885views

<夏の思い出を“香り”で彩る方法教えます>旅先にあうフレグランスや長距離移動の香りエチケットをWAKAが解説!

<夏の思い出を“香り”で彩る方法教えます>旅先にあうフレグランスや長距離移動の香りエチケットをWAKAが解説!


こんにちは!ロジェ・ガレのコミュニケーション担当です。

8月に入り、夏のトラベルシーズン。今年は思うように自由に旅をするという事は難しいけれど、今後また素敵な旅の思い出が作れるように、今から準備するのもいいかもしれません。
今回は、ロジェ・ガレのナショナル フレグランス メートル WAKA監修のもと、『旅にまつわる香りの話』をお届け。旅先のイメージからフレグランスを選ぶ方法、移動時のエチケットやまとい方のTIPS、そしておすすめの香りまで、盛りだくさんでお届けします!

ロジェ・ガレ ナショナル フレグランス メートル
WAKA

2018年よりロジェ・ガレのナショナル フレグランス メートルとして活動を開始。香りへの深い専門性に加え、繊細で類まれな表現力と、ライフスタイルに寄り添った香りの提案が人気。全国のフレグランスエキスパートの育成だけでなく、今なおカウンターで香りのコンサルテーションも行い、幅広く活躍。

サマーホリデーに香りを添える



海や山など自然の中で過ごすなど、普段の生活とは違う雰囲気で時間を過ごすときは、日常使っている香りではなく“トラベルフレグランス”をご提案しております。
そのフレグランスを香る事によって、楽しい旅の思い出を振り返ることが出来るからです。


旅行先からイメージする、ロジェ・ガレのフレグランスは?

のバカンスにはー



例えば海なら「ジンジャー ルージュ」「エクストレド コロン ネロリ ファセシ」などの香りです。どちらも調香師が海辺をイメージし創作した香りなので、砂浜や波音との相性はピッタリだと思います。陽に暖められたサニーな香りの「ネロリ ファセシ」もおすすめですが、今季は先日発売となった限定品「ジンジャー ルージュパフューム ウォーター リミテッド」が、太陽の陽射しをイメージしたゴールドパール(*)入りで特におすすめなアイテムです。香りだけではなくゴールドパールで華やかに彩ってみてください。

* 合成フルオロフロゴパイト、酸化チタン、酸化鉄

ザンジバル島でのロマンスを描いた情熱的でスリリングな香りがキラめく限定ver.に
ジンジャー ルージュパフューム ウォーター リミテッド
100mL 6,200円+税


地中海の潮風に揺れるビターオレンジの白い花を彷彿とさせる、ソルティーなフレグランス
エクストレド コロン ネロリ ファセシ
30mL 4,200円+税/100mL 8,200円+税


のバカンスにはー



山でしたら「エクストレド コロン ヴァーベナ ユートピア」「オレンジ」の香りです。「ヴァーベナ ユートピア」は爽やかな風が抜けるグリーンな高原を思わせる香りで、自然の中でもナチュラルに香ってくれます。

もぎたてのヴァーベナが放つ、爽快で官能的なフレグランス
エクストレド コロン ヴァーベナ ユートピア
30mL 4,200円+税/100mL 8,200円+税

「オレンジ」はフランス語で『ボワ・デュ・オランジュ(オレンジの木)』と言う名前がついており、柑橘のオレンジだけでなく、木々にゆったりと包み込まれるような香り。森林浴や河辺などでのリラックスムードをより高めてくれるので、おすすめです。

スペイン・アルハンブラ宮殿のオレンジが実る庭にインスパイアされたシトラス・ウッディ
オレンジパフューム ウォーター
30mL 3,500円+税/100mL 6,200円+税


<気をつけたい3つのTIPS>
【TIPS 1】長時間の移動に気をつけたいフレグランスのエチケットは?



香りはどうしても移動により拡散してしまうものです。周りの人への配慮を忘れずに。では、まずご自身が使っている香りの種類を確認しましょう。

ポイントは賦香率



賦香率(ふこうりつ)の低い“オーデコロン”や“オーデトワレ”は注意が必要です。実は、賦香率が高い“パルファン”“オーデパルファン”には香料が多い分、アルコール量が抑えられています。つまりそれは“自分では香りを感じやすいが、拡散性は低い”という事になります。(もちろんつける量を間違えるとかなり強く拡散します!)

“オーデコロン”“オーデトワレ”は配合されている香料が少ないので、香りを自分では薄く感じやすいですが拡散性は高い、つまり“第三者に広がりやすい”という事です。

しかし、その特性を理解し、つける量やつけ方の工夫をすれば問題ありません。液が垂れるほど近づけてつけてはダメですし、よく動く手首、足首は避けましょう。(よく動くという事は香りが拡散します)

【TIPS 2】まとい方



おすすめは、お洋服を着る前の胸元やウエストラインです。お洋服の中につけているので、拡散性をある程度抑えて優しく香らせることが出来ます。また、ハンカチなどにつけておいて、フレグランスを香りたい時にそっと口元にあててください。香りを楽しみながらエレガントな所作で、素敵な女性と思われますよ。

【TIPS 3】持ち運び方



フレグランスの持ち運びは非常に悩みますよね。ガラス製の香水瓶を持ち歩くなんて…。比較的小さい30mLボトルを持ち歩くことにしても意外とかさばりますし、アトマイザーに移し替えると言うのが一般的ですが、意外と手間がかかりますよね(笑)

ヒントはミニボトル



近年はボトルのシンプル化、ミニサイズボトルの展開が各ブランド増えてきているので、さほど問題にはならないかと思います。

おすすめは7~10mLボトル。サイズ感としてはポーチに入るサイズで持ち運びがしやすいです。容量も一週間ほどの旅であれば問題ないと思います。また、しっかりと蓋がされていてこぼれたりする心配もありません。
もちろんロジェ・ガレにも10mLボトルが、期間限定やコフレなどで販売されていますので、ぜひお試しくださいね。

@cosme SHOPPING限定>ロジェ・ガレのミニボトルになったフレグランス



清らかに咲くマグノリアのように、フェミニンなフローラル感じる香り


【数量限定】エクストレド コロン マグノリア フォリ
10mL 2,000円+税/30mL 4,200円+税/100mL 8,200円+税


花びらや棘までも感じられる、美しくも儚い一輪のバラの香り
【数量限定】エクストレド コロン ローズ ミニョヌリ
10mL 2,000円+税/30mL 4,200円+税/100mL 8,200円+税


旅行先に合わせて香りを選んで思い出を彩る、あらたな旅の楽しみ方を♪
Bon voyage!



このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

フレグランス カテゴリの最新ブログ

フレグランスのブログをもっとみる

ロジェ・ガレ のブログ

ロジェ・ガレ のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