お知らせ

156views

「くすみを目立たせないメイクの方法」

「くすみを目立たせないメイクの方法」

こんにちはRyuhoです。

今回は「くすみを目立たせないメイクの方法」についてお伝えします。


こんな方におすすめです。

・くすみをメイクでカバーしたい
・くすみをカバーするメイク方法が知りたい
・簡単なメイク直しの方法が知りたい

こんな方の疑問を解決致します。


「記事の内容」

①くすみの種類は3つ
②どんなくすみでも共通するメイクポイント
③くすみのタイプ別お手入れ方法
④夕方のメイク直しの裏技

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

くすみを元から改善していくことはもちろん大事です。

とはいえ、できたらメイクでカバーしたいですよね。(笑)

そんな時「どうすればいいかわからない」など、なかなか難しいと思います。

今回はそんな疑問にお答えします。

ぜひ参考にしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「くすみの種類は3つ」



くすみを目立たせないようにするには、くすみの種類を理解することが大事です。


くすみの種類は3つあります。

・角質肥厚のくすみ
・血行不良のくすみ
・乾燥のくすみ


この3つです。


【くすみの種類について、詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください】

「くすみの原因 | 種類と対策」


まずは、どんなくすみでも対応できる3つのポイントをお伝えします。

・お肌に合う色のファンデーションを使う
・ハイライトを使う
・こまめにメイク直しをする


この3つです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「どんなくすみでも共通するメイクポイント」



お肌に合う色のファンデーションを使う

くすみを目立たせないようにするには、必ずお肌に合う色のファンデーションを使いましょう。

くすみが気になるのでお肌の色よりも明るめの色を選びがちですが、そうすると首との違いが出すぎてしまって顔だけ浮いてしまいます

そうなると、すごく若づくりしている印象になります。

これは避けたいですよね(笑)

なので、ファンデーションはあくまでも自分のお肌の色に合うものを使うことが大切です。



ハイライトを使う

お肌を明るく見せるためには、ハイライトなどを使うことがポイントです。

ハイライトは光を反射してくれます。

ハイライトを入れる時のポイントは、Tゾーン目の下を中心にのせましょう。


さらに、チークで血色をよく見せることができれば、くすみは隠れやすいです。

チークのおすすめはオレンジ系です。

ポイントは無理に明るくするということよりも、健康的に見せることが大事です。



こまめにメイク直しをする

こまめなメイク直しが有効です。

朝にメイクをした時はキレイだと思います。

上記のようにすれば、くすみも隠せている場合が多いかもしれません。

とはいえ、時間がたって皮脂が出てくるとメイクは崩れますよね。


実は、メイクが崩れる理由は出てきた皮脂で膜がヨレて、影ができることです。

たとえば、白シーツがピンとなっていれば白く見えますが、くしゃっとなると真っ白には見えないですよね。

あれは、シーツのシワによって影ができるからです。

朝のメイクをしたてのお肌は、膜がキレイに均一についてますよね。

なので、こまめなメイク直しが必要です。


やり方は、あぶらとり紙などで余分な皮脂を取って、フェイスパウダーをはたきましょう。

また、膜がピンと貼るようなイメージです。


【おすすめのフェイスパウダーはこちらの記事を参考にしてみてください】

【2020年】おすすめの「フェイスパウダー」7選

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「くすみのタイプ別お手入れ方法」




では、くすみのタイプ別メイクのお手入れ方法をお伝えします。


角質肥厚のくすみ

角質肥厚のくすみは、朝のメイク前にピーリングをすることが有効です。


【ピーリングについてはこちらの記事を参考にしてみてください】

「 お肌が若返るピーリングの正しいやり方 | 4つの方法」


古い角質を取り除くと、透明感のある明るい肌色になります。



血行不良のくすみ

血行不良のくすみは、メイク前に保湿美容液をつけながら軽くマッサージをしましょう。

くすみ自体の改善にも効果があります。



乾燥のくすみ

朝のメイクで、「水分多め油分少なめ」の感覚でメイクをしてみましょう。

水分を多めにするには、保湿美容液です。

特にセラミドヒアルロン酸が配合されているものをたっぷり使いましょう。


【セラミドについてはこちらの記事を参考にしてみてください】

保湿の救世主「セラミド」について


油分を少なめにするには、下地クリーム塗りすぎないことがポイントです。

自分の皮脂が出てくると、油分は勝手にプラスされます。

それでちょうど良くなるような感覚をつかみましょう。


ポイントは、朝は少しベタつくぐらいの美容液をつけることです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「夕方のメイク直しの裏技」



夕方のメイク直しで裏技があります。

それは、ごく少量の美容液を手に伸ばして、お顔の上から軽く押さえつけることです。

ただし、本当に1~2滴です。

つけすぎるとアウトなので、ごく少量を手のひらにしっかり伸ばしてください。


ファンデーションの油分が、美容液と混ざって柔らかくなります。

これだけでベースメイクを直すことができます。

これはくすみなどは関係なく、どんなメイク直しでも使えます

ぜひチャレンジしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「今回のまとめ」


まずはどんなくすみでも対応できる3つのメイクポイントをお伝えします。


・お肌に合う色のファンデーションを使う
・ハイライトを使う
・こまめにメイク直しをする

この3つです。


くすみは3つの種類に分かれます。

・角質肥厚のくすみ
・血行不良のくすみ
・乾燥のくすみ


この3つです。


くすみの種類別に対応をしていきましょう。


角質肥厚のくすみはメイク前のピーリングがポイントです。

血行不良のくすみはメイク前に保湿美容液をつけてマッサージがポイントです。

乾燥のくすみは、セラミドヒアルロン酸配合の保湿美容液を使って、油分は少なめにしましょう。


さらに、メイク直しの裏技として美容液を使ってみてください。


ぜひ参考にしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の記事がためになったというかたはぜひLike!をよろしくお願いいたします!

フォローも大歓迎です!

ぼくの明日への活力になります(笑)



【今回の記事が動画で動画でご覧になりたい方はこちらからどうぞ】





ではまた!

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

ベースメイク カテゴリの最新ブログ

ベースメイクのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:8/9~8/16)

プレゼントをもっとみる