311views

髪にダメージを与える要因って何だろう?髪のお悩み疑問解決★

髪にダメージを与える要因って何だろう?髪のお悩み疑問解決★

こんにちは。
トータルビューティーアドバイザーの鈴木さやかです。


今日は、
髪の毛をテーマにお届けします。
★お客様からご質問が多いテーマをピックアップしてご紹介しています★
毛髪にダメージを与える要因は、下記があげられます★
①熱
②摩擦
③アルカリ
④紫外線

①熱
毛髪は熱に弱く、乾いた状態では180℃くらいでタンパク質に変性をおこすといわれています。湿った状態ではもっと低い温度でも変性がおこります。
毛髪が水分を含んでいるとダメージを受けやすいのでしっかりタオルドライをしてあげましょう。
ドライヤー選びも大切です。
私はこちらを使っています★
パナソニックヘアードライヤー ナノケア★

髪をふくタオルは友人からプレゼントでいただいた
「育てるタオル」を使いはじめました。

使いこむほどふっくらするというコンセプトの商品。
ふわふわで気持ちよくおすすめです^^

②摩擦
毛髪を乾かさず寝ると、摩擦でキューティクルがはがれてしまいますのでしっかり乾かしてから寝ましょう。

③アルカリ
ヘアカラーやパーマの成分によってはキューティクルが溶けてしまい、髪の毛が1回で約0.03mm細くなってしまうといわれています。

④紫外線
肌と同じで髪も紫外線ダメージを受けます。ダメージが進むと毛髪内部が空洞化しやすくなります。

お家時間が多くなる今だからこそ、ヘアケアをしたり、ヘアグッツを見直してみたりするのもおすすめです★

本日もお読みいただきありがとうござます。


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

サロン カテゴリの最新ブログ

サロンのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:5/1~5/8)

プレゼントをもっとみる