787views

モグニャンキャットフードの口コミレビュー!シニア猫にもおすすめって本当?

モグニャンキャットフードの口コミレビュー!シニア猫にもおすすめって本当?

愛猫の元気な毎日を支える、キャットフード。その健康を守るためには、高額なものでも構わずに購入していました。

そんな生活が続いて、もう11年。お金がかかるのは、まあ猫ちゃんのためなので仕方ないけれど、そろそろシニア猫用の食事に変えた方がいい年齢かなと思い始めました。長年使い続けて来たフードの代わりを、探す時が来たようです。

そして色々なキャットフードを調べて、たどり着いたのが「モグニャンキャットフード」です。


モグニャンは、赤ちゃんからシニア猫まで、オールステージ対応のごはんです。

これなら、おばあちゃんになって来たうちの猫でも大丈夫!もし年齢がバラバラの猫たちを複数飼っていたとしても、これなら一種類で対応できますね。

さて、大事なのは中身です。ネット上での口コミは、なかなかに高評価なものが並んでいました(もちろん低評価な口コミもありましたけど)。

それだけに、さぞかしお高い商品なんだろうなあと思っていたのですが、定期コースで最大20%オフなどお得な特典がある模様。高品質で、お手頃な価格なら、それに越したことはないですよね。

それに、猫が毎日ちゃんと食べてくれるかも大切な要素です。まずは、お試しで、実際にモグニャンキャットフードを届けてもらいました。

★公式サイト⇒ モグニャンキャットフード



モグニャンキャットフードを開けてみた!


袋は空気が抜かれて、きゅっと締まった状態で到着しました。開いてみると、中はジッパー付きになっています。


驚いたのが、このジッパー、今までのフードで使われていたものとは大きく形状が異なるんです。

普段私たちが食べる食品でもよく見るような、一本線を合わせて閉じる形式ではありません。まるでマジックテープのように、噛み合う箇所がたくさんあるジッパーなのです。

今まで使っていたジッパーと比べると、閉じた部分が外れにくい印象です。空気を追い出しつつ端から閉めるという行為がやりやすくなって、簡単に新鮮さを保つことができますね。

そして、袋を開けた途端にぱっと香ってくる匂い。少し強めのこれは、どうやら白身魚の香りのようです。
猫が好きそうな香りですね。でも、どうしてこんなに強く香るんでしょう?

匂い付けされているのかと思ったのですが、人工の香料は一切使用していないとのこと。高タンパクゆえの香り高いごはん。素材そのものの色や味も大切にされ、人工調味料も着色料も使われていません。

毎日のものだから美味しく食べてほしい。なおかつ、だからといって添加物だらけのものはあげたくない。そんな飼い主の思いを叶えてくれる、嬉しいこだわりです。

さて、フードの粒はこんな感じ。小粒で食べやすそうです。


赤ちゃんからシニア猫まで、というのは、こういうところにも現れているのですね。

粒の大きさは約7mm。トッピングにも使いやすいので、他のごはんと合わせて栄養の調整にも使えますね。うちの猫は、美味しいごはんは勢いよく食べてしまうので、小粒ならのどに詰まらせる心配もなさそうです。

そして、白身魚の匂いを嗅ぎ付けて早速猫ちゃんが寄って来ました。本当はお皿に入れてあげたかったのだけれど、それを許さない速さで興味を示し食い付きました。やっぱり、この香りが好きみたいです。

うちの子はどちらかというとウェットフードの方を好むのですが、このモグニャンキャットフードはドライタイプでも同じくらい夢中になって食べていました。

ウェットフード好きの猫は多いみたいですが、水気がある分、保存期間を延ばすための添加物が入っていることも多いと聞きます。そのリスクを回避できるドライフードで、同じくらい興味を示してくれるのなら嬉しいですね。

いったい主成分はなんなのだろうと見てみると、なんと白身魚が63%以上とたっぷり配合。なるほど、猫は本来肉食なので、ドライフードでもお魚の風味が生きているモグニャンは食欲がそそるわけですね。


モグニャンキャットフードの素材は良質な厳選素材!


