルをたくさん見られて楽しかったです。
    相変わらずANAYAKEの破壊力が凄いですね。日本のPOLAはスタイリッシュなので、名付けも含めて謎過ぎます。

    ドイツ語の試験、めちゃくちゃハードモードで難関だったのですね!話を聞いただけでクラクラします。1年で合格されるなんて凄い!
    わたしが一番勉強したのは中学3年生の時でした。高校では全然勉強が手につかなかったので、今でも勉強してなくて焦る夢を時々見てしまいます(´▽`;)ゞ

    0/500

    • 更新する

    2020/4/27 08:27

    0/500

    • 返信する

    こんなにもらっていいの!?というぐらいガッサリおまけが入っていました(´-`)でもしっかり試せてしかも購入候補まで出てきたので、ドグラスはなかなか商売上手だなと思います。

    ANNAYAKEのフレグランスは日本人からしたら面白路線ですよね。「おみやげ」とかどこからそんな発想が出てくるのかとても気になります。試作段階で「ああ、これはお土産を想像させるわ…」みたいな会話でも繰り広げられたのでしょうかね(笑)

    ドイツ語の試験は手強くて、日本で受けた英検やTOEICのような感じを想定していたら全く違って戸惑いました。

    中学、高校時代は授業中特に午前中居眠りばかりだったんです。もうどんなに寝ても眠くて。その頃鼻炎に悩まされていて母が市販で買って来た鼻炎薬を毎朝飲んでいたのですが、睡魔が鼻炎薬の副作用であったことは看護師になってから知った次第です(°_°)

    0/500

    • 更新する

    2020/4/27 23:18
  • ILTさん、こんにちは^ ^

    海外での看護師免許について、私はILTさんの存在を知った時から気になっていたのですが謎が解けました!
    想像を絶するほど大変な努力が必要だったと思います。尊敬しています。

    私は大学受験が結構トラウマな思い出で、今でも夢にでてきます( ; ; )悪夢です。

    ポーラの海外向け知りませんでした!すごい破壊力のロゴやデザインで、朝からニンマリしてしまいました。ポーラ愛用者の一人としてこれでいいのか!?と思いましたが海外の方はこういうやり過ぎなジャポニズムが好まれるのもわかるのでなんだかモヤモヤ。笑

    逆に、資生堂インターナショナルの容器デザインは流線的でスタイリッシュだしカタカナとかもないのでブランドネームの違いなのでしょうか。

    0/500

    • 更新する

    2020/4/27 06:46

    0/500

    • 返信する

    看護師免許よりもドイツ語の方が苦労しました(°_°) もっと上達しないといけないのですが、明日にすればいいやとおサボりがちです(笑) 受験とか試験とかもう大嫌い。トラウマになるの分かります。

    ANNAYAKEは私もはじめは素通りだったのですが、ある日ロゴが日本語なのに気付き、そこでPOLAの海外向けブランドだと知りました。カネボウのSENSAIが日本に逆輸入されたように、ANNAYAKEもそのうち日本に入ってくるかもしれませんね(´-`)EDPのOmiyageは面白いネーミングですが、日本円で1万円以上と可愛くないお値段です。ただ普通にいい香り。ANNAYAKEのフレグランスはどれも上品な香りで、「とも」というフレグランスはテスターで気に入ってレジに持っていく寸前でした。

    0/500

    • 更新する

    2020/4/27 23:05
  • BBはカバー力、CCは肌補正、と資生堂さんのブログをたまたま見たばっかり(笑)
    私は今初めてCCを使ってますが、やはりカバー力は低め、下地レベルかなと。BBやCCは、これ1本で仕上がるのが魅力ですよね♪
    サンプルでいい商品に出逢えて良かったですね。

    私は高校時代が一番勉強しました。進学校だったのもあり、朝も7時半から授業。宿題するだけで3~5時間かかってました。学校の自習室に夜8時まで。
    12時間もいたんですね(^^;脳ミソ溶けそう~、とよく言ってました。数学は60点以下が赤点で追試でした。クラス全員が追試の時もありました(笑)
    勉強6:恋愛3:ダンス1の高校生活は最高に楽しかったです♪
    英語は苦手でした↓なので、看護師+語学堪能なILT様は本当にすごい!エライ!マジ尊敬です!

    0/500

    • 更新する

    2020/4/27 06:25

    0/500

    • 返信する

    CCは肌補正なのですね( ゚д゚) itのCCクリームはカバー力もすごくて正直ファンデーションとの違いが分からないと思いました。私は下地とか使わないので、これ一本で仕上がるのは嬉しいです(´-`)

    私も高校時代は朝と夕の課外がありましたね。朝の課外は0時間目と呼ばれていました。何をそんなに勉強していたんだろう?と今ではもう覚えていませんね(笑) 自転車通学だったのですが、10キロちょっとの道のりを1時間近くかけて行っていたのがそのうち筋力がついたのか30分で通えるようになりました。

    私は学生時代、英語は好きだったけど得意ではなかったんです。初めてカナダに着いた時にはあまりの英語の分からなさに頭が真っ白になって現実逃避しそうでした(*_*)

    0/500

    • 更新する

    2020/4/27 22:56
  • もっとみる

ベースメイク カテゴリの最新ブログ

ベースメイクのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:10/17~10/23)

プレゼントをもっとみる