630views

 最新!知っておきたい日焼け止めのミニ知識

最新!知っておきたい日焼け止めのミニ知識

こんにちは、リソウコーポレーションです。

紫外線が気になる季節になってきましたね。

外出するときはUVクリームを使ってからメイクしたり、
紫外線カット効果の高いファンデーションに切り替えたり、
皆さん紫外線対策に力を入れ始めているかと思います。

では、自宅で過ごしているときはいかがですか?

ほとんど対策をしないという方もいらっしゃるかもしれません。
今日はこうしたケアのお話です。


●紫外線A波の影響って?
ご存じの方も多いかもしれませんが、紫外線にはA波、B波があって、
A波の方は肌の真皮まで届きます。

その結果、コラーゲンなどを支える部分に影響が出て、シミ、乾燥の原因になります。
ちなみに、B波は表皮に影響があって、シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を活性化させます。

この紫外線、特にA波は窓や薄いカーテンでも通り抜けてしっかり室内に入ってくるほど強力です。

なので、紫外線が強くなってくるこの季節は、
自宅で過ごす時間が長いからと油断せず、常に日焼け止めを使っていたいのです。


●肌に影響のある光は紫外線以外にもあるの?
太陽から地上に届く光は紫外線だけではありません。
ブルーライト近赤外線もあります。

これらは紫外線A波よりも強力で、肌の真皮にまで届き、
肌への影響があることが分かっています。

ブルーライトといえば、パソコンやスマホから多く照射されているものとしても知られていますよね。


●近赤外線の影響とは?
近赤外線は紫外線A波やブルーライトよりも、さらに肌内部に届くタイプの光です。
室内にいて、毎日少しずつでもこれらの光に当たっていれば、徐々に肌に悪影響を及ぼします。

これまで、日焼けや肌に悪影響の光といえば紫外線ばかり取り上げられてきましたが、
ブルーライトや近赤外線の影響も無視するわけにはいきません。



●紫外線カットだけじゃないケアの方法とは
紫外線ケアといえば、SPF(紫外線B波を防ぐ値)やPA(紫外線A波を防ぐ値)といった基準で選ぶことがほとんどでした。
でもこれからは、しっかりとブルーライトや近赤外線から肌を守れるものを選んでいきたいですよね。
室内にいるときだけでなく、屋外にいるときも同様です。

リソウの「リペアUVクリーム」は紫外線はもちろん、近赤外線とブルーライトのカットにも成功!
もちろん、紫外線吸収剤も不使用で100%天然由来の成分を使用し、肌へのやさしさも配慮しています。

UV”クリーム”といっても、テクスチャーはさらっとしていて、伸びのよいタイプです。
白浮きもせず、ムラなく塗ることができます。
メイクの下地としてもお使いいただけますよ♪

そして、落とすときにクレンジングは不要。
洗顔料で落とせるので、自宅でノーメイクで過ごすときにも使いやすいし、
お子さんと一緒にお使いいただけます◎

これからは「リペアUVクリーム」でしっかりケアして、
シミや乾燥の原因を少しでもなくしたいですね!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@cosmeのブランドページを「お気に入りブランド」として登録すると、
キャンペーンや新商品情報のほか、
不定期ですがメルマガ限定のプレゼント企画といったお得な情報もお知らせします。

ぜひ、この機会にご登録ください♪

▼ お気に入りブランドの登録方法 ▼
①リソウコーポレーションのブランドトップページにアクセス
 https://www.cosme.net/brand/brand_id/7534/top
②画面右上の[+フォロー]ボタンをクリックで完了!

最後までお読みいただきありがとうございました。

このブログに関連付けられたワード

このブログを通報する

乾燥 カテゴリの最新ブログ

乾燥のブログをもっとみる

リソウコーポレーション のブログ

リソウコーポレーション のブログをもっとみる

投稿ブログランキング

投稿ブログランキングをみる

編集部イチオシ!

HOTタグ