単に、素材の良さを生かしましたよ! というだけで終わらないのがモグニャンキャットフードのすごいところ。低脂肪で高タンパク、消化吸収もいい白身魚以外にも、厳選された素材が多く使われているのです。

まず目立ったのが、袋の裏面に書いてあった、リンゴやクランベリーの文字。

キャットフードにそれが……? と思うようなものが、原材料欄にあるのです。

実は、リンゴやクランベリーなどのフレッシュな食材は、愛猫の元気や体のバランスをサポートするために配合されているそう。

例えば、リンゴに含まれるペクチンは、体の調子を整えてくれます。そしてリンゴ酸やクエン酸で、活力維持をサポート。ポリフェノールは、いつまでも健康な体を保つ効果が期待できます。

更に、クランベリーには尿を酸性にする効果があり、ストルバイト尿石症の予防にも役立ちます。

生のままの果物なら、肉食である猫にとっては消化しづらいものですが、こうやってフードに配合してくれると与えやすくていいですね。

他にも、健康食材としてサーモンオイルなどが使われています。
猫が大好きなお魚要素というだけではなく、身体機能の維持に重要な必須アミノ酸を含んでいます。

それだけに留まらず、バナナやサツマイモにカボチャ、ヒマワリオイルにビール酵母……。


これはもはや、人間でも食べられるのでは?というレベルのラインナップです。

そしてしっかり、パッケージの裏面にも「モグニャンで使用している原材料は、すべて人間が食べられる食材です」と書いてありました。

「ペットに食べさせるんだから当たり前かあ」と、一瞬思いはしたのですが。

なんと、キャットフードの中には“健康被害を及ぼす危険性のある原材料”を使った製品も流通しています。

原材料欄に、副産物やミールといった聞き慣れない食材があったら要注意。
副産物は、人用に加工された肉の残り……つまり、臓器や骨などの部位になります。

ミールは、細かく加工された肉なんですが、ただし書きが付きます。それは、本来食べてはいけない水準の肉が使われていること。

たとえば病気をしている家畜の肉が、ミールとなって愛猫の口に入ってしまうこともあるのです。

そんなことは、絶対に避けたい!

それでキャットフードの選び方として、原材料欄に注意を払っていたのですが、原料比20%未満のものは表示しなくても良いというルールがありまして。

猫によくない成分を隠されていてもわからない……という現状の中で、モグニャンは“人間も食べられる食材のみ配合”と、きちんとうたってくれているので安心安全です!

しかも、人間は人間でも、赤ちゃんの離乳食に使われるほどの上質品なんだとか。それがバランスよく配合されているというのだから、非常に魅力的な一品です!

★公式サイト⇒ モグニャンキャットフード



他でもなく、猫のために!考え抜かれた安全性


ただし、人間が食べられる=猫にも最適とは限らないのが、ちょっと難しいところです。

たとえば、モグニャンキャットフードには入っていないのですが、穀物と聞くと一見健康に良さそうなイメージがありますよね。
たしかに、人間にとっては良いものでしょう。でも、猫は本来肉食動物であるため、穀物類を完全に消化することはできないのです。


モグニャンは、この穀物類が一切入っていない、グレインフリーフードです。

ではなぜ、お腹に負担がかかるようなものが入っているフードがあるの? 気になって調べてみると、フードの量増しをするために穀物を使うケースがあるそうです。

いくら安価でたくさん買えるフードでも、毎日あげるものですから消化の負担になるものは使ってほしくないですね。
消化不良を引き起こして下痢になったり、消化器をぼろぼろにしてしまったり……。そんなリスクを回避できるのも、モグニャンキャットフードのおすすめポイントです。


良質な炭水化物なら、かわりに配合されたサツマイモが補ってくれます。食物繊維も含まれ、おなかの調子も毎日スッキリが期待できます!


モグニャンは保存料にもこだわりが!


更に、モグニャンキャットフードの保存料には天然のビタミンが採用されています。

と、ここで気になったのが「今まで使っていたフードには、何が保存料として使われていたのか」ということです。

見てみると、酸化防止剤として「BHA、没食子酸プロピル」の文字が。

なんだか化学物質めいた名前だなあと思って調べてみると、その通り。怖いですね……どちらも、一日の摂取許容量が定められている物質のようです。

今まで使っていたフードは、その基準値を下回る量しか含まれていなかったのですが、ゼロではないことに少し驚きました。

動物病院で売っていたというだけで安心し、なにも考えずに与えていたこと自体に反省です……。


やや高価で有名なメーカーのものだったので、疑いもしていなかったのですが、これが一般的なキャットフードということでしょうか。いくら基準値未満といっても、入っていないに越したことはないので、モグニャンキャットフードの配慮は素晴らしいですね。

愛猫の健康を守るのは、飼い主のお仕事です! 隅々までこだわりを持ったフード選びをしましょう!


