259views

【ロダン&フィールズ使用レポ】全成分表示から読み解く「美容液」

【ロダン&フィールズ使用レポ】全成分表示から読み解く「美容液」

みなさん、こんにちは&こんばんは。
フェイシャル専門エステティシャン、日本化粧品検定協会コスメコンシェルジュのタケウチです。

今回も2020年6月に日本上陸を果たした「ロダン+フィールズ」のアイテム紹介です。
しっかり2ヶ月使い切った美容液について、全成分表示の観点も交えてご紹介していきます。


ディファイン インテンシブ スムージングセラム

15,000円 | 13,500円 (R+Fクラブ会員価格)




製品特徴:
よりなめらかで、健康的な肌へ導く夜用濃縮美容液。ペプチド※1と独自の次世代テクノロジー「レチナールMDテクノロジー」※2が肌のトーン※3やキメを整え、よりなめらかな印象の肌へ導きます。

(以上公式サイトより画像と説明文を転載)


まずは使用感などから。

この美容液、画像でもお分かりいただけるかと思いますが、粒状カプセルの「1回1個」タイプです。
夜専用・60個入なのでちょうど2か月分ですね。

カプセルといってもゼラチンからできている粒なので、先端を手でプチっとちぎって使います。

なんか昔こんなアイスクリームありませんでしたっけ。水風船みたいな。



柔らかい材質なので中身が残っている感覚もありませんし、普通に燃やせるゴミとして捨てられるのはいいですね。

指先で顔~首全体へ伸ばしますが

すんごいサラサラ



になります。

メイク下地のプライマーのようなテクスチャなので、毛穴もシワも「ふんわり」とぼかされる仕上がり。
いわゆる「ソフトフォーカス効果」に優れています。

(これでシワが薄くなった!とか言って騒いでしまうのは素人丸出しなので控えましょう)



「しっとり&さらさら」のベルベットのような触感は夜用のスキンケア製品としては珍しいと思いますが、使用直後から「肌が綺麗にみえる」という効果が付加されているのは、「あらキレイ!テンションあがるわ~」的なメンタル面で、相応の良い効果を生むと思います。

プラセボというかなんというか、スキンケアって「満足感」が結構重要になってくるので、こういった「仕掛け」がある製品には好感がもてます( ´∀`)

(ただし美肌を育てるための本来の美容効果とは全くの別物なので、ごちゃ混ぜにされませんようご注意を。)



メイン成分として挙げられている「レチナール」等の働きのおかげか、翌朝の洗顔時の「すべすべ感」はなかなかのもの。

前回・前前回にご紹介した洗顔料と化粧水との相乗効果もあると思いますが、「ふわツル」の感触に大きな満足感を得る方も多いのでは…?


はい、では次に全成分表示を見ていきましょう。

成分:
シクロペンタシロキサン、ジメチコン、ポリシリコーン-11、ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル、安息香酸アルキル(C12-15)、レチナール、パルミトイルヘキサペプチド-14、パルミチン酸レチノール、ヒドロキシアパタイト、マロン酸ビスエチルヘキシルヒドロキシジメトキシベンジル、トコフェロール、エトキシジグリコール

(以上公式サイトより転載)


成分をみると「ほぼ」ポリマー関連の成分、溶剤などですね。
上述の特徴的なテクスチャは、これらによって成立しているわけです。

美容効果を期待できる成分としては、「レチナール」、そしてそのあとの「パルチミン酸レチノール」くらいでしょうか。

少なくない?って思う方もいらっしゃるでしょうが、そもそもの全成分数が10個ちょいなので。
無理にいろいろ有効成分っぽいものを入れてしまうよりは安心できるかもと、私は思います。

そして「え、レチ『ノ』ールじゃなくて?」と思われた方、私も最初は誤植かと思いましたが(笑)、「レチ『ナ』-ル」です。

あまり耳にしない成分ですが、「レチナール」も「レチノール」も「パルチミン酸レチノール」も、すべて「ビタミンA」の美容効果を目的とした成分です。
皮膚刺激や浸透性、安定性などに差異はありますが、ビタミンAだと思えばOKです

(←少々乱暴な説明ですがw)



