お知らせ

857views

猛暑も涼しく快適に!秀逸なひんやりグッズで、全身クールダウン!

猛暑も涼しく快適に!秀逸なひんやりグッズで、全身クールダウン!

みなさま、こんにちは!
Ban担当 K です!

暑さが右肩あがりの日本の夏、
真夏日と言われる最高気温が30℃以上の日が多く、記録的な暑さが続くと、
身体にも堪えますよね。


暑さ対策は常識となった今、簡単な対策方法とひんやりグッズをご紹介します!

その1.「涼しく過ごせるような室内環境」に!


温度と湿度を調整するだけで快適に過ごせます!
ポイントはクールビズでも推奨されている『温度28度・湿度55~65%』。
この28度は、「設定を28度にする」ということではなく、「室温を28度にする」ということで、
窓から入る日差し対策もすれば、うまく調整することができます♪
日差し対策として『遮熱カーテン』や『すだれ』、つる性の植物による『緑のカーテン』などがおススメです。

その2.「衣類選びや着こなし」を工夫して涼感アップ!


夏は「体から効率良く熱を逃がす」ことがポイントになります。
 熱を逃がしやすい部分…手、腕、足
 熱を逃がしにくい部分…胴体
熱を逃がしやすい手足は、ノースリーブやショートパンツなどの服を着て露出させると、
体の熱を効率よく逃がすことができます。
胴体は、手足に比べて熱が逃げにくいので、衣類の中に風を通して空気の流れを作り、熱を逃がす工夫を。
袖口や肩、襟元が開いているデザインの服を着る、襟元を開ける、裾はインしないなどの着こなしがおすすめです。

さらに、「吸水速乾効果のあるインナー」の着用もおススメです。
汗が皮膚上で蒸発する時の「気化熱」で体温を下げてくれるので、
汗が蒸発しやすくなり、体温の上昇がおさえられます。

その3.お家でも外出先でも使えて便利!注目の「ひんやりグッズ」


最後に自宅でもお出かけ先でも活躍する便利な「ひんやりグッズ」をご紹介します。
厳しい暑さに負けないために、上手に賢く使いこなしましょう!

・ボディ用の冷却シート
 特に「脇の下」「足のつけ根」「首筋」の冷却ポイントを冷やすと涼しく感じられます。
・ネッククーラー
 襟に隠れるタイプや、防水素材で衣類が濡れないタイプなどもあります。
 家にいる時はもちろん、通勤時や外出先でも役立ちますよ。
・汗ふきシート
 汗のベタつきやニオイも一気にふき取れて、手軽に涼しくなりますよね♪
 さらさら感が持続するものや、ノンパウダータイプ、クール感の強いタイプも発売されていて、
 お好みに合わせて使い分けできます。

暑い季節、なかでも汗ふきシートのおススメは
『Ban爽感さっぱりシャワーシート』(クールタイプ)♪


ボディ用汗ふきシートが、立派な「ひんやりグッズ」として活躍します!

『Ban爽感さっぱりシャワーシート』(クールタイプ)は、
汗とニオイをふき取って、肌をサラサラにしてくれます。

さらに、こちらのクールタイプはそれだけではなく、
拭いた瞬間から、肌表面をクールダウン!
シャワーを浴びたような、さっぱり感
で、即効性がある暑さ対策グッズなのです。


秀逸な『Ban爽感さっぱりシャワーシート』(クールタイプ)の魅力は3つ。

1.シートにたっぷり含まれた冷却ウォーターで長時間ひんやりクール感が持続!

2.ナノイオン吸着パウダーが汗、ベタツキをふき取って肌がサラサラになります。
   
3.3層構造の「厚手×立体メッシュシート」で、破れにくい、肌にやさしい拭き心地



この夏は、
ぜひ、『Ban爽感さっぱりシャワーシート』(クールタイプ)を活用して、
暑い夏を快適に過ごしてくださいね!


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

ボディケア・オーラルケア カテゴリの最新ブログ

ボディケア・オーラルケアのブログをもっとみる