こだわり開発で、毎日飛び付く美味しいごはん!


自身が愛猫であるスタッフが集まり、開発されたモグニャンキャットフード。

原材料の選定だけでなく、粒の固さの調整まで、あるスペシャリストと打ち合わせを重ね作られています。
そのスペシャリストとは、イギリスにあるフード生産工場の専門家。イギリスといえば、日本の先を行く動物愛護先進国です。

国際規格クラスAの工場で生産され、安全性はもちろんのこと、本物の手作りのように新鮮な素材が厳選されています。

これなら、毎日美味しく食べてくれるかな? 与え始めてから1ヶ月、様子をチェックしてみました。それをダイジェストでお送りします。

《経過日数と猫の様子》

1日目・・・匂いを嗅ぎ付けて、早くも興味津々。とにかく食い付きが早かったです。

3日目・・・袋を見ると、あのごはんだと覚えたのか寄って来ました。心なしか、いつもより期待に満ちた目でこちらを見てきます。

7日目・・・前のフードと、お皿を半分ずつに分けて置いてみました。すると、モグニャンキャットフードの方を先に食べ始めました。お気に入りですね。

14日目・・・フードが完全に切り替わりました。最近、忙しくてあまり遊んであげられず拗ね気味だったのですが、美味しいごはんをあげ始めたからなのかすっかり元通りです。
現金な子……と言いたいところですが、それだけ食事は重要ということですよね!

21日目・・・特に飽きた様子もなく、今日も綺麗に完食です。ジッパー付きのパッケージのおかげで、フードの香りもあまり落ちているようには感じません。

31日目・・・今日でモグニャンキャットフードをあげ始めてから1ヶ月。ごはんを変えても、特に体調を崩したりすることなくスムーズに慣れてくれました。


猫の様子の変化は、以下の通りです。

  • 元々悪い方ではありませんでしたが、毛づやが更に良くなった印象です。
  • 香りの強いフードですが、トイレの臭いに出ることもありません。余計な添加物がなく、きちんと消化できているからでしょうか。

気に入り具合は、もちろん個体差もあると思います。でも、品質と両立できているフードに出会うのは大変そうなので、美味しそうに食べてくれて一安心です。
新しいごはんに、満足してくれたかな?

★公式サイト⇒ モグニャンキャットフード



色んな事情の猫ちゃんに、ごはんで健康アプローチ


ちなみに、今回モグニャンを試してみた猫のプロフィールはこちらです。


  • 猫種:アビシニアン(メス 11歳 避妊済み)
  • 病歴:お家に来る前にかかった風邪(猫ウイルス性鼻気管炎)でヘルペスウイルス持ち/繊細な性格で1泊のペットホテルに耐えられず、ストレスから膀胱炎の経験アリ。

再発を防ぐため、ちょっと健康には気を付けてあげないといけない猫ちゃんです。ですが、フードを変えても免疫力が落ちたり、体に負担がかかっている様子はありません。

なにも起こらないと「フードが合っていたんだね」というだけで終わってしまいそうですが、こんなにもこだわって作られているモグニャンフードです。きっと、なにか良い作用をもたらしてくれているのではないでしょうか。
その辺りを調べてみました。


1.シニア猫にピッタリ!栄養満点で低脂肪


11歳という、もうそろそろシニア猫の仲間入りをするうちの猫ちゃん。運動量が、数年前に比べ減って来たことは確かです。同じごはんを食べ続けていたら、若い頃より太りやすくなるのは当然ですね。

以前、予防接種に行った病院の先生に「ちょっと太ったんじゃない?」と言われてしまったこともありました。

この点、モグニャンキャットフードなら白身魚を使っていますし、たとえばチキン使用のフードより低カロリーになります。

栄養は必要だけれど、カロリーはそんなにいらない! そんなお年頃のうちの子にピッタリでした。


2.避妊・去勢後の体に!クランベリーを配合


子どもを産ませる予定のない猫に、避妊や去勢の手術をしているご家庭も多いと思います。

その性別特有の病気を予防できる一方、術後の体に及ぼす影響がないわけではありません。エネルギー消費量が低下し太りやすくなる他に、尿路の成長が止まり、詰まりやすくなってしまうそうです。


そこで、モグニャンに配合されているクランベリーが、尿石の防止に役立ってくれるわけです。

ちなみに膀胱炎に対しても、利尿作用のあるカリウムを多く含むバナナが働いてくれそうです。


3.免疫力アップに重要な高タンパク質!


お家に子猫がやって来た時には、もう、いわゆる猫風邪を引いていて「一生ウイルスと付き合わないといけませんよ」と病院の先生に言われました。
それでもこのまま飼うと決めた以上、飼い主にできるのは「いかに再発させないか」です!

完全に健康体な子よりも、気をつかってあげないといけないうちの猫ちゃん。一度症状を改善させてから、この歳まで再発はさせていませんが、歳を取ると免疫力は落ちるものです。

そして、免疫力を上げるために重要な栄養素が、タンパク質だと言われています。
ふんだんに使われた白身魚で、高タンパク質になっているモグニャン。

その他にも、免疫力アップに繋がる栄養素として、カロテンやオメガ3などがあげられます。このフードには、カボチャやサーモンオイルという、それらを補う食材も使われているのです。

なんだか良さそうに聞こえる原材料名のラインナップは、きちんと効果を得られるもので選ばれていました!

◇ ◇ ◇

上記のうちの猫のように、皆さまの所にも様々な事情を抱える猫ちゃんが暮らしていることでしょう。

モグニャンキャットフードの素材について思ったことは「その様々な事情を、このフードひとつでたくさんカバーしてくれるのだな」ということでした。

健康を守る方法の1つとして、毎日の食事で良いものを与える。モグニャンは、それを叶えられるキャットフードだと思います。

★公式サイト⇒ モグニャンキャットフード



上手にモグニャンキャットフードを使うために注意してもらいたいこと


いいことだらけのモグニャンキャットフードですが、人工の保存料が入っていない分、その消費期限は比較的短めになるでしょう。

ジッパー付きの袋でなるべく空気に触れないよう配慮されていますが、袋の開け閉めをする時はどうしても空気に触れるもの。小食の猫ちゃんだと、いつまでも使いきれずに期限が迫ってしまうことが予想されます。

そんな時は、あらかじめいくらかを1日分ずつ小分けにしてジップロックなどの別袋に入れておくと、大元の袋を開く回数も減り長持ちします。

また、パッケージにも書いてありますが、他のフードから切り替える際は少しずつ様子を見ながら変えること!

安心安全のフードでも、急に食べているものが変わったらお腹がついていけない猫ちゃんもいます。それで「このごはんは合わないんだ」と勘違いしてしまっては、勿体ないですものね。

体重や月齢に合わせた目安も書いてあるので、参考にしましょう。



購入の際に気をつけて欲しいこと


そして、購入の際に気を付けてほしいのは、なるべく公式のサイトを利用するということです。

他のネット通販サイトにもモグニャンキャットフードの名前はありますが、定期コースの割引がきかなかったりと割高になっています。
しかも、中には期限間近のものを転売している業者もあるようなので、販売者名には要注意です。

モグニャンキャットフードは「株式会社レティシアン」から発売ですよ!

せっかくなら正規の場所から、じゅうぶんな消費期限があるものをお得に購入したいですよね。
定期コースなら、お届け個数と周期も選べる上に、いつでも休止・再開OKです。
重たいフードを買いに行ったり、度々注文をする手間がなくていいですね!


まとめ:個体差をクリアすれば、ずっとあげ続けたい上級フードです!


モグニャンキャットフードが全ての猫に合うというわけではないと思いますが、そもそもそんな都合のよいフードは存在しないと思います。

なので、まずはお試しであげてみて、気に入るようならぜひ習慣化をしてほしいオススメフードでした。

たしかに、スーパーで安売りしているようなものに比べたら、けっして安価とはいえません。ですが、それだけこだわりを持って作られた高品質フードなのです。
それに、たとえばグレインフリーの他フードと比べると、どちらかといえばお得な価格設定のようです。

大切な猫ちゃんにあげるものだから、慎重になりたいのが飼い主ゴコロというもの。

モグニャンキャットフードなら、ペットの健康にまつわる専門知識を持ったスタッフさんが相談に乗ってくださるとのことです。


今までのフードから変えたいな、と思っている方。モグニャンキャットフードって実際どんなものなの? と疑問にお思いの方。少しでも、そんな飼い主さんの参考になればいいなあ、と思います。

皆さんのお家の猫ちゃんの、美味しい健やかライフを願って。

★公式サイト⇒ モグニャンキャットフード






ブログを見る

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

レシピ カテゴリの最新ブログ

レシピのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:10/24~10/31)

プレゼントをもっとみる