お知らせ

295views

実は乾燥しやすい? 夏は「隠れ乾燥肌」に注意!

実は乾燥しやすい? 夏は「隠れ乾燥肌」に注意!

皆さまこんにちは。MTメタトロン@cosme担当です。

夏の肌は乾燥とは無縁!とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方は注意が必要です。

汗や皮脂、湿度の高さから肌が潤っていると錯覚しがちな夏ですが、実は紫外線やエアコンの空気により肌内部は乾燥している可能性があります。

隠れ乾燥肌を進めないためにスキンケアで対策していきましょう。
おすすめのセラミド補給美容液もご紹介させていただきます。


夏の隠れ乾燥肌とは


こんなお肌の悩みはございませんか。
・顔がテカるのにつっぱり感もある
・化粧水や乳液のなじみが悪い
・肌のキメがあらく、化粧ノリが悪い
・肌の表面が硬いと感じる

こちらに当てはまった方は隠れ乾燥肌の可能性があります。

隠れ乾燥肌はインナードライとも呼ばれ、その名の通り肌の内部が乾燥している状態のこと。

冬であれば空気が乾燥していて、肌の表面も乾燥しやすく、乾燥肌に気付く方も多いです。
一方で、夏は紫外線やエアコンなどが原因で乾燥をしやすい季節であるにも関わらず、汗や皮脂で肌表面がべたつきやすく、乾燥していることに気付きづらいため、肌の隠れ乾燥が進みやすいのです。

さらに、乾燥している肌は肌表面を保護しようとさらに皮脂分泌が活発になり、より隠れ乾燥に気付きにくくなります。


隠れ乾燥肌対策① 紫外線対策で乾燥を防ぐ


肌には本来、水分が失われるのを防ぐ構造も備わっています。
中でもNMF(天然保湿因子)は水分を保持する役割をしているのですが、ターンオーバーによってつくられるため、ターンオーバーが乱れることで不足してしまいます。

紫外線を浴びた肌はダメージを修復しようとターンオーバーが乱れ、結果として水分を保持する力やバリア機能が低下し、乾燥を引き起こしやすいです。

そのため、原因となる紫外線を防ぐことが重要になります。
日焼け止めだけでなく、時には帽子や日傘なども活用して紫外線対策をしましょう。
日焼け止めもSPFやPA値が高いものを一度塗って終わりにするのではなく、こまめに塗り直すことが大切です。


隠れ乾燥肌対策② 保湿力を高める


肌が潤っていると感じがちな夏のスキンケアは化粧水だけで済ませている、という方いらっしゃいませんか。

先に記載したように、乾燥している肌はさらに皮脂分泌が活発になることがあります。
そのため、水分だけでなく油分もきちんと与えて、バランスを保つことが大切です。

化粧水で水分を与えるだけでなく、乳液やクリームでフタをしてあげましょう。
夏はクリームが重いと感じる方は、乳液を使用することをおすすめします。


美容液でうるおい成分を補給して


いつものスキンケアで物足りないと感じる方は、美容液でも保湿を意識してみてはいかがでしょうか。
NMF(天然保湿因子)と同様に肌の水分が失われるのを防いでくれている細胞間脂質
MT コントアセラムはその主成分であるセラミド

を配合しています。

保湿成分のパンテノールも配合しており、みずみずしくなめらかな肌へと導きます。
夏こそ丁寧な保湿ケアで、気分も肌も満ちた自分へ。

MT コントアセラムを詳しく見る>>


<関連記事>
乳液とクリームの違いとは?

バリア機能に着目したMTメタトロン製品をチェック!


※エモリエント成分(セラミドNP・セラミドAP、セレブシド)



このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

スキンケア カテゴリの最新ブログ

スキンケアのブログをもっとみる

MTメタトロン のブログ

MTメタトロン のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