697views

コットンを使う?使わない?化粧水の使い方

コットンを使う?使わない?化粧水の使い方

皆様いかがお過ごしでしょうか。

突然ですが皆様は、化粧水、どうやって使ってますか?

手に取ってバシャバシャ使う方も、
コットンに取ってペタペタ使う方もいると思いますが、
今日はそれぞれのメリットデメリットや
おすすめを紹介したいと思います。


コットンを使うメリット・デメリット
コットンを使うことで、化粧水を均一に馴染ませることが出来ます。
また、手で馴染ませるよりも衛生的で、
手荒れなどに左右されずスキンケアを行うことが出来ます。
ただ、コットンの繊維の摩擦で肌を痛めることがあります。
また、化粧水をたっぷり含ませてから使わないと肌を痛めるので、
化粧水の消費量がどうしても増えます。

コットンを使わないメリット・デメリット

まず、体温によりコットンを使った時よりも
しっかり浸透しやすいです。
化粧水は少なくて済みます。
また、直接肌に触れることで
肌のコンディションの変化に気が付きやすいのは
大きなメリットと言えます。
ただ、ムラ付きしやすいのが難点な他、
手は身体の中でも特に雑菌の多い部位なので、
しっかり手を洗ってから出ないと不衛生です。

利点も難点も多いそれぞれの方法ですが、
それぞれの中間をとったような方法があります。
ミスト化粧水です。

肌にむらなく吹き付けることができますし、
化粧水の使用量もコットンの時に比べて
随分少ないです。
(私の体感、手に出して使う化粧水よりも
ミスト化粧水の方が消費量が少ない気もします。)


REISEの『ブースターオイルミスト化粧水』
オイル入りで導入の役割を果たし、
お肌をひたひたにうるおしてくれます。
使い心地はオイル入りなのにさっぱりで、
配合された卵殻膜の効果で肌がモチモチになります。

ブースターオイルミスト化粧水を
チェック購入

コットンにお悩みの方は、ミスト化粧水も視野に入れてみてくださいね。

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

化粧水 カテゴリの最新ブログ

化粧水のブログをもっとみる