778views

気になる【角質】はパーツ別にアイテムを使い分け。その理由は…?

気になる【角質】はパーツ別にアイテムを使い分け。その理由は…?

こんにちは、ライフスタイラーの木川誠子です。
前回のブログでリップスクラブを紹介したので、今回はその他の角質ケアについて書きたいと思います。
>>>前回のブログはこちらから

皮膚科の先生曰く、「角質は削るものではなく、ふやかしてケアするもの」。
とはいえ、ザラザラしているのは気になるので、基本はふやかし系ケアをしつつも、よほど気になった時は【スクラブアイテム】に頼っています。

ちなみに、ふやかし系ケアとはひたすら保湿して乾燥させないことです。


かかとの角質は絹の小石でオフ


コクーンモイスチュア シルクストーン/コモエース


硬質ポリウレタンに、繭から生まれた天然保湿成分のピュアセリシン(TM)が練り込まれている、軽石ならぬ小石です。

この小石にボディソープをつけて、かかとを優しくこするだけ。
軽石を使ったことがある人の中には、削りすぎて肌を傷つけてしまった経験があると思うんです。この小石だと保湿をしながらオフできるので、その心配が限りなく低いかなと。

そして、固くなった角質をきちんとオフできます。

私としては、この小石を使わないでいいように、ふやかし系ケアでしのぎたいところですが、いざという時に頼りになるアイテムです。



ボディはスクラブ入りフェイスマスクでケア


(左から)ヒマラヤン ピュリファインググロウマスク、チャイニーズ クラリファイングポリッシングマスク、メディテレーニアン インスタントコンフォーティングマスク/すべてザ・ボディショップ


3つとも洗い流すタイプのフェイスマスクなのですが、顔よりもボディに使っています。

今までの経験上、スクラブ入りのアイテムを顔に使うとヒリヒリする確率が高く、肌の調子がいい時にしか使えないという…。
がしかし!
スクラブアイテムを取り入れるのは肌の調子が悪い時だから、顔には使えなくてボディ用として使っているという感じです。

ボディの中でも角質が気になるのは、デコルテ(特に胸の間!)。もはやデコルテは顔という認識なので、顔用のアイテムを使うようにしている…というのもあります。

このボディショップのフェイスマスクシリーズは、すべてに何かしらのスーパーフードが配合されているのが特徴で、私が持っている3点だと、ヒマラヤンは炭、チャイニーズは高麗人参、メディテレーニアンはアーモンドミルクです。

スクラブの粒の大きさは、ヒマラヤ>チャイニーズ>メディテレーニアンの順。

身体を洗った後、水分を軽く拭き取ってからこのマスクを塗って、しばらく放置。くるくるとマッサージしながら洗い流すと、気になるザラつきが解消されます。

洗い流した後、しっとりするところも気に入っています♪



顔は毎日使えるピーリングでケア

ハーブクリアジェル Vプラス/セフィーヌ



古い角質と新しい角質の間に潤いベールを作って、古い角質だけを取り除くという、独自の【角質センサー処方】を取り入れたジュエルタイプのピーリングです。

ハーブなどの植物成分でできているため肌負担が少ないうえ、ビタミンA、B5、E、Cが2種類の5種のビタミンをチャージできます。さらに、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分もばっちり入っているので、使用後はしっとり仕上がります。

なのに、こんなにポロポロと角質はオフできるという…素晴らしい!笑

朝は洗顔しない派なので、くすみやザラつきが気になった時はこのピーリングを取り入れています。朝に取り入れると、パッと顔色が明るくなる気がして、ウキウキ気分で出かけられるのでおすすめです。




角質は化粧水の浸透率に関わってくるので、【定期的にきちんとケアすること】が大切だと思うんです。

私がパーツによってアイテムを使い分けているのは、肌負担が比較的少なく、確実にオフできる方法でケアしたい…というのもありますが、【楽しみながら角質ケアができる】から。何事も楽しめないと続けられませんよね。


楽しみながらケアできる方法を見つけて、不要な角質とはおさらばしましょうね♪






ライフスタイラー・ライター
木川誠子
Instagram @seiko.kigawa
http://kiracloset.jp/blog_seiko/






このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

スペシャルケア カテゴリの最新ブログ

スペシャルケアのブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:9/17~9/23)

プレゼントをもっとみる