肌におけるビタミンAの働きとしては、

・ターンオーバーの促進
・弾力繊維の生成サポート
・皮脂分泌の調整
・DNA損傷の修復


などがあることから、

・シミ、くすみの改善
・しわ、たるみ、毛穴開きの改善
・ニキビ、ニキビ跡の改善
・紫外線などに対するエイジング(光老化)ケア


といった美容効果が期待できる製品だということになります。

肌のトーンやキメを整える、という製品特徴にきちんと通じてますね。



ビタミンAといえば、ビタミン美容のなかでも「刺激が強い」で有名な成分でもありますが、こちらのセラムは「レチノール」より刺激性が低いとされている2つを併用。
効果を狙いつつ、肌への負担を抑えた設計といったところでしょうか。

2か月間、毎晩使用してみましたが、推奨されている「その後クリームで保護」のステップを省いているにも関わらず、一度も赤みやかゆみが出ることはありませんでした

とはいえ、乾燥を招きやすくなることが予想されるので、皆さんは必ず保護クリームや乳液を使ってくださいね(笑)


というわけで、美容液の成分考察をお届けしました。

結果的に、久しぶりにきっちり2か月間、使用し続けた美容液になったわけですが、肌のなめらかさアップ、ニキビのできにくさ、色ムラのなさ、そしてシワの深さ改善に効果アリだったと感じています。

以前にもビタミンA美容は試したことがありましたが、わりと刺激ばかりが気になった記憶しかなく…

なにかと悪い方向にも反応してしまう私の肌にとって、フツーに気持ちよく使い続けられたのはよかったな~と。

あと、しつこく言いますけど、塗った直後に肌が綺麗にみえるのはホントにオススメ!

スキンケア直後って、どうしても化粧品の油分が肌のアラを目立たせてしまうところがありますよね?
あの悪目立ちをぼかしてくれるテクスチャが、予想以上に「いい気持ち」です( ´∀`)

ロダン+フィールズの中でも高価な部類のアイテムなので、年に数回集中的に使ってみるのもアリですし、夜の素肌を綺麗にみせたいときの「勝負セラム」として常にキープしておくのもアリだと思いますよ(笑)



さて、そろそろ「グリセリンフリー」についても書かないといけません(;´∀`)

私がロダン+フィールズを使ってみたきっかけも、もとはといえば「グリセリンが入ってないのが結構ある」ってところでしたしね…



次の投稿までしばらく時間が空いてしまうかもしれませんが、次回もぜひ読んでいただけたら幸いです!


ロダン&フィールズを「もっと知りたい」「使ってみたい」という方はこちらのウェブサイトからどうぞ( ´∀`)
↓↓↓
【ロダン+フィールズWEBサイト】

(「製品を取り扱いたい」「販売したい」という個人・法人の方向けの情報もご覧いただけます)




-----------------------------------------------------------------------------------

竹内 康祐(タケウチ コウスケ)


2016年パリで開催された第1回 SOTHYS INTERNATIONAL ESTHETIC AWARDにて
グランプリを受賞。2017年第2回大会以降は毎年特別審査員として参加。
最新トリートメントのエステティックデモンストレーションや製品紹介、
技術指導や新人エステティシャンのサロンワーク等に関する講演も。

・SOTHYS JAPAN 選任デモンストレーター&プレゼンター
・well-being salon GENESIS エステティシャン
・日本化粧品検定協会 コスメコンシェルジュ

1977年生まれ / 山羊座 / O型
上智大学 経済学部 経営学科 卒業

実家のエステティックサロンでヨーロッパの老舗ブランドに触れながら育ち、
気づいたら周りの誰よりも化粧品に詳しくなっていたコスメ好き。
肌が弱いため化粧品選びは慎重で、イメージよりも成分や理論を最優先。
お客様には「理にかなった製品を自身の肌で確かめてから」がモットー。

【Facebook】https://www.facebook.com/kosuke.takeuchi.1
【Instagram】#koh8068
【ブログ】@cosme ビューティスペシャリストブログ
【サロンHP】well-being salon GENESIS

-----------------------------------------------------------------------------------


このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

コメント(0件)

毛穴 カテゴリの最新ブログ

毛穴のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ

ブランドファンクラブ限定プレゼント

【毎月 1・9・17・24日 開催!】

(応募受付:12/1~12/8)

プレゼントをもっとみる