98views

【 時短ダイエットテクニック 】まずはなぜ太るのか?その原因と体の中のしくみを知りましょう★

【 時短ダイエットテクニック 】まずはなぜ太るのか?その原因と体の中のしくみを知りましょう★

こんにちは♪
愛知県豊田市の「たくろう鍼灸院」です。

コロナの影響で自宅での生活時間が増え、外出時間が減った方も多いと思いますが、
家にいるとダラダラとなんだかんだで間食が増えてしまったり、食事のバランスも悪くなりがちですよね。


皆様、カロリーコントロールや脂質や糖質の量は意識されてますか?

ヘルシー食にしようと思っても、ストレスで食べてしまったり、
運動しなきゃと思っても、なかなか行動に移せなかったりしますよね…


そもそも「太る」とは、消費カロリー<摂取カロリーになった時に、
消費出来なかったカロリーが体内に貯蓄される事で起こります。


自宅での生活が多くなり、消費カロリーが少なくなりがちの今、
いつも以上のカロリーを摂取すれば太るのも無理がないんです。

ただ、人間には「基礎代謝」というものがありますので、
一日中家にいて寝たきりだったとしても、心臓を動かしたり体温を維持したりするのにエネルギーを使っています。


実はこの基礎代謝が1日の消費カロリーの大部分を占めていて、1 時間や 2 時間運動したとしても
200~300kcal 程(運動内容や体重、年齢による)しか消費できません。

つまり、この「基礎代謝」を上げる事で、時短の楽痩せに繋がるんです!!


ではこの基礎代謝を上げるにはどうしたらいいでしょうか。
・筋肉量をあげる方法→筋肉が 1kg 増えると、1日の基礎代謝は約 300kcal 増える
・体温を上げる方法→体温が 1℃上がると、1日の基礎代謝は約 12%増える

※筋肉は 1kg あたりに対して代謝するカロリー数が決まっているが、
体温についてはその人の基礎代謝量をベースに消費できるカロリー数が変わる
基礎代謝量を増やす為には、大きく分けるとこの 2 つが基本になります。


ですが、もっと簡単に代謝を上げる方法が知りたいですよね?


そこでおすすめしたいのが「褐色脂肪細胞を刺激する方法」

こちらは諸説ありますが、ダイエットに効果的と言われている褐色脂肪細胞を刺激することにより、
消費エネルギーを増やすという方法なんです!


そもそも褐色脂肪細胞とは何か、説明していきますね!
主に脂肪細胞は「白色脂肪細胞」「褐色脂肪細胞」の 2 つに大きく分けられます。

甘いものや油っぽいもの、高カロリーはものを食べた時、
消費できなかったカロリーは体内に貯蓄されますよね?


その貯蓄される場所というのが白色脂肪細胞になります。
それに対して褐色脂肪細胞は白色脂肪細胞に貯蓄されている脂肪を燃焼する事で熱を作り出し、
体温の上昇や維持をしてくれる細胞です。


つまり、白色脂肪細胞は脂肪の貯蔵、褐色脂肪細胞は脂肪の燃焼の役割を担っています。

なら褐色脂肪細胞を増やせばいいんだ!と思いがちですが、
この褐色脂肪細胞は赤ちゃんの時をピークとし、その後年齢と共に減少してしまうんです。


また、白色脂肪細胞はお腹や腕、太ももなど全身に存在しておりますが、
褐色脂肪細胞は大人になると腎臓周辺、肩甲骨、首や鎖骨にしか存在しなくなります。


今の研究段階ではこの褐色脂肪細胞を増やす方法は見つかっていないようです。
じゃあせっかくの褐色脂肪細胞も、そのまま減少していくのをただひたすら待つしかないのでしょうか。


実は活性化させる方法、研究され始めてるんです!
次回はこちらについてご紹介していきます!



ご予約はこちら▼
かんざし美髪の予約



たくろう院長が、

YouTuberになりましたΣ(・□・;)



美容鍼灸師 たくろうチャンネルはこちら▼


ただいま、

マスクで美容鍼

も実施中♪



▼たくろう鍼灸院の過去の人気記事はこちら▼
「今すぐできる!誰もが羨むぱっちり目の作り方」
「今話題!すぐできる”うるツヤメイク”の方法とは?」

電気を流す美容鍼 たくろう鍼灸院

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

デトックス カテゴリの最新ブログ

デトックスのブログをもっとみる

矢頭 拓郎さんの働いているサロン

愛知・豊田市|抜群の持続力とシワ・たるみ・くすみケアに電気を流す美容鍼が大人気◎

ご予約TEL

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